【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

余すとこなく食べれる高級魚!「アオハタ」に迫る!

更新日:

アオハタはものによってはマハタに匹敵するほど美味。体側の模様もどこかマハタを彷彿とさせます。釣り上げたらぜひ、お刺身でいただきましょう。鍋など火を通す料理でも美味しくいただくことができます。

アオハタの分類

スズキ目ハタ科マハタ属

アオハタの学名

Epinephelus awoara

名前の由来

実は、「アオハタ」の名前の由来は諸説あります。青っぽい見た目から名付けられたという説もありますが、見ての通り体の色は青くありません。漢字でも「青羽太」と書くのに、名前と体の色は関係ないとのこと。

その他の説には、キジハタを「アコウ」と呼ぶため、対照的に「アオ」と呼ぶようになったなどの説もありますが、正確な由来は不明です。

地方名

アオハタが多く獲れる日本海側では地方によって呼び方が異なり、福岡県では「アオナ」、島根県では「アオガナ」「アオバ」「キカナ」などと呼ばれることもあります。

アオハタの生息域

アオハタは海水魚で、岸の近くで水深3~50メートル程度と浅い岩礁の付近や、底が砂地になっている場所に生息しています。主な漁獲ポイントは日本海に面している長崎県・大分・山陰・若狭・北陸など。

アオハタの特徴

アオハタの体はずんぐりして少し膨らんだ形で、あまり平べったくはありません。また、5本の茶色くて太い横縞とヒレの先端が明るく黄色を帯びているのが特徴。ところが、死んでしまうと、ヒレの鮮やかな色はぼやけてしまいます。

ハタの中では小さい方で、体長は35センチメートル程度になります。

アオハタの漁獲法

漁師にも人気の魚で、主に釣り、定置網、底曳き網で漁獲され、日本の漁業や食文化にとっても重要なのです。アオハタはハタの仲間と比べると小さいのですが、釣りでの引きはとても強く、アオハタ釣りでは魚のパワーを楽しむことができます。

主に日本海で多く水揚げされる魚ですが、最近は漁獲量が増えているのか、関東の市場でもよく見かけるようになってきました。

水揚げされることが多いアオハタですが、釣ることも可能です。深いところに生息しているアオハタを釣る場合、水面の近くでは水圧が弱くなり、内臓が膨らんでしまうため、水面近くでの引きは弱くなってしまいます。そのため、魚のパワーを感じたい人はあまり深くない浅瀬で、ソフトルアー釣りをするのが良いでしょう。

アオハタの餌となるのは主に小魚や甲殻類ですが、ワームを使った釣りをしているときに、時々アオハタが釣れることもあるそうですよ。

また、クエなどよりは安いものの、アオハタはスーパーには並ばない高級魚ですので、ルアーフィッシングでも釣ることができる魚として人気を博しています。

釣った後に気を付けたい事

危険な魚ではなく、特に釣った後に気を付けることはありません。食用にする場合、アオハタは鮮度が落ちるのが早い魚のため、釣ったら新鮮なうちに調理して食べるのがおすすめです。

アオハタのおいしい旬

アオハタの旬は秋から初夏までとなっています。 1年を通してあまり味が変わらない魚のため、旬の時期も幅広くて嬉しいですよね。しかし、産卵を終えた直後は身が細くなっていることが多いため、アオハタの産卵期である夏に召し上がるのはお勧めしません。

食べ方

アオハタはしっかりとした食感の白身魚で、クセが無くて上品な味わいが人気の高級魚です。薄造りやちり鍋にして食べると、アオハタの旨味を堪能することができ、とても美味しいとされています。

どんな料理にも合う白身魚なので、煮つけ、塩焼き、ムニエルなどで食べるのもおすすめ。中華料理では蒸し魚として料理されることが多いようです。また、アオハタのアラからは非常に良い出汁が出るため、余すところなく食べましょう。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.