【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

【アカハタ】鮮やかな体色と不思議な雌性先熟が特徴的な魚

更新日:

ハタ科の魚は高級魚として扱われることが多く、アカハタも例外ではありません。他のハタ科と比べると値段はやや落ち着いていますが、それでも一般家庭よりは料亭などで食べられることの方が多いようです。

アカハタは個体差があるのはもちろん、地域によって体表や濃淡が異なるのでアカハタと判別するのが難しい魚でもあります。

アカハタの分類

スズキ目ハタ科マハタ属

アカハタの学名

Epinephelus fasciatus

アカハタの名前の由来

ハタとはヒレのことで、しっかりとしたヒレを持っていることからこのように呼ばれています。また、他の説ではまだら模様のことをはだらと呼び、いつしか「ら」が抜けてハタと呼ばれるようになったとも考えられています。

本種のアカハタは、そんなハタ科の中で色鮮やかな赤い体色を持っていることからアカハタと名付けられました。英名は「Blacktip grouper」で、背ビレの縁が黒いことからこう呼ばれているそうですよ。

アカハタの生息域

インド洋や太平洋の温かい地域に広く分布しており、日本では関東以南でよく水揚げされています。富山湾や小笠原諸島、五島列島などが釣り場所として有名なようです。

浅場から水深150メートルほどまでの岩礁域やサンゴ礁域に生息しています。

アカハタの特徴

アカハタは海水魚で、個体にもよりますが非常に美しい華やかな赤色をしています。全長は30センチメートルほどで、ハタ科の中では小さい部類に入ります。丸みを帯びた楕円形の体型をしており、小さいながらもどっしりとした印象を受けます。

大きい頭と口を持ち、下顎が上顎よりも前に出ているのが特徴的です。赤い体色の体には、赤褐色の横帯が5~6本入っており、白色の斑点模様が不規則に散らばっています。背ビレの縁の部分が黒くなっており、赤い体にアクセントとしてよく映えています。

アカハタは雌性先熟?!

アカハタは生まれた時はメスで、成長するにつれてメスからオスに性転換するという習性を持っており、大きな個体はほとんどオスとなっています。

アカハタの漁獲法

アカハタは岩礁帯やサンゴ礁帯に生息しているので、防波堤や磯からでも充分に狙うことが出来ます。深場にもいる魚なので、大きいサイズを狙う場合は船を出しての沖釣りも人気なようです。

方法はシンプルな投げ釣りがメジャーで、他のハタよりも軽めの装備が使えます。リールは中型のスピニングリールで、竿は5メートルぐらいのものが取り回しがしやすくなるのでおすすめです。仕掛けには捨て糸があるものを選ぶと、根掛かり対策になりますよ。

アカハタの釣り時期

水温が上がってくる初夏から秋にかけてがアカハタの活動が活発になるので釣りのシーズンと言われています。

アカハタの餌

肉食性の魚で、小魚や甲殻類、小さめのイカなどの頭足類を捕食しています。釣り餌ではイカの短冊などが主に使用されているようですよ。

アカハタを釣った後に気を付けたい事

アカハタは背ビレに棘を持っているので、うっかり触って怪我をしないように気を付けてください。また、美味しい魚なので釣り上げたら食べたいところですが寄生虫がいる可能性があります。

アカハタはアニサキスがいることが多く、知らずに食べてしまうと激しい腹痛や嘔吐に見舞われます。調理の際はしっかりと目視をして確認し、不安であれば火を加えたり、冷凍処理をして予防してくださいね。

アカハタの食べ方

高級魚に恥じない美味しさで、どんな料理でも美味しくいただけます。透明感のある淡白な白身は上品な甘みがあるので、新鮮なものは刺身にして食べてみてください。アカハタは下ろしてから1日ほど寝かせるとより美味しくなると言われています。

なので持って帰ったアカハタをすぐに食べたいところですが、グッと堪えて少し待つとより美味しくいただけますよ。熱を通すとしまって旨味がより強くなるので、鍋料理などにもおすすめです。骨からは良いダシが出るので、身と一緒に鍋に入れましょう。

アカハタのおいしい旬

アカハタは産卵期を控えた初夏が美味しいとされていますが、1年を通して味にバラつきがなく、いつでも美味しく食べられます。

-魚・食材図鑑
-, ,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.