【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

アジ(鯵)の船釣り、ワーム釣り、サビキ釣り、ジギング釣りをわかりやすく紹介!

更新日:

アジという魚は日本人にとって非常になじみのある魚です。釣って楽しく、食べてもおいしい文句のつけようのない魚です。

そんなアジですが、釣り方も様々で船や防波堤からのワーム、サビキ、ジグとった狙い方があり、今では釣り人の人気ターゲットの一つになっている楽しい釣りです。そんな、楽しいアジの釣り方を初心者でもわかりやすいようにご紹介していきたいと思います。

アジとは

アジはアジ科アジ亜科の魚で一般的に日本においてアジと呼ばれるものはマアジのことを指します。フィッシングターゲットになるアジの仲間はロウニンアジ、カスミアジ、ギンガメアジやそれらの幼魚であるメッキがあげられます。

そんなアジの仲間達の特色は何といってもシッポから頭のほうに向かって、体の中心にある稜鱗(りょうりん)と呼ばれる突出したものがあります。一般的には「ぜいご」とも呼ばれており、さばいて食べるときには必ずそぎ落としてからさばきます。

アジを狙えるポイント

船釣りは事前の情報収拾が重要!

船から狙う場合は地形が起伏にとんだエリアや潮の流れがぶつかりプランクトンが発生しやすいエリアを見つけることが重要になってきます。

乗合船の場合は船長がしっかりといいポイントに連れて行ってくれるので、安心できますが、その時の潮の流れによって、撒餌さが流れていく方向が決まってしまいます。

潮上の方に位置する釣り座の方が不利になり、潮下の方に位置する釣り座の方が潮上の方の撒餌も流れてくるので絶好の釣り座になります。

私はレンタル船を借りて釣りにでかけることもありますが、その際には、船を借りるお店に事前情報を聞いたり、出向予定の海域の釣果情報をネットで調べたりすることも重要になります。

自分の足でオカッパリ(陸っぱり)を攻略

オカッパリ(陸っぱり)とは足で歩き回りながら釣り歩くことを意味します。ちょっとした移動はもちろん自動車も使用します(;^ω^)オカッパリ(陸っぱり)のポイントは防波堤、テトラポット、漁港、地磯・磯がメインのポイントになります。

防波堤の先端が狙い目?!

防波堤の中でも絶好のポイントになりやすいのが先端のほうです。潮通しがよくエサになるプランクトンも発生しやすいです。

また、くの字に折れ曲がっている箇所がある防波堤はその部分もポイントになります。

夜釣りでは常夜灯に集まるプランクトンなどを捕食していますので常夜灯の下を狙うのもセオリーです。

テトラポットは小魚の隠れ家?隙間を狙おう!

テトラポットの絶好ポイントはテトラとテトラの隙間になります。テトラの隙間はアジのような小型魚にとっては絶好の隠れ家になるからです。

また、防波堤と同じく突端の方も潮通しがいいので押さえておきたいポイントになります。

漁港の角を狙おう!

漁港には必ずと言っていいほど角があり、その角がポイントになります。また、漁港の中心は深く掘られていることも多いのでその深みにつくことも多々あります。

あとはキャスティングに自信がない方にはお勧めできませんが、停泊中の船の陰に隠れている場合もありますので船と船の間を狙うのもおすすめです。

地磯・磯は潮通しの良い場所が狙い目!

地磯は陸続きになっている磯場のことです。磯は沖にある岩場のことで渡船と呼ばれる船で渡してもらいます。潮が当たっている箇所や磯場でも海に向かって出っ張っているような場所が絶好のポイントになります。

磯同士がある程度近場に面しているときには、磯と磯の間がある程度深くなっていれば潮通しの良い絶好のポイントにもなっていることがあります。

餌いらずでお手軽なワーム釣り

まずは、ワームで狙う釣りの紹介です。昨今ではアジをワームなどの疑似餌で狙う釣りのことを「アジング」とも言います。エサなどを使用せずに手軽に釣れるので老若男女問わず人気な釣り方です。それでは、ワーム釣りで用意するものをご紹介させていただきます。

船からのワームアジング

スプリットリグ 仕掛け図

ロッド

船から狙うアジングに必要なのがやはり先端が柔らかく口切れしないようになっているロッドです。しかし、バットと呼ばれる竿の根元部分に関してはしっかりとコシのあるロッドを選ぶのがコツです。

長さは船からキャスティングすることを考えると6ft前後のものを選ぶようにしましょう。

また、潮の流れが速い場所もポイントとしてあるのでそこそこウェイトのある20g~30gくらいのジグヘッドをキャスティングできるようなロッドを選びましょう。硬さはライトからミディアムのものを選ぶとよいでしょう。

リール

リールは2000番~2500番ぐらいまでのものをそろえれば十分です。

口が弱いのでドラグ性能がいいものを選びたいところですが、価格と比例してしまいますので、可能な限り高額なリールを選ぶようにしましょう。

ワーム

船からワームでアジングを行う際は、大きめのアジが釣れることが多いです。したがって、ストレートワームの時はオカッパリ(陸っぱり)よりは少し長めの2.5インチ~3インチのワームを選びましょう。

グラブの時は2インチでも問題なく釣ることができます。

メインライン

リールに巻き付けるメインラインは伸縮率が低く、強度があるPEラインがおすすめです。0.6号~1号のものを選ぶようにしましょう!

リーダーライン

リーダーラインとは、メインラインによく使用されるようになったPEラインが強度はあるのですが根ズレなどに非常に弱いという特徴や水に浮いてしまうという特性があります。

それを補うのがリーダーラインです。主にフロロカーボン素材がよく使用されており、根ズレに強く、ライン自体も比重があるため潮になじみやすいという特徴があります。ワームでの釣りでしたら1号~2号のサイズを準備しておけば問題なしです。

ジグヘッド

ジグヘッドとはおもりと針が融合したものです。アジングでは0.3g~2g程度のものがあれば十分です。

スプリットショットシンカー

スプリットショットリグは、ジグヘッドを結び付けた位置からラインの10㎝~1mぐらいの間におもりを固定することです。

船のワームアジングでは潮の流れの影響を非常に受けやすいので必ず準備しておく方が得策です。1g~10gぐらいまでの範囲で持っていると臨機応変に対応が可能になります。初心者の方はガン玉といわれる安いおもりも販売されていますので、そちらでも十分対応可能です。

ダウンショットリグシンカー

アジ ワーム 仕掛け

ダウンショットリグとはジグヘッドの下におもりを装着する仕掛けのことです。ボートのワームアジングでは魚群探知機を使用して群れを探してその真上からアプローチするバーチカルな釣りも求められることがあります。

その際にはダウンショットリグを使用した方がおもり先行で沈んでいくので、沈下効率が非常によくなります最近ではバーチカルコンタクトの略称で「バチコン」ともいわれる釣法になります。

リグの重さはやはり1g~10g程度のものがあれば十分に対応できます。また、こちらに関しても初心者の方はガン玉というおもりでも対応可能です。

オカッパリ(陸っぱり)からのワームアジング

オカッパリ(陸っぱり)からのワームアジングも基本的には仕掛けは同じですが、沖に出る船釣りと比べるとやや小ぶりになる傾向が強いです。

そこで、船釣りと変わってくるのがワームのサイズです。1インチという小さいサイズから準備しておくことが望ましいです。

ワームのアクション

ただ巻き

基本的には棚を探る釣りになります。ワームが着水後、カウントダウンを行います。そして、着底までに何秒かかるかをまずは確認します。その後、リールをただ巻くだけの釣りをただ巻きといいます。

そして、釣れなければ着底前のカウントの段階でリールを巻き始めて何秒の位置で巻き始めるとアタリがあるかを確認します。ある程度探ってもアタリが無い場合はポイントを移動します。

リフト&フォール

ただ巻き同様、カウントダウンをして着底を確認します。そして、着底後リールを10回転ほど巻き上げてストップさせて、また、底を取り直し、着底後また10回転ほどリールを巻くという作業を繰り返します。

カウントダウンを早めの段階から同じ作業を繰り返しても問題ありません。また、竿を上にあおってワームを持ち上げては竿を下におろしながらリールを巻きワームを少しづつゆっくりと落としていくリフト&フォールの方法もあります。

どちらも効果的ですのでその時の状況をしっかりと見分けて判断するようにしましょう。

トゥイッチ

こちらもまずはカウントダウンで底を取ります。もちろん早めの秒数で巻き始めても構いません。そして、狙った棚で竿先を「チョンチョン」動かしながらリールを巻いていく釣り方です。

ファミリー層にもおすすめ!サビキ釣り

サビキ釣りはカゴに撒餌さを入れて、船釣りだとただ落とすだけ。オカッパリ(陸っぱり)からですと少し沖に投げて、狙いの棚にエサが到達したら竿をシャクって撒餌を散りばめ魚をおびき寄せてオキアミや小魚に似せた針に食いつかせる釣りです。

とても手軽なのでお子様がいるファミリー層にもおすすめですし、これから釣りを始められる初心者の方にもおすすめの釣り方です。それでは、そんなお手軽なサビキ釣りはどのような道具を準備すればよいのかご紹介させていただきます。

船のサビキ釣り仕掛け

アジ 船 サビキ 仕掛け図

ロッド

アジはとても口が柔らかく、強引に釣りあげようとすると口が切れてしまい逃げられるという現象に見舞われてしまいます。そうならないためにも調子は6:4調子や5:5調子の柔らかめのものを選ぶとよいです。

船釣りでは2m前後の船釣り用の竿を選ぶと非常に取り回しがいいです。

リール

初心者の方はトラブルの少ないスピニングリールの3000番~4000番あたりを準備されるといいでしょう。釣り場が深い時にはラインキャパの関係でもっと上の番手を選ぶ場合もあります。

また、ベテランの方は電動リールで手返しを早くして釣果を上げることに専念する方が得策です。

サビキ

サビキとは針にウィリーと呼ばれる薄いナイロンやゴムなどの科学品やハギの皮などの天然のものなどを結び付けて、オキアミや小魚などに似せた疑似餌のことです。

この針を使う釣りを総称してサビキ釣りといいます。針の大きさやハリスの太さも様々なものが用意されています。いかれるポイントによってアジの大きさも違うので購入する際におすすめのサビキを聞くのも重要です。

また、初心者の方は欲張らず、針のついている個数が4本ぐらいのものを選ぶようにしましょう。針が多いと絡まったりしたときに外すのが大変になります。

撒餌かご

名前の通り、撒餌さを入れるかごになります。上は道糸からきているサルカンと結び付け、下はサビキの上のサルカンと結び付けます。

船釣りの時にはある程度、深場まで落とすので蓋つきの撒餌かごを準備しておくと重宝します。

おもり

おもりは上にカンがついており、サビキの下のサルカンがつけられるものを選びます。浅いポイントの時や潮の流れが遅い時には軽めの重りを使い、潮の流れが速かったり、深いポイントの場合は重いものを使用します。

ライン

リールに巻き付けるメインラインは2号前後のPEラインがおすすめです。また、5メートルや10メートルおきに糸の色が変わるものを選ぶと、釣れる棚を探りやすくなるのでおすすめです。

オカッパリ(陸っぱり)からのサビキ仕掛け

アジ 陸っぱり サビキ 仕掛け図

基本的な仕掛けなどは船釣りと同様になります。違ってくるのがロッドになります。3m~5mのものを使用し、おもりも5号~20号ぐらいのものが使えるロッドを選びましょう。

また、本当に初心者で今後アジのサビキ釣りにどっぷりとはまるかわからない方は釣具店などに売っているサビキセットでも十分にアジを釣り上げることができます。その際にはプラスティックのかごとおもりが合体したものがついていることもあります。

そして、ふたもついていませんが、防波堤ぐらいの深さでは全然問題はありませんのでそのままご使用ください。

また、浮きもセットで入ってくる場合があります。初心者のために入っている仕掛けの作っていく順番を説明しておきます。

      1:リールの糸をすべてのガイドに通す。
      2:竿をガイドの向きに気を付けて伸ばす。
      3:ウキ止めゴムをメインのラインにつける。
      4:シモリ玉と呼ばれる小さな丸い玉をラインに通す。その際に穴の大きさが違う場合は小さい穴の方から先に糸を通します。
      5:ウキをラインに通します。
      6:サルカンを結び付けます。
      7:サルカンにサビキを付けます。
      8:サビキの下におもり付きのかごを付けます。

以上が、大まかな仕掛けの手順です。セット内容によっては若干の違いはあると思いますが、大方、この手順で問題ないかと思います。

船からのジグアジング

アジ 船 ジグ 仕掛け図

ロッド

ワームの時とは違いジグと呼ばれるおもりの塊で作成された疑似餌で釣りをするので、バットはしっかりとしていて、穂先は若干柔らかめのものを使用します。

全体的にはミディアム~ミディアムヘビーのものが向いているかと思います。耐荷重が40gぐらいか若しくは1オンスぐらいのロッドを準備しておくようにしましょう。

深い時には60m~80mというポイントに落とすケースもあります。その際に釣れてくるのはアジだけとは限らないのでそれなりに強いロッドを準備しておくことが必要です。

リール

基本的にはワームの時同様にはなります。ただ、船からのジギングの際にはバーチカルジギングが主な釣りとなり棚を取ることがやはり重要となってきます。その際には最近では何mラインが出たかを表示してくれるリールが存在します。

シマノでいうとグラップラー150シリーズ、炎月、バルケッタというシリーズがあります。ダイワでいうとキャタリナ、紅牙、スパルタン、ライトゲームといったシリーズがあり、効率よく釣りができるアイテムなので船のジグメインでアジングを楽しみたいなら揃えておいてもいいリールです。

ジグ

ジグは船釣りにおいては18g~40gまでのものを準備しておきます。また、同じ重さでもカラーバリエーションを豊富にしておくことで、その時々のカラーチェンジによる釣果アップというシチュエーションにも対応できるよう準備しておきましょう。

初心者の方はダイソーのメタルジグでも私は釣り上げたことがありますので十分に釣れると思います。ダイソー恐るべし(;^ω^)

リーダーライン

メインラインに関してはワームの船釣りと特に変わることはありませんが、リーダーはさらに太い3号まで用意するようにしましょう。

やはり、ジグの方が深場を責めることが多く、魚も大きくなるのは勿論のこと、潮の流れが速い場所にいますので引きも、ものすごく強いです。

フック

フックは純正でついてくるジグの下にトレブルフックがついたものもありますが、プラスでアシストフックをジグの頭の部分につけるようにしましょう。するとフッキング率も上がり釣果を伸ばすことができます。

アシストフックは1個~2個にすると効果的です。

オカッパリ(陸っぱり)からのジギング

アジ 陸っぱり ジグ 仕掛け図

基本的な道具は変わりませんが使用するメタルジグを3g~準備するようにしましょう。

ワームの時同様、オカッパリ(陸っぱり)から狙う際にはアジのサイズが小降りになる傾向があります。リールはカウントダウン付きのものは使用しずらいので使用するのは避けましょう。スピニングリールの方が初心者には使用しやすいかと思います。

ジグのアクション

ただ巻き

船長の指示棚、もしくは底までジグを落としたらただリールを巻いてくる方法です。

巻くスピードは色々と工夫してゆっくり巻いたり、早く巻いたり普通にまいたりして、どのスピードでアタリが多いかを見極めて釣りましょう。

ジャーク

ジギングでは一般的なアクションになります。こちらも緩急をつけて行います。ロッドを一回しゃくり、リールを一回転させるイメージのアクションで、このしゃくりを短い距離で早く巻く時を「ハイピッチジャーク」といいます。

もっと早く巻く「ジャカジャカジャジャーク」という巻き方もあります。その逆でしゃくりの距離を長くとる時を「ロングジャーク」と呼びます。これもまた、その時のヒットパターンを見極めることが重要となります。

リフト&フォール

オカッパリ(陸っぱり)のジギングを行う際に一般的なアクションになります。ワームの時同様に底を取ったら、「チョンチョン」竿を上にあおりながら糸ふけをリールで巻いてとっていくアクションになります。

または10秒ほど巻いては底を取り直してもいいです。

重りの代わりにメタルジグ!ジギングサビキ

基本的にはジギングのアジ釣りと同じ道具で構いません。変わってくるのが、サビキの下におもり代わりにメタルジグが装着されている点です。

船からの釣りの場合は棚どりをしてから上下にゆっくりと揺らしても釣れますし、リールを巻いて落としてを繰り返しても釣り上げることができます。

以前ワゴンセールになっていたのを面白そうなので購入してみましたが、意外と釣れましたので機会があったら挑戦してみてはいかがでしょうか。

まとめ

様々な釣り方を紹介させていただきました。ファミリーでの釣りは防波堤からのサビキ釣りがアジを狙うにはお手軽で楽しいと思います。

初心者の方でも今後、はまりそうな方はオカッパリ(陸っぱり)のワームやジグからはじめて、ある程度経験を積んでから船釣りに挑戦するといいかもしれません。

理由としては、アジ釣りは乗合船が多いので他のアングラーに迷惑をかけてしまう可能性も多いからです。兎にも角にも釣り場に向かわないとアジ釣りは始まりません。これからの行楽シーズン、アジ釣に挑戦してみてはいかがでしょうか

▼釣ったアジをさばいて美味しく食べよう!

この記事を書いた人

hinamoridake
釣歴32年のパパアングラーです。単独釣行だけでは無く、ファミリーでの釣行やキャンプも合わせた釣行などで週末ライフを充実したものにデザインして遊んでいます!
Instagram

-マアジ
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.