【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

帆のようなヒレが特徴的!「バショウカジキ」は海の生き物で最速で泳げる魚!?

更新日:

扇子を広げたかのような大きな背ビレと鋭く尖った上アゴが特徴的なバショウカジキ。世界最速で泳ぐ魚と言われており、その速度はなんと時速100キロメートル以上にもなります。美味しいことと、暴れ馬のような引きを楽しめることから釣りの人気も高い魚です。

バショウカジキの特徴

バショウカジキはスズキ目マカジキ科に属する魚です。最も特徴的なのは色鮮やかな大きな背ビレです。ほかのカジキ類同様に上アゴが伸びていますが、他種に比べて第1背ビレが大きく発達しています。
第1背ビレの鰭膜(ヒレの膜)は鮮やかな濃青色で、その上に小黒点が散在します。

その他の各ヒレは黒褐色を帯びています。腹ビレは細長く、吻(ふん:魚のくちばしの部分)とほぼ同じ長さです。体側に淡青色の数個の円点からなる横縞模様が10数列ありますが、個体によってはっきり出たり出なかったりします。

バショウカジキはカジキの中でも最速!?

またカジキ類の中で最も速く泳ぐことができるのも特徴。その速度は54ノット(時速100キロメートル)以上と言われ、トップスピードなら、25メートルプールを1秒足らずで駆け抜ける速さに相当します。水中最速の動物として、ギネスブックにも記載されているほどです。驚きですよね!

このスピードを生んでいるのは体形や筋肉の構造によるものが大きいと言われています。水の抵抗を受けにくに紡錘形の魚体だけでなく、体の後半部の筋肉が非常に発達しており、柔軟な背骨を左右にしならせることで強い推進力を得ることができます。

幼魚は第一背ビレと第二背ビレがくっついていますが、成長するにつれて分離するとのこと。成魚は最大で3.3メートルにも達する大型の魚で、4月~8月頃にフィリピン東方海域で産卵します。

バショウカジキの釣り時期・生息ポイント

バショウカジキは東方地方以南やインド・太平洋域の亜熱帯や熱帯地域などに広く分布します。稀に北海道南部でも見ることができます。基本的に外洋回遊性ですが、カジキの中では最も沿岸に近づくことで知られ、船の帆のように見える特徴的なバショウカジキの背ビレを沿岸部から目撃された例が挙げられています。

単独か数尾ほどの小さな群れで行動します。秋になると対馬暖流に乗って日本海側にも回遊してきて、沿岸の定置網で漁獲されることで知られています。

バショウカジキの餌

肉食性であり、小魚やイカなどの頭足類を捕食します。

バショウカジキの漁獲法

バショウカジキは高速で移動するため、引っかかった際には非常に強い引きを楽しむことができます。そのため船から竿を出し、ルアーを船で引きずる「トローリング」が主な釣法として知られています。また大型の魚を釣る際に用いられるオフショアキャスティングもよく用いられる釣法です。

延縄漁や定置網漁でもバショウカジキが見られるようです。

釣った後に気をつけたい事

バショウカジキは大型の種で上顎の先端が尖っているので、注意が必要です。加えて非常に獰猛な種なので、必要異常に近づいてはいけません。

また摂取しすぎるとヒスタミン中毒になるとも言われているので、食べ過ぎには禁物です。

ヒスタミン中毒とは

ヒスタミン食中毒は、ヒスタミンが高濃度に蓄積された食品、特に魚類及びその加工品を食べることにより発症する、アレルギー様の食中毒です。

ヒスチジンを多く含むマグロ、カジキ、カツオ、サバ、イワシ、サンマ、ブリ、アジなどの赤身魚及びその加工品の鮮度が下がることでヒスタミンが生成されるので鮮度の低い魚は避けるようにしましょう。

ヒスタミンによる食中毒発生状況
事件数 患者数
平成23年 7 206
平成24年 9 113
平成25年 7 190
平成26年 7 61
平成27年 13 405
平成28年 15 283
平成29年 8 74

出展:厚生労働省

バショウカジキがおいしい旬

おいしい旬は秋とされています。

バショウカジキが食べ方

バショウカジキは高速遊泳を可能にする筋肉質な赤身をしており、非常に食べ応えがあります。筋肉質であるため、脂は少ないものの旨味がしっかり感じられる上質な身であることで知られています。特に背ビレの下の蛇腹状になった担鰭筋(魚類のひれの基部にあって、それを支えている筋肉)は非常に美味です。

また胃袋、心臓なども食用として利用できます。おすすめはやはり刺身です。その筋肉質な歯ごたえを十分に味わうことができます。刺身するにあたって特におすすめの部分は腹部分です。

秋の脂ののった時期であれば、酸味と甘味を同時に味わえて大変おいしいです。そのほかにもかま下やヒレ側のあらを集めて湯通しした「バショウカジキのあら煮」や背ビレ下の筋肉である「やばた」を骨つきで唐揚げにした「やばたの唐揚げ」もおすすめの調理法です。

チキン南蛮で有名な宮崎県では「バショウカジキ南蛮」が販売されているようです。

バショウカジキの名前の由来

背ビレがバショウの葉に似ていることから「バショウカジキ」と名付けられました。鹿児島県では「アキタロウ」(秋に取れることから)、富山県では「カンヌシ」「サス」、長崎県では「ハイオ」などの地方名があります。

そのほかにもアツタロウ「カジキトウシ」「カンガ」「ハオウ」「ビョウブ」など様々な別名があります。

バショウカジキの食べ方

バショウカジキは高速遊泳を可能にする筋肉質な赤身をしており、非常に食べ応えがあります。筋肉質であるため、脂は少ないものの旨味がしっかり感じられる上質な身であることで知られています。特に背ビレの下の蛇腹状になった担鰭筋(魚類のひれの基部にあって、それを支えている筋肉)は非常に美味です。また胃袋、心臓なども食用として利用できます。

おすすめはやはり刺身です。その筋肉質な歯ごたえを十分に味わうことができます。刺身するにあたって特におすすめの部分は腹部分です。秋の脂ののった時期であれば、酸味と甘味を同時に味わえて大変おいしいです。

そのほかにもかま下やヒレ側のあらを集めて湯通しした「バショウカジキのあら煮」や背ビレ下の筋肉である「やばた」を骨つきで唐揚げにした「やばたの唐揚げ」もおすすめの調理法です。チキン南蛮で有名な宮崎県では「バショウカジキ南蛮」が販売されているようです。

バショウカジキの名前の由来

背ビレがバショウの葉に似ていることから「バショウカジキ」と名付けられました。鹿児島県では「アキタロウ」(秋に取れることから)、富山県では「カンヌシ」「サス」、長崎県では「ハイオ」などの地方名があります

そのほかにもアツタロウ「カジキトウシ」「カンガ」「ハオウ」「ビョウブ」など様々な別名があります。

英語名は「Indo-Pacific sailfish」です。

-バショウカジキ
-, ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.