【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

熱帯魚初心者へ!ベタの種類や飼育法、必要な初期費用を教えます!

投稿日:

ベタ 数種

コップで飼える!初心者でも簡単!など様々なうたい文句を耳にするベタですが、実際にお手軽に飼うことはできるのでしょうか。ベタを飼ってみたいと考えている方向けに、ベタの飼育に必要なものから飼育方法、最低予算の見積もりなどをまとめてみました。

個性が光る!さまざまなベタの種類を紹介!

ベタは品種改良によって、さまざまな形のヒレや体色のを持つ個体が生み出されました。ひとくちにベタと言っても、ヒレの形や品種によって、いくつかの種類に分けられています。

トラデショナルベタ

ベタ トラデショナル

一般的に良く流通している種類で、原種より長いヒレを持っています。昔から品種改良されている種類なため、比較的安価でカラーバリエーションも豊富です。

略称「トラベタ」とも呼ばれ、流通量も他のベタより多いことから単純に「ベタ」と呼ばれるものの多くは、トラデショナルベタのことを示しています。

ショーベタ

ベタのなかでも特徴的な形のヒレを持ち、コンテストに出品するために品種改良を重ねたベタをショーベタと呼びます。改良種のため、様々なヒレの形を持ち、ヒレの形によって名称が分かれます。

 

ハーフムーンテール

ベタ ハーフムーン

威嚇や求愛行動など、興奮した際に尾ビレが半月のように180°以上開くベタのことを示します。

 

フルムーンテール

ベタ フルムーンテイル

ハーフムーンのベタのなかでも、尾びれがふたつに分かれていて、開くと満月のような弧を描くヒレを持つベタのことを示します。ダブルテールと区分されることもあります。

 

スーパーデルタテール

ベタ スーパーデルタ

威嚇や求愛行動など、興奮した際に尾ビレが120~180°開くベタのことを示します。個体によっては、成長の過程でヒレの開く角度が大きくなり、ハーフムーンほどのレベルのヒレになることもあります。

 

クラウンテール

ベタ クラウンテール

ヒレが、王冠のように細かく分かれています。ヒレの軟条(なんじょう)が突出しているため、このようなヒレになっています。

プラカット(プラガット)

プラガット ベタ

プラカットは比較的短い尾びれを持つベタで、ショートテールベタとも呼ばれています。

トラディショナルとショーベタと同様に品種改良された品種なのですが、闘魚としての強さを重視して品種改良された品種のため、他のベタよりも活発です。

ワイルドベタ

ワイルドベタ

ワイルドベタは、品種改良のされていないベタのことを示します。ヒレは改良品種に比べ短く、穏やかな性格のため多頭飼いができることも特徴です。ワイルドベタは東南アジアに分布しており、現在50種類以上が確認されています。

ベタのオスとメスの見分け方

ベタ 比較

ヒレの大きさ

オスはメスより長いヒレをもっています。体長の2倍ほどの長さのヒレを持つオスに比べて、メスのひれは体長ほどの長さしかありません。

産卵管の有無

腹ビレの近くにポコッとした白い突起があれば、それは産卵管です。この産卵管の有無でオスとメスの区別ができます。

ただし、幼魚のオスも産卵管を持つことがあるため、幼魚のベタは産卵管の有無だけで雌雄の特定をするのは難しいです。

鏡を見せてみる

闘争心の強いベタは、別のオスに遭遇するとフレアリング(威嚇)を行います。ベタに鏡をみせて、ヒレやエラが開くなどの変化があればオスと判別できます。

お迎えする前に確認!ベタの特徴や性格

ベタは「スズキ目オスフロネムス科ベタ属」に属する淡水魚です。ベタはタイのメコン川流域が原産の魚です。泳ぎを得意としないため、川のなかでも水流の少ないところを好みます。温かい地域に生息しているため、水温25~30℃と高い水温への適正があります。

胃を持つ魚

鯉や金魚などの淡水魚の多くは、胃を持っていない無胃魚ですが、ベタは有胃魚です。食物が消化される仕組みは人間と同じなのですが、ベタの胃はかなり小さいため、食べられる餌の量が限られています。

口で呼吸ができる魚

ベタの呼吸器は発達しており、エラ呼吸の他にラビリンス器官を通し、水面から口を出して酸素を取り込むことができます。この器官のおかげで、水中の酸素濃度が低くても生きることができます。通常なら魚を飼育する際にはエアレーションやエアーポンプは欠かせない代物ですが、ベタに限っては、これらの器具は不要です。

闘争心の強い性格

ベタは闘争心が強く、非常に攻撃的な魚です。特に品種改良種は、気性が荒いため多頭飼いには向いていません。メス同士の混泳は可能ですが、オス同士の混泳は難しいので必ず分けて飼育するようにしましょう。

ベタの入手方法

アクアリウムショップ

ベタ 専門店

ベタは熱帯魚専門店やペットショップで気軽に入手することができます。小瓶に1匹ずつ入っている状態で売られていることが多いため、好みの色やヒレの形、健康状態などをじっくりと観察して選ぶことができます。ベタに詳しい店員さんがいたら、飼育方法やコツなどを直接聞くことができることもメリットの一つです。

ペットショップや熱帯魚専門店に売られているベタは、流通量の多いトラディショナルベタが多く、そのほかのショーベタなどを取り扱っているところは少ないです。ベタ専門店に足を運べば、選り取り見取りなのですが、そもそもベタ専門で取り扱っている専門店は全国的には少ないでしょう。

通販での購入

ベタ 通販

ベタは通販で生体を購入することが可能です。通販なら、値段の比較がしやすいこと、さまざまな種類のベタが手に入るということがメリットと言えるでしょう。さらに、専門店やペットショップまで足を運ぶ必要もなく、必要な道具一式も一緒に揃えられるのでベタの入手がより簡単になります。

通販での生体の購入の際に気を付けなければならないことが、実際に自分の目で大きさや色、健康状態が確かめられないこと。さらにベタは生体ですので、受取を確実に行うということも注意しなければいけません。

お迎えする前に揃えておこう!ベタの飼育に必要なもの

ベタ 必需品

ベタはコップで飼育可能?水槽を用意しよう!

ベタはコップでも飼える!なんて言われておりますが、狭い飼育環境はベタにとってのストレスになります。コップやビンではベタが生きやすい環境を作ることが難しいので、ベタは水槽で飼うことを推奨します。

基本的に単独で飼育をする魚ですので、広すぎる水槽に1匹ポツンと飼うのはさみしいですね。かと言ってコップやビンのような狭いところでもなんだかかわいそうです。大きすぎず、小さすぎずということから考えベタの飼育に適している水槽の大きさは5Lの容量のものから30cmの水槽が適切と考えられます。

▼キューブ型の水槽。お洒落な形なので、インテリアとしても映えますね。

▼ベタ専用の水槽もあります。すぐに水槽が立ち上げられるように、必要な物とセットになっているようです。

餌を用意しよう

熱帯魚の餌として、フレークタイプや粒状タイプ、活餌など様々なタイプがありますが、ベタには粒状タイプをお勧めします。さらに、すべての熱帯魚に対応している餌よりも、ベタのために作られた専用の餌がより適しています。

餌には使用期限があるので、しっかり確認して使うようにしましょう。

▼浮上性の餌なので、ベタが食べ残した餌の回収が簡単にできます。水槽が汚れるのを防ぐことができます。

▼小粒な餌のため、体の小さいベタでも食べることができます。35gで458円と、お得です。

ベタを上手に飼育しよう!~保温方法~

ベタと必要な物が手に入ったら早速飼育開始です。飼育が簡単だと言われるベタですが、健康に長生きさせるために気を付けるべきことをご紹介いたします。

ベタの水槽にエアーポンプは不要!

魚を飼育する際には、エアーポンプを導入して水流を作るのが一般的ですが、ベタには不要です。ベタはもともと水流のない水域に生息しています。さらに、改良種のオスは長いヒレを持っているため、泳ぎが得意ではありません。水流を作ることにより、ベタにストレスがかかる可能性があります。なるべく水流のない状態で飼うように心がけましょう。

ベタは水温の変化に弱い!

ベタは高い水温への耐性があるため、クーラーやヒーターは不要!と思われがちですが、水温の変化にとても敏感な魚です。ベタを飼育する際には、クーラーやヒーターを用いて、水温を26~28℃に設定するように心がけましょう。

特に気を配って頂きたいのが、夏と冬。冬は暖房で室内を温かく、夏は冷房で室内を冷やしていても、水槽の水温は調節できません。何より、ベタは水温変化に弱いため水温を一定に保つ必要があります。冷房や暖房の良く当たるところに置けば大丈夫!なんてことはありませんので、温度計などを使ってこまめに温度チェックを行うようにしてくださいね。

▼水槽の縁にクリップで着用ができる、扇風機のような冷却器

▼ベタ専用のヒーターです。取り付けも取り扱いも簡単です。

▼ヒーターとクーラーを両方兼ね備えた優れもの!

ベタを上手に飼育しよう!~水替え方法~

ベタ 水質

餌やフンなどで汚れた水質は、魚にとってストレスのかかる環境です。あまりにも水質の環境が悪いと、ベタの病気にもつながってしまいます。ベタが心身共に健康でいられるよう、水替えを行うのはとても重要なことです。

水替えの頻度

水替えの頻度は水槽の大きさによって異なります。この記事で推奨している水槽の大きさは、30cm水槽ですので、その基準で考えれば水替えの頻度は2週間に1度で問題ありません。

それ以下の大きさの水槽なら、汚れるのがより早くなるため1週間に1度の水替えが適切と考えられます。

水替えの方法

熱帯魚の水替えの方法として適切なのが、水槽の1/4から1/3程度の水を交換するという方法です。

コップなどで水槽の水をくみ取り、その後に新しい水をゆっくり入れます。底にたまる餌やフンが気になる場合は、スポイトで吸って汚れを除去してください。

ここで注意していただきたいのが、新しく入れる水は「カルキ(塩素)抜き」を行うこと。日本の水道水には、塩素が含まれています。微量なため人間には無害なのですが、熱帯魚や水槽内のバクテリアにとっては大きなダメージとなってしまいます。

魚が体調を崩したり、せっかく繁殖したバクテリアが死滅することもあるので、カルキ抜きは欠かさず行いましょう。

汲み置き法

バケツやペットボトルに汲んだ水道水を日光に当て、放置します。一番コストがかからない方法なのですが、季節や天気、日光の強さなどによりカルキが抜けるまでの時間が異なります。

日光が強ければ強いほど、早くカルキは抜けるそうですが、結果は目に見えて分かるものではありません。そのため、汲み置き法でカルキ抜きを行う際には必ず、器具や試験紙などを使用して塩素の数値を図る必要があります。

▼簡単に残留塩素を計ることができます。

水槽用の浄水器を使う

浄水器を使う方法です。水道に直接ホースをつないで使うタイプが多いため、お手軽です。汲み置き法や薬剤を投入する方法の場合は微調整が難しく、毎回安定した塩素中和をするのに手間がかかってしまいます。

その点、浄水器を使えば簡単に塩素中和ができるので、手間もかからず安定した水質をベタに提供できます。

水道水を沸騰させる

やかんで水道水を沸騰させる方法です。最低でも5分以上沸騰させなければならないため、電気ケトルや電気ポットなどのお湯では対応できません。カルキが十分に抜けたことを器具や試験紙などを使って図るようにしましょう。

こちらもお湯を沸かすだけなので、コストがかからない方法と言えます。沸騰させた水道水は必ず十分に冷ましてから水替えを行うようにしましょう。

市販のカルキ抜きを使う

熱帯魚のカルキ抜き用の薬剤を使う方法です。薬剤を投入するだけなので、こちらもかなりお手軽な方法です。水質調整剤と一緒になっているものや、ミネラル成分などベタにとって嬉しい成分含んでいるものなどもあります。

水替えを少量ずつ行う理由とは?

水替えは、すべての水を変えるのではなく、少量ずつの取り換えを行います。ベタにストレスを感じさせないようにするためでもあるのですが、着目して頂きたいのは「バクテリア」です。飼育水から発生したバクテリアはベタのフンや底にたまる汚れを分解してくれます。さらに、飼育の過程で発生してしまうアンモニアを濾過してくれるため、ベタにとってはとてもありがたい環境なのです。

バクテリアのいる環境を壊さないためにも水替えは少しずつ行うようにしましょう。

水槽にコケが生えた!溜まっていくフンや餌が気になる!

バクテリアの発生で若干の水の濁りは問題ないのですが、水槽内にコケが生えてしまった場合や底に餌やフンが溜まってしまった場合はベタにとって、良い環境ではありません。その場合には水槽の掃除と水を取り換える必要があります。

水槽を洗う間は、飼育水ごとベタを他の容器(ビンや洗面器など)に移動させるようにしてください。ベタは急な温度変化や水質が変わることにストレスを感じてしまいます。いったん飼育水ごと移動させることにより、ベタのストレスを減少することができ、水ごとバクテリアも移動できます。

洗い終わった水槽にベタを戻す際は、飼育水は捨てずにベタと一緒に水槽に戻し、その後にカルキ抜きを行った新しい水をゆっくり入れるようにしましょう。このとき、急激な温度変化にならないよう、取り換える水の水温にも気を遣うようにしてください。

※底にフンや餌などを溜めてしまわないように、日ごろの管理が大切です。スポイトを使って、食べ残しの餌やフンなどを定期的に掃除しましょう。

ベタを上手に飼育しよう!~水質を保つ方法とベタが好む環境~

水質を安定させるためには?

前項でベタは水温の変化に弱いと説明しましたが、意外と水質の変化にもデリケートな魚です。水質を安定させるためにも、水質安定剤などを導入しましょう。

水質安定剤のなかには、カルキ抜きができるものや、バクテリアの繁殖を助けてくれるもの、ミネラル分が含まれているものなど様々な嬉しい効果を施してくれるものも多くあります。

▼ベタの体調を悪くする原因のアンモニアを分解してくれます。良心的な価格です。

▼アーモンドの葉などの天然成分を使った調整剤。カルシウムやPHを下げる成分も含まれています。

▼カルキ抜きもできる優れもの。水を透明に保ってくれます。

ベタの適正PH(ペーハー)は6.0~7.0。すなわち弱酸性から中性が適正とされています。日本の平均値のPHはベタが好むPHより若干高いようなので、降下剤やリーフなどを入れて微調整が必要です。また、地域によって水道水のPHは異なるようなので、不安でしたら計測器で測ってみてくださいね。

▼簡単にPHが計測できます。

▼PHの効果作用のある葉っぱ。適宜数値を図りながら使用しましょう。

リーフや流木を入れると、水が茶色く濁りますが、この色は流木やリーフから出たタンニンによって引き出されたものです。「ブラックウォーター」と呼ばれ、栄養価の高い河川と同じ状態でもあり、タンニンによる殺菌効果やphの降下が期待できます。

ソイル(底砂)や水草は入れるべき?

ベタ ソイル

ソイル(底砂)や水草を入れると、水槽の雰囲気がグッとよくなりますよね。ソイルには青やピンクなど綺麗な色をしたものも多いため、是非取り入れたい!という方も多いのではないかと思います。

結論から申し上げると、ソイルは導入しなくてもまったく問題ありません。むしろソイルを入れてしまうと、底に沈殿したフンや餌などを掃除するのが難しくなり、水槽が汚れるのが早くなってしまうというデメリットがあります。ソイルのなかにはPHを下げてくれるものや、バクテリアの導入を助けてくれるものなどもありますが、こういった水質環境を良くするための目的以外ではむしろ入れない方が水槽を綺麗に保てます。

水草や浮草は、ベタの隠れ家や寝床になるので導入してあげた方がベタは喜びます。水草にはプラスチックで作られたものと植物そのものの水草があります。どちらかに大きなメリットがあるという訳でもないので、メリットとデメリットを比較してお好みの方を導入または併用しましょう。

植物の水草、浮草

植物の水草は、二酸化炭素を取り入れ酸素を排出する効果があります。酸素の共有や二酸化炭素を取り込むことで水質を浄化する働きをしてくれます。さらに、自然な緑が水槽の雰囲気を作り上げてくれます。
水草は枯れてしまうと、水を汚してしまうのでベタと同時に水草のお手入れをする必要があります。水質調節材にミネラル分が含まれるものを使用する際は、水草が枯れてしまう恐れがあるので要注意です。

水草はベタが寝床として使いやすいように、大き目の葉っぱのものを選びましょう。

人口水草

枯れることがないので、良くも悪くも水質の変化がありません。汚れたら洗って再利用ができるので、植物のものを使うより安く済みます。自然では出せない色や変わったデザインもあり、水槽の雰囲気を自分好みに作ることができます。

鋭利であったり、素材が硬すぎるものだとベタに傷をつけてしまう可能性があります。できるだけ柔らかく鋭利でないものを選ぶように心がけましょう。

▼ベタの寝床として取り入れるといいですね

ベタを上手に飼育しよう!~餌やり~

ベタ 餌

餌の量としては、1日約6~8粒を目安にあげれば問題ありません。

ベタは有胃魚で、その胃はとても小さいです。そのため、たくさん食べることはできません。そのため餌を与える際は飲み込み様子までをしっかり確認して1粒ずつあげるようにします。ベタは満腹でも餌を欲しがるのですが、食べ過ぎると便秘になってしまったり、食べ残した餌が水質を汚してしまう原因になります。

ベタを上手に飼育しよう!~飼育にあたっての注意~

多頭飼いはやめよう!

ベタは、気性の荒い魚ですので多頭飼いは避けるようにしましょう。特にオス同士は注意してください。縄張り意識の強いことからオス同士を混合したら最後、デスマッチのベルが鳴ります。

ベタのジャンプに注意!

ベタは水面からジャンプをします。ジャンプをした勢いで水槽外にはみ出してそのまま干からびてしまったなんてことも多々あるようです。そんな悲しい事故を防ぐためにも、水面から水槽の縁まである程度の高さをつけるようにしましょう。

筆者の飼っていたベタは、水面から水槽の縁までの3cmほど高さをつけていたのですが、外出中に投身自殺を試み、発見したときには煮干しになっていました…。

特にヒレの短いメスは、オスより飛力があるため要注意です。水面から水槽まで5㎝ほどの高さがあれば大丈夫かと思われます。もし不安であれば、蓋つきの水槽やネットを張るという手もあります。

ベタの飼育にあたる初期費用を想定してみた!

ベタ 初期費用

ここまでベタの飼育にあたって必要な用具や大まかな飼育方法をご紹介いたしました。

そこで気になる初期費用ですが、簡単に飼える!と言われているベタはどれほど初期費用を用意すればよいのでしょうか。

ベタの飼育を開始する時点で必要な用具や器具(餌などの消耗品を除く)の最安値と最高額をamazon、楽天を参照し平均額を集計してみました。※送料、税金は含まない。

必要な用具や器具 最低額 最高額
ベタ生体 380円 15,000円
水槽(30cm) 1000円 20,000円
小型水槽用ヒーター 500円 16,000円
小型水槽用クーラー 600円 130,000円
PH計 1000円 35,000円
残留塩素測定器 1000円 80,000円

※ベタは種類によって値段が変わります。最安値はトラデショナルベタの価格です
※あくまで価格に注目した上での集計結果ですので、品質などは購入前にお確かめください。

最安値の合計で見積もったところ、4480円。

なんと最低5000円もかからずにベタの飼育がスタートできるようです。この価格は熱帯魚飼育の第一歩として手を出しやすいのではないのでしょうか。

まとめ

ベタは口から呼吸ができるため、エアレーションなどが不要な点から他の熱帯魚に比べて簡単かつ低予算で飼えるといえるでしょう。しかしベタも他の熱帯魚と同様に、水質や水温のを一定に保ったり、餌を少しずつ与えたりなど細めに世話をする必要があります。これまで、コップで飼えるから「とりあえず」飼ってみよう!と考えていた方は、この機会にもう一度検討してみるといいかもしれませんね。

時間をかけて飼育するベタはなかなか愛着が湧いてくるものです。この記事を読んで、ベタの飼育に興味を持ってくれる方がいてくれたら嬉しいです!

-飼育
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.