【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

アオリイカのおすすめ料理5選!ジューシーな身を存分に堪能できるおすすめレシピ

更新日:

アオリイカは、日本でも多くの場所で獲れ、料理屋や居酒屋、一般家庭でも多く使われる食材。刺身や沖漬けなどお酒のお供にもなり、炒めればメインディッシュにもなる万能さが魅力です。

今回は、そんなアオリイカを存分に楽しめるおすすめのレシピを5つご紹介しています。ぜひ最後まで読んでみて、アオリイカを美味しくいただいてみてはいかがでしょうか。

アオリイカの天ぷら|お酒のアテにもぴったり

イカ フライ
アオリイカを下処理してサッと揚げた天ぷらは、軽やかな口当たりと触感がお酒のアテにもピッタリの一品です。お好みで塩やポン酢をつけていただきましょう。調理も簡単で、見た目も上品なおすすめレシピです。

用意する材料

材料 分量(4人前)
アオリイカ 約350g
少々
天ぷら粉 50g
80ml
ポン酢 適量

調理手順

1 下処理したアオリイカに格子状に隠し包丁をいれます。隠し包丁をいれたら、食べやすいサイズに切り分け、塩をふってバットに並べて10分ほど置いておきましょう。
2 アオリイカを置いている間に、天ぷら粉と水をボウルに入れて混ぜておきます。次に、置いておいたアオリイカの水気をキッチンペーパーで取り、てんぷら粉を気持ち多めにまぶしましょう。
3 アオリイカを2に入れ、180℃の油で表30秒、裏15秒ほど揚げます。揚がったらお皿に盛り付け完成です。ポン酢や塩などお好みで召し上がれ!

Point!アオリイカは揚げすぎると身が固くなってしまうので、サッと揚げるのがコツ。少し揚げが足りないなと感じても、余熱で火が通るので、極力短めに揚げるとふんわりサクサクの天ぷらに仕上がります。

アオリイカの塩辛|肉厚で甘い!酒の肴

イカ 沖漬け
続いても酒の肴にぴったりの一品、アオリイカの塩辛です。イカの塩辛には通常スルメイカなどのイカが使用されますが、アオリイカを使うことでより肉厚で甘みのあるジューシーな塩辛が作れます。

用意する材料

材料 分量(4人前)
イカ 1杯
■イカの塩辛液の材料
イカわた 1つ
日本酒 大さじ1
小さじ1/2杯
小さじ1/4杯
七味か一味とうがらし 少々

調理手順

1 ワタをすり鉢やフォークなどで潰し、用意した調味料を入れてよく混ぜます。アニサキス対策で冷凍が必要なため、タッパーに入れておく。
2 アオリイカおろし、表裏の皮をはがします。アオリイカの薄皮は噛み切れないので、しっかりはがしてください。ゲソは軽く塩をふってラップに包んでおきます。
3 1と2を48時間冷凍庫で冷凍保存し、アニサキス対策をします。この際、匂い移りを防ぐために、保存袋でしっかり封をしましょう。
4 48時間後、自然解凍をしたらイカを食べやすいサイズに細く切り、①と混ぜ合わせながら好みの味に調整したら完成です。

Point!お酢のかわりに柚子酢や柚子皮を使ってもOKです。アニサキス対策には冷凍だけでなく、調理前に目視での除去も有効です。

アオリイカの炊き込みご飯|簡単調理でおいしい

イカ 炊き込みご飯
アオリイカ使ったの炊き込みご飯の簡単レシピを紹介します。沖漬けにしたアオリイカの風味が食欲を刺激して、箸が止まらないこと間違いなしの一品です。

用意する材料

材料 分量(2人前)
アオリイカ 適量
しょう油 適量
砂糖(又は、みりん) 適量
料理酒 適量
生姜 適量
適量

調理手順

1 しょう油・砂糖(又は、みりん)・料理酒・生姜で作った沖漬けのタレの中にアオリイカを入れて漬け込みます。二日ほど冷蔵庫内で漬け込みましょう。アニサキスが気になる場合は漬け込んだのち、一度冷凍保存をしましょう。
2 充分に漬かったら、アオリイカを食べやすいサイズに切り分けます。
3 2と米を炊飯器で炊きます。炊く際に、1と同量の漬けダレを炊飯器に入れてください。足りない水分は水で大丈夫です。
4 炊きあがったら完成です。

Point!アオリイカを漬けダレにつける際に生姜を入れることで、イカの臭みを抑えられます。必要に応じて適宜入れてください。

アオリイカの沖漬け|釣ったその場で調理OK!

イカ 沖漬け
漬けダレを用意さえしておけば、釣ったその場で下準備ができて、自宅で簡単作業をすればすぐ完成!アオリイカの沖漬けのつくり方をピックアップ。
簡単調理で鮮度も抜群!料理が苦手でも簡単に作れる、おすすめの一品です。

用意する材料

材料 分量(2人前)
アオリイカ 3匹
濃い目の麺つゆ 1リットル

調理手順

1 アオリイカが入るくらいの大きめのタッパーを用意し、麺つゆを丸々入れておきます。濃すぎる味付けが苦手な方は市販の2倍希釈の麺つゆで作るとよいでしょう。
2 1にアオリイカを入れていきますが、締める必要はありません。釣りをしている場合は、生きたまま帰宅するまで漬け込んでおきましょう。アオリイカに漬けダレがしっかりしみ込んで、美味になります。
3 釣りの場合は帰宅後、自宅の場合は半日ほど漬け込んだら、漬けダレの中で以下のぬめりやよごれを落とします。
4 よごれを落としたアオリイカを新しい漬けダレに漬けて、一晩寝かせば完成です

Point!アオリイカの内臓が苦手な方は、アオリイカの汚れを落とす工程で下処理をしてしまうことをおすすめします。

アオリイカのガーリックバター炒め|ガリバタの香りが食欲をそそる

イカ バター炒め
にんにくとバターの風味がベストマッチな、アオリイカのガーリックバター炒めのレシピを紹介します。夕飯のメインとしても、ワインのお供としても最高のレシピです。

用意する材料

材料 分量(2人前)
アオリイカのゲソ、エンペラ 1杯分
にんにく 1片
バター 10g
少々
にんにく 1片
パセリやエルブドプロバンス 少々
にんにく 1片
パルメザンチーズ 少々
バルサミコ酢 少々

調理手順

1 アオリイカのゲソとエンペラを一口大に切り、フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたにんにくを入れて熱します。
2 フライパンを中火で温め、にんにくの香りがしてきたらバター・塩・イカを入れて全体を絡めます。絡めたら蓋をして2分ほど火にかけましょう。
3 充分にイカに火が通ったら、お皿に移してパルメザンチーズ、バルサミコ酢、パセリなどを振りかけて完成です。

Point!イカは火を通しすぎると身が固くなってしまいます。炒めるというより「蓋をして蒸す」ようなイメージで調理をすると、よりふっくらとした触感を楽しめます。

-アオリイカ
-, ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.