【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

アオリイカ|イカ釣りの定番!日本全国で知られているイカ

更新日:

アオリイカ

強い旨味で刺身や天ぷらなどで愛されるアオリイカは釣りの対象としても人気で、近年はブームが起こるほどの流行も見せており専門に狙う釣り人の数も増えてきています。魚とはまた違った釣りを楽しむことができ、単調にならない奥深い駆け引きが人気の秘訣です。

アオリイカの名前の由来

アオリイカの名前の由来はひれの形状と色が馬の胴体に巻いて泥よけに使用する馬具の障泥(あおり)に似ているからこの名前が付けられました。なので漢字で書く場合は「障泥烏賊(あおりいか)」となるんですよ。

アオリイカの地方名

静岡県ではアオリイカの姿形がバショウの葉っぱに似ているので、「バショウイカ」と呼ぶことがあります。四国などでは産卵の際に藻場に「モイカ」の名前で呼ばれたり、九州の方では透明な色合いから「ミズイカ」と呼ぶこともあるんですよ。

アオリイカの英語名

アオリイカは英語では「Bigfin Reef Squid」と呼ばれています。単語に区切って見てみましょう。Bigfinとは大きなヒレ、Reefは礁の意で海に隠れた岩のこと、Squidはイカのことです。

アオリイカの生息域

アオリイカの生息地は広く、西太平洋からインド洋の熱帯・温帯域に分布しており、日本でも各地の沿岸でその姿を確認できます。水深が50mより浅い場所の岩礁帯や藻場で暮らしており、水温が冷たくなる冬になると深場に移動します。

アオリイカの特徴

アオリイカの胴長は約40cmほどで、大きいものは50cm程まで成長します。姿は一般的なイカといった風貌をしており、筒状の胴体にビラビラとしたエンペラ、ギョロっと大きな眼に10本の足を持っています。

アオリイカは通常は透き通るような透明な色合いをしていますが、死んで時間が経つと徐々に白くなっていきます。オスとメスで違いがあり、オスは背中に白い横線模様が見られますが、メスは不鮮明でこの模様がはっきりとしていません。

アオリイカの釣り方

食べて美味しいアオリイカは釣りのターゲットとしても非常に人気が高いです。疑似餌を使ったエギングがメジャーな釣り方で、岸からも船からも狙うことができますよ。狙い時はマズメ時と呼ばれる日の出と日の入りの前後1時間ほどの間です。

仕掛け

仕掛けは疑似餌のエギがおすすめです。エギが海底に着いたらロッドを跳ねあげて動いているように見せましょう。これを「シャクリ」と言い、こうすることでイカが誘われやすくなります。

釣り時期

アオリイカは1年を通して釣ることができますが、釣りやすいのは産卵前の春の時期と、春に生まれた子イカが成長してきた秋の時期です。大人を狙うなら春、子イカを狙うなら秋と覚えておいてくださいね。

アオリイカのカレンダー

カレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
産卵期 - - - - - -
- - - - - - -

アオリイカのおすすめの食べ方

イカ フライ

アオリイカを美味しく食べるならやっぱり刺身がおすすめです!新鮮なものは甘みがあって非常に美味しいですよ。しかし生で食べるなら気を付けたいのは寄生虫のアニサキス。マイナス20℃以上で24時間冷凍したり、目視でよく確認して細かく切って対策をしてくださいね。

イカと言えばお子さんにも大人気な定番のイカフライもいいですね。少し通な食べ方をしてみたい方にはしゃぶしゃぶを試してみてはいかがでしょうか。鍋にサッとくぐらせればさっぱりとした味わいを楽しめます。

▼イカをさばく際はアニサキスに注意を!

-アオリイカ
-

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.