【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

【鮎(アユ)】日本の代表的な川魚の出身は海?!気になる生態について

更新日:

川魚の代表といえば「鮎(アユ)」。川魚という認識の強いアユですが、実は海で生まれます。海でプランクトンなどを食べ成長したアユは石についた藻類を餌としながら川を遡上します。

暖かい南地方では3月頃から、寒い北地方では5月から7月にかけて川への遡上を始めるようです。

アユの分類

サケ目アユ科アユ属

アユの学名

Plecoglossus altivelis altivelie

アユの名前の由来

アユの名前の由来にはいくつか説があります。ひとつはアユが夏に川を遡上し、秋の産卵のために再び川を下るという生態に基づき「下る」の意味を持つ「あゆる」が語源になったとする説。

もうひとつは、古来からアユは神様に供える魚であったため、「饗(アエ)」を語源とするという説です。

全国的に「鮎(アユ)」で通用しますが、岡山県の一部では「アア」。熊本県では「シロイオ」、その他の地域では「アイ」「アイノヨ」「アヨ」と呼ばれることがあります。

アユの生息域

北海道西部以南の日本各地。成魚はおもに中流域に生息しており、仔魚はふ春まで沿岸部で過ごしています。

例外として、琵琶湖に流入する河川に生息するアユは、海ではなく琵琶湖で冬を越し川を遡上します。近年、このような湖で冬を越すのアユが各地のダム湖などで確認されており、ダムなどの障害のためにアユが遡上できなくなっており、アユの数が徐々に減ってきているようです。

これらの琵琶湖に生息するアユは普通のアユと異なり、海水でなくては生きていけない体質に変化しているようです。

アユの特徴・生活史

体の大きさは約10~30センチメートル程度。外見的特徴としては、背側が黒く、ヒレが黄色です。

アユは秋口に産卵を河口付近で行います。産卵をしてしまったら悲しいことに母体は死んでしまいます。めでたく孵化したアユは海でプランクトン等を捕食し成長と水温の上昇に伴い、川を遡上してゆきます。また秋が訪れると、成長したアユは川を下り産卵を行い、短い一生を終えます。

アユの産卵

アユの産卵は最高水温が20度前後となる頃に産卵が始まり、最高水温が16度以下となる頃に産卵を終了します。
産卵は夜間に行われれ、産卵に適した場所は、水の流れが早い場所が主です。

アユ釣り

アユは全国各地で禁漁期が設定されており、さらに卵を持ったアユは捕獲しないという暗黙のルールもあるのでアユ釣りに出かける際は注意が必要です。

アユ釣りの技法としてはアユが縄張りに侵入してきたよそ者のアユに攻撃をする習性を利用する「友釣り」がメジャーです。おとりのアユを使って寄ってきたアユを釣り上げる技法です。このほか、毛バリを使うドブ釣りやエサ釣り、コロガシ釣りなどがあります。

主な餌は藻や海苔なので、浅瀬に生息していることが多く川遊びの一環としてもアユ釣りは楽しまれています。

アユの食材情報

ビタミンや、鉄分やリン、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルも非常に多く含まれています。特に内臓にはビタミンAが豊富に含まれているようです。

アユの美味しい食べ方

塩焼きが最も一般的なアユの美味しい食べ方。内臓に豊富に栄養が含まれるため塩焼きにして内臓も一緒に食べると良いとされています。鱗が無く、また下ごしらえがいらない魚のため、お手軽に丸ごと食べれます。

アユのレシピ

・塩焼き
・甘露煮
・南蛮漬け
・干物
・内臓の塩辛
にすると美味。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.