【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

【アコウダイ】深海釣りの代表魚!特徴と生息域を知って釣りに出かけよう

更新日:

アコウダイは日本の固有種です。近年では漁獲量の減少から高級魚として価格が高騰していますが、かつては一般家庭の食卓に並ぶほど身近な存在だったようです。

また、アコウダイは古くから日本人に親しまれていたようで、江戸時代前からその存在は知られていました。「大和本草」や「本朝食鑑」などの古い書物にもアコウダイの記述があるようですよ。

アコウダイの名前の由来

アコウダイは漢字で書くと赤魚鯛で、名前の由来は鮮やかな赤い体色と鯛(タイ)に似た体つきをしていることからアコウダイと呼ばれています。

急激な水圧の変化で目が飛び出すことからメヌケとも呼ばれることもあります。しかし、これはアコウダイのみを指す言葉ではなく、バラメヌケやオオサガなどの同属の中で赤くて大型になるものを総称してメヌケと呼んでいるようです。

アコウダイの生息域

関東から中国、四国地方までに生息しており、特に駿河湾や相模湾に多く生息していると言われています。水深200メートルから1000メートルの深海の岩礁域に群れを作って暮らしています。

アコウダイの特徴

アコウダイは海水魚で、深海釣りでは代表的なターゲットとして深海釣りを愛好する釣り人達から親しまれています。飛び出た目は水圧の変化によるものです。必ずしも飛び出るわけではないので、そのほかの特徴も押さえておきましょう。

全長は50センチメートルほどですが、大きいものは80センチメートル近くにもなります。体色は鮮やかな赤色をしており、左右に側偏した体を持ちます。体に対して頭と目が大きく、背ビレには発達した棘(13本)を持っています。

同属のバラメヌケやホウズキとよく似ており、しばしば混同されることもありますが、本種は眼窩下に小さな棘があるので判断することが容易となっています。

アコウダイの漁獲法

深海釣りとして有名なアコウダイは根強い人気を持っており、各地で盛んに行われています。胴付き仕掛けの深海釣りが定番で、釣り場によってオモリや竿が変わってきますので事前に確認しておきましょう。

オモリは300号から500号ほど、竿は2メートルほどの深海釣り用のオモリ負荷が150号から200号ぐらいのものが一般的です。リールは大型の電動リールを用意しましょう。

枝バリにアコウダイがずらりと並んで浮上してくる様は圧巻で、「アコウの提灯行列」や「アコウの華」と呼ばれます。また、伊豆の方では「海に椿が咲く」という、なんとも風流な表現をするそうですよ。

アコウダイの釣り時期

12月から4月が繁殖期で、メスが自分の体内で卵を孵化させる卵胎生です。メスは水深200メートルほどの場所まで浮上し、孵化した仔魚を産みます。

年間を通して釣ることの出来る魚ですが、浅場まで上がってくる繁殖期から、繁殖期で減った体力を戻す為に食欲が旺盛になる4月から6月頃にかけてが釣りやすいと言われています。

アコウダイの餌

小魚やイカなどの頭足類、エビなどの甲殻類を捕食する肉食性です。釣り餌にはイカの短冊などが使われています。

アコウダイを釣った後に気を付けたい事

アコウダイには毒はありませんが、背ビレには発達した棘を持っているので、誤って触れて怪我をしないように注意が必要です。

また、魚には寄生虫の危険が付きまといますので、しっかりと確認して捌くか、加熱調理をして食べるようにしましょう。

アコウダイの食べ方

アコウダイは古くから煮つけとして親しまれてきており、その美味しさは格別です。近年では鍋や汁物、刺身などでも食べられるようになってきました。

刺身は釣りたてのものよりも、おろしてから2~3日程冷蔵庫で置いておくと味わいがより一層増します。身も美味しいのですが、皮にこそ旨味が詰まっているので、皮霜造りがおすすめです。

アコウダイのおいしい旬

脂が乗る冬が一般的に旬と言われています。身が締まってより一層美味しいアコウダイを楽しめますよ。

-アコウダイ
-, , , ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.