【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

【アオブダイ】青色が幻想的な魚は半端じゃない殺傷力の持ち主!?

更新日:

発色の良い青色を持ち合わせるアオブダイは水族館でも人気者。興味深い習性もあるので、観察するにはもってこいの魚です。特徴から習性に詳しくなってからアオブダイを見るといつもと違った発見があるかもしれません。

アオブダイの分類

スズキ目ベラ亜目ブダイ科

アオブダイの学名

Scarus Ovifrons

アオブダイの名前の由来

アオブダイの名前の由来はブダイ科の魚の中でも青いものだからというシンプルなものだと考えられています。

その他の呼び方では、ただ単にアオとだけ呼ばれることもあるようです。英名では「knobsnout parrotfish」と呼ばれています。

アオブダイの生息域

西太平洋に分布しており、中国やフィリピン、もちろん日本にも生息しています。温帯から熱帯を好み、日本では東京湾から沖縄の浅い海域の岩礁やサンゴ礁に生息しています。

アオブダイの特徴

アオブダイは鮮やかな青い体色を持ち、鳥のクチバシのような歯を持っています。特徴的な姿から非常に知名度が高く、テレビや水族館で一度はその姿を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

体長は大きいもので90センチメートルにもなり、成魚になると頬の部分に白い斑点が現れて、前頭部がこぶのように突き出ます。顎はとても強力で、人間の指ぐらいなら噛み砕いてしまいます。

アオブダイの習性

このアオブダイはとても面白い習性を持っており、眠るときに口から粘膜を出して自らの体を包んで眠ります。この粘膜は薄く透明で、海中ではほとんど見えることが出来ませんが、砂などが付着することによりその全貌を確認することが出来ます。外敵や寄生してくる虫から身を守るために寝袋をつくると考えられています。

アオブダイに毒?!

また、アオブダイはその独特な姿にばかり注目されがちですが、パリトキシンという名のとても強力な毒を持つことでも有名なんです。元々アオブダイは毒を持っていませんが、エサであるスナギンチャクを食べることで体内に毒性を蓄えていきます。

また、フグ毒であるテトロドトキシンが内臓から検出されたという事例もあります。パリトキシンの毒性はテトロドトキシンよりもはるかに強力であると言われており、2000年代に入ってからもアオブダイを食べて起きた食中毒で2人の方が亡くなられているほどです。

▼テトロドトキシンについての関連記事はこちら▼

アオブダイの釣り時期

アオブダイは年中釣ることが出来るそうですが、温かい水温を好むため、夏の時期によく遭遇できると言われています。

アオブダイの食性

アオブダイは雑食性で、甲殻類や貝類から藻類などを食べています。その強靭な顎と歯でサンゴをガリガリと齧りますが、どうやらこれはサンゴそのものを食べているのではなく、サンゴについた藻類を食べているのではないかと言われています。

釣りで狙う場合は、夏場はカニなどの甲殻類を、冬場は海藻が用いられることが多いようです。

アオブダイの漁獲法

アオブダイを狙って釣るようなことは滅多にありません。メジナなどの外道として釣り上げられることの方が多いです。釣り対象として人気の魚ではない為アオブダイ専用の装備などはありません。

磯やテトラ帯などから狙えるため、磯釣りの標準的な釣具で狙うことができるようです。アオブダイを狙う際は必ずお昼に狙いましょう。夜になると岩礁の下に潜って寝袋で寝てしまう為、釣れる確率がぐんと下がってしまいます。

アオブダイを釣った後に気を付けたい事

アオブダイは強靭な歯を持つので、ふざけて指などを口に入れないようにしましょう。怪我では済まされない事態になってしまいます。そして最悪の場合は死に至る恐ろしい毒の存在も忘れてはいけません。

パリトキシンは加熱や冷凍でもその毒性は失われないので、火を通したから大丈夫という訳にもいきません。個体差によって無毒だったりもしますが、何よりも一番の対策は食べないことだということを覚えておいてください。

アオブダイの食べ方

アオブダイは毒がある為、基本的には食べないようにすることが一番です。

アオブダイのおいしい旬

食用として獲れらることがない為、旬は不明とされています。

-魚・食材図鑑
-, ,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.