【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

【アカザ】きれいな川に住む日本固有種はナマズの仲間!

更新日:

かつてはちょっと危ない魚ぐらいの認識で、子どもたちの川での遊び相手としてよく捕まえられていたようですが、現在は環境破壊が進んだことでその姿を見る機会もかなり減ってしまいました。

絶滅危惧種にも指定されており、今後も数が減っていってしまうのではないかと心配されています。

アカザの分類

ナマズ目アカザ科アカザ属

アカザの学名

Liobagrus reini Hilgendorf

アカザの名前の由来

アカザの名前の由来は諸説あり、ただ単に赤いのでアカザと呼ぶようになった説や、刺された箇所が毒で赤くなることをアカザスといい、それがアカザとなったとも言われています。

地方によって多種多様な呼び方がありますが、アカギギやアカメロ、アカネコと言ったアカと付く名前が多いようです。

アカザの生息域

山間部の川に住む日本固有の淡水魚で、本州と四国、九州地方にも分布しています。どこの川にもいるという訳ではなく、水のきれいな澄んだ清流にしか生息していません。

水温の低い上流から中流におり、高温に弱いので水温が25度を超えてしまうと死亡する個体が出てきてしまいます。川底に石が敷き詰められたような環境を好んで、日中は岩のすき間に隠れて過ごし、夜になると餌を探して泳ぎ回ります。

アカザの特徴

ナマズ目アカザ科のアカザは、ナマズの仲間にしてはとても小さく、顔つきも似ていることからドジョウのような印象。全長は大きいものでも15センチメートルほどと小型の魚となっています。

ドジョウに似た円筒形の細長い体型で、背ビレや尾ヒレは丸みを帯びた形をしています。体色は背中側が赤みがかった茶褐色で、お腹側は白っぽくなっています。体色の地域差が大きいようで、黒っぽい個体も存在するんだそうですよ。口にはヒゲが生えており、上下合わせて8本生えています。

産卵期になると石の下などにゼリー状の卵を産みつけて、その卵をオスが守るという習性を持っています。

アカザのヒレに毒?!

また、背ビレと胸ビレにそれぞれ毒腺を含んだ棘を持っています。この毒は特別強力と言ったものではなく、刺された直後は痛みが襲いますが、1時間も経てば収まるぐらいと言われています。患部を洗って消毒をすれば問題ないようですが、痛みが激しい場合は病院で診てもらってくださいね。

アカザの漁獲法

アカザは小さい魚で普段は岩陰に隠れているということもあり、あまり釣りには向いていません。釣りで狙う場合は仕掛けにワームなどが用いられます。あまりアカザを刺激しないようにして釣りましょう。

小さい魚なので大袈裟な装備も必要ありません。むしろ川に入っていき、網の方に追い立てるようにアカザのいそうなポイントを漁る、いわゆるガサガサが単純に捕まえられます。アカザはあまり活動的ではないので、それこそ素手でも容易に捕まえられるそうですよ。ただし、毒針には充分注意してくださいね。

他には筌と呼ばれる筒状の罠を使った伝統的な漁法でも捕まえられることが出来ます。

アカザの釣り時期

旬が春と言われており、その時期を狙って漁獲されることが多いようです。

アカザの餌

イトミミズなどの水生昆虫や小魚などを捕食します。

アカザを釣った後に気を付けたい事

アカザは弱いとはいえ毒をもっているので、充分に注意して取り扱いましょう。刺された場合は良く洗って消毒しておけば大丈夫ですが、痛みが続く場合は病院に行ってください。

刺されても命に関わることはありませんが、もしもの時の為の応急手当が出来る用品を持っておくと安心です。

アカザの食べ方

アカザは日本各地で煮つけなどにして食べられてきており、淡白な身に味が染み込んでとても美味しいようです。棘のある背びれと胸ビレ、硬い頭と内臓を取り除いて調味料を入れた鍋に入れるだけの簡単な調理法ですが、とても美味しくいただけますよ。

アカザのおいしい旬

アカザの旬は産卵を控えて春頃と言われており、脂の乗った身を楽しむことが出来ますよ。

-魚・食材図鑑
-, ,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.