【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

アジアに多く生息する「アジアコショウダイ」体の斑点が特徴的!

更新日:

アジアコショウダイの特徴

近頃注目を集めているアジアコショウダイという魚をご存知でしょうか。とある番組でとても美味しいと絶賛され、知名度が急上昇しているようです。アジアコショウダイはスズキ目イサキ科に分類される魚で、名前の通りアジア地域に多く生息しているコショウダイの仲間です。

コショウダイは美味しいですが味にややクセがある魚で、人によって好き嫌いが別れることが多いですが、アジアコショウダイはとても美味しいとされ、食用として珍重されています。

味もコショウダイとは全く別物のようです。アジアコショウダイの全長は50センチメートル程度で、大きいものは70センチメートルほどまで成長します。

タイと名のつくとおり、体型はタイに似ており、やや左右に側偏しています。体色は背中が灰色、お腹側が白色で、腹側を除く体中に黒い胡椒の実のような小さな斑点が散りばめられています。

ぷっくりとした分厚い唇が特徴的ですね。アジアコショウダイは市場に出回ることがあまり無いようで、本州ではそもそも生息数が少ないので、狙って釣ることは難しいようです。

その為、例え市場に出回っても相場が安定しておらず、取り扱うお店によって価格はバラバラみたいです。しかし、今後人気になり需要が高まれば、専門に漁が行われるようになるかもしれませんね。

アジアコショウダイの釣り時期・生息ポイント

インド洋や西太平洋などのアジアに広く分布しており、日本では南日本から沖縄、小笠原諸島などに分布しています。本州にもいますが、やはり沖縄、小笠原諸島周辺海域での生息数が多いです。

近年では温暖化の影響により、暖かい海域の魚たちが北上しているので、アジアコショウダイが本州でもよく見られるようにもなるかも知れません。

沿岸の浅い岩礁帯やサンゴ礁帯に生息しており、水深10メートルほどの浅瀬にもやってくるようです。

アジアコショウダイの餌

ゴカイなどの多毛類、甲殻類や小魚などを捕食しており、釣りではイソメやオキアミなどで釣ることが可能なようです。

アジアコショウダイの漁獲法

本州ではあまり見かけることがなく、釣りで狙おうと思っても中々釣れません。沖縄や小笠原諸島ではよく食べられている魚なので、釣ってみたい場合は足を運んでみましょう。

釣り自体は磯や防波堤から狙うことが可能で、ウキ釣りや投げ釣りで釣れるようです。

イシダイ釣りに使用するような、5メートルほどの竿と中型の両軸受けリールを用意すれば、アジアコショウダイも釣ることが出来ますよ。

アジアコショウダイを釣った後に気を付けたい事

魚には寄生虫がいるものとして扱いますが、コショウダイの仲間の魚は寄生虫がいることが非常に多いです。

特にディディモゾイドという寄生虫がいることが多く、この寄生虫は食べても悪影響はありませんが、見た目によろしいものではないので、発見したら取り除いておきましょう。

生きている時は黄色、死ぬと黒色に変色する寄生虫なので、捌くときにも分かりやすいと思います。

▼寄生虫についてはこちら▼

アジアコショウダイのおいしい旬

あまり水揚げされる魚ではない為、詳しい旬はまだ分かっていません。

アジアコショウダイの食べ方

アジアコショウダイはさっぱりとしながら脂が乗っていて、ほんのりとした甘みを味わえるとても美味しい魚だと言われています。身は美しい白身で、赤みがかかっています。刺身で食べると食感はタイに似ているそうですよ。

脂が良く乗っており、身もしっかりとしているので、鍋や焼き魚などの火を通す料理にも向いており、どんな調理方法でも美味しくいただけます。

アジアコショウダイの名前の由来

アジアコショウダイはコショウダイの仲間の中で、アジア地域でよく見られることからこの名前がついたと考えられています。コショウダイは体の模様が胡椒の実のように見えることと、体つきがタイに似ていることからコショウダイと呼ばれています。

コショウダイの名前の由来は他にも、昔の使用人である小姓が着ている服の模様に似ているという説もあります。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.