【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

アイナメの特徴と生息域を解説|殿様も好んで食べたアイナメを釣ろう!

更新日:

江戸時代から「美味しい」と親しまれてきた魚。白身の高級魚のひとつ。淡泊な味わいから、病人食やお食い初めなどにも使われていた。近年ではスーパーではあまり見かける機会がなく、料理店で利用されることがほとんどである。

名前の由来

「鮎魚女」、「鮎並」「愛魚女」、「相嘗」といった当て字で表記。「鮎のように縄張りを持つ・鮎に似て滑らかである・形が似ている…」といった鮎との共通点から「鮎」という漢字が当てられる。

「鮎魚女」という表記の仕方は、「愛な魚」のこと。愛な魚というのは、「賞味すべき美味な魚」という意味。

アイナメの地方名

アイナメは、東京での呼び名です。北海道では「アブラコ」、「アブラッコ」。西日本では「アブラメ」。どちらも油を塗ったように見えることから、「油っ魚」と漢字で表記する。新潟、秋田などでは「シンジョ」、「シジュウ」、「シジョウ」と呼ばれ、東北では「ネウ」、「ウエウオ」とも呼ばれる。

広島県では「籾種失(モミダネウシナイ)」と呼ばれ、これは「あまりに美味しく、来年の籾種にする米まで食べてしまうこと」に由来する。

アイナメの生息域

アイナメは海水魚のため、日本では太平洋沿岸、一部の地域を除く各地の浅い岩礁域で確認することができます。

岩礁域の中でも底付近を好み、岩やテトラポッドなどの隙間に身を潜めている。堤防や護岸の基礎部についていることも多い。

アイナメの特徴

全長30~40センチ前後。まれに60センチを超える個体もある。釣り人の間では、35~40cmクラスを「ビール瓶」、50cm越えの大きなサイズを「一升瓶」と呼ぶ。関西では「一升瓶」ではなく「ボン級」と呼ぶことも。

カサゴ目に分類されるが、「ひれのトゲが発達しない」「背びれが1つに繋がっている」「体高が高い」「鱗が細かい」といった特徴がある。

体色は周囲の環境によってかなり異なり、赤褐色・紫褐色、黒に近い褐色など様々。産卵の時期にはオスの体表には婚姻色と呼ばれる金色に近い黄色が現れる。

産卵

産卵期は地域によって差があるが、関東以南の温かい地域では晩秋~冬。北海道・東北などの寒い地域では9月~11月とされている。

また、オスは岩の間のくぼみに縄張りを持ち、メスに求愛行動をして産卵。オスは卵を守る習性があるため、産卵後は卵の保護に徹する。アイナメのオスを「魚界の育メン」と呼ぶ声も。

堤防から行う場合は、アオイソメが一般的である。イワイソメでも良い。

アイナメの漁獲法

延縄、底引き網、刺し網、籠漁など。なかでも、刺し網での漁獲が一般的である。山口県では、卵塊を守っているオスをモリでつく漁法もある。近年では漁獲高が激減。

釣りでは、特殊な動きをしながら落下する錘を使用する「ブラクリ釣り」が人気。近年ではルアーで狙う人も増えてきている。他に、投げ釣りやブッコミ釣りなど。

釣り時期

アイナメは年間を通して水揚げがある。

食材情報

高たんぱく・低脂肪・低カロリー。カルシウムとその吸収を高めるビタミンDが豊富。

ビタミンB1・ビタミンB2も豊富であるが、水に溶けやすいため加熱する場合は「煮汁ごと食べる料理」に調理するのがオススメ。お吸い物は加熱時間が短く、汁も美味しく飲めるため「アイナメにぴったりの料理法」である。

アイナメの旬

時期によって味が大きく変わることはないといわれているが、夏から冬にかけてが「身が充実して最も美味しくなる」という声も。関東では、秋から冬が旬。昔から高めの値段がつけられることの多い魚で、近年でもなかなか手の届きにくい値段なことが多い。関東の陸っぱりでは10月~1月が主なシーズンで、最盛期は11月~12月。

レシピ

・刺身
・木の芽焼き
・煮つけ
・椀物
がオススメ

美味しい食べ方

皮目に味がある。新鮮なアイナメが手に入ったら、是非、皮だけ焼いた「焼き霜造り」で食べたいところ。

身は白身。脂肪分が多いため、薄造りが非常に美味しい。淡泊な味なため、他にも様々な料理に対応する優秀な魚である。

-アイナメ
-

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.