【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

アカメバル|煮魚の王道!立ち泳ぎする魚を釣る前に特徴を知ろう

更新日:

アカメバル

アカメバルの分類

カサゴ目フサカサゴ科メバル属

アカメバルの学名

Sebastes inermis

アカメバルの名前の由来

アカメバルは漢字で「赤目張」と書きます。 体色が赤く、目が張っているように大きいことが名前の由来です。 かつてはクロメバル、シロメバル、アカメバルの3種は同種として扱われ、総称してメバルと呼ばれていました。 しかし、2008年に見直しが行われアカメバルと命名。そのため未だに地方によっては単にメバルと呼ばれることもあります。

アカメバルの英語名

英語名はRockfishです。岩礁域によく生息することが英語名の由来です。

アカメバルの生息域

アカメバルは岩礁域や沿岸に生息します。 日本では北海道〜長崎県の日本海側、岩手県、相模湾〜紀伊水道の太平洋側、瀬戸内海、宮崎県にて生息が確認されています。そのほか朝鮮半島南部にも生息。

アカメバルの特徴

アカメバルの体の特徴

アカメバルは体高が高く、側扁しています。 全長は20cm〜30cmほどです。 体色は赤色のものが多いですが中には金色っぽい色をした個体もいます。 体に対して口と眼が大きいことが特徴です。 体側には不明瞭な横帯が数本見られることも特徴の一つです。

背ビレには鋭い棘があり、尾ビレは扇型をしています。 また胸ビレは短く黄色味がかっています。 胸ビレ軟条数は14~16本、尻ビレ軟条数は7~8本、側線孔鱗数は36~44枚です。

アカメバルの習性

海藻が多い岩礁域に群れをなして生息し、垂直に切り立った岩場に沿って立ち泳ぎをするホバーリングをすることで知られています。 肉食性であり、主に貝類、多毛類、小型の甲殻類を捕食します。

卵胎生で、冬に交尾をしたメスは体内で卵を受精させ、交尾の約1ヶ月後に数千匹の稚魚を産卵。 稚魚は孵化したのち、成長するまでに海藻の間などに大群を作って生活をします。 動くものに襲いかかる習性を持つため、釣りの際には生きた餌が好まれます。

アカメバルの産卵期と旬

カレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
産卵期 - - - - - - - - -
- - - - - - - -

シロメバルのおすすめレシピ

アカメバルは身や骨が柔らかく食べやすい魚です。対して皮はしっかりとしており食感の違いを楽しむことができます。

身は透明感のある白身で、熱を通しても固くなりません。関東では煮付けの魚として重宝されており、身離れがよくクセの無い味わいを堪能できます。そのほかには味噌汁や塩焼きとしても大変美味です。

生食としては刺身よりも焼霜造りとして皮を活かした調理法の方が好まれます。

-メバル
-

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.