【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

ビワマス

ビワマスはその名前のとおり、元々は琵琶湖にしか生息していない固有種です。現在は近隣の他県の湖でも生息が確認されていますが、ビワマスの大多数は琵琶湖で生息しています。この為、滋賀県では特産品として養殖や保護に力をいれています。

ビワマスの特徴

日本最大の湖と言えば滋賀県にある琵琶湖ですよね。

ビワマスは琵琶湖のみに生息するとされているサケ目サケ科に属する淡水魚です。

体長は50センチメートルほどですが、大きいものでは70センチメートルにもなるんだそうですよ。

サクラマスの亜種ということもあり、外見的な特徴はサクラマスとよく似ています。成魚は銀色の体色ですが、稚魚は赤い模様が入っています。

他の種と見比べるのが困難ですが、サクラマスと比べるとやや小型で、成魚になると消えるはずの赤い模様がビワマスは少し残っていることが多いのが特徴となっています。

ビワマスは完全な淡水での生活に適応している魚なので海水への耐性がなく、他の地域に放流しても定着することが難しいとされています。

琵琶湖特産品の高級魚として産地周辺では取り扱われています。

ビワマスの釣り時期・生息ポイント

琵琶湖に多く生息していますが、実は栃木県、神奈川県、長野県の湖でも確認されています。

これは琵琶湖のアユの稚魚を他県に放流した際に、ビワマスの稚魚も一緒に放流されたのが原因とされています。

しかしビワマスは海水に耐性がないことや、低い水温と深い水深を好むことからほとんどの県では生存することが出来ず、結果的に前述した3県のみでしか生息が確認されませんでした。

ビワマスは15度以下の水温を好み、湖の中層から下層で暮らしています。

産卵期は10月から11月で、琵琶湖に繋がる自分が生まれた川へと遡上して、そこで産卵をし一生を終えます。そして生まれた稚魚たちは琵琶湖を目指し、産卵期になるとまた生まれた川に戻っていくのです。

ビワマスの餌

肉食性で小魚や甲殻類、水生昆虫などを捕食しています。

釣りの際はルアーが使用されています。

ビワマスの漁獲法

ビワマスは琵琶湖の固有種として大切にされており、釣りは誰もが行えるという訳ではありません。

滋賀県への届け出を出すことも出来ますが、プロが行っているガイドツアーに参加するのがいいでしょう。

また、ビワマスは産卵期には禁漁期となり釣り自体が出来なかったり、小型のものはリリースする必要があり、持って帰るビワマスの数にも制限があるなどの制約があるので注意が必要です。

実際の釣りではガイドツアーを利用すれば、自分で釣り道具を用意しなくても良いので気軽に楽しむことが出来ます。走る船の上からルアーを投げいれて美味しいビワマスを釣り上げましょう。

ビワマスを釣った後に気を付けたい事

前述しましたが、ビワマス釣りには様々な制約があります。

勝手な行いで破ってしまうと法的な罰則が加えられるので注意してくださいね。

ビワマスは海に下ることがないので寄生虫はあまりいないとされますが、捌く際はよく確認して取り除いてください。

不安な場合は熱を通す料理にしていただきましょう。

ビワマスのおいしい旬

旬の時期は初夏と言われており、脂が乗って非常に美味しくいただくことが出来ますよ。

ビワマスの食べ方

サケ科の魚であるビワマスは味に関してもサケに非常に近い様でとても美味しいです。

海に下ることがないので、磯臭さもないので食べやすいとも言われています。

鮮やかなサーモンピンクの身は刺身にしていただきたいところ。

旬のビワマスはマグロのトロにも負けないほど脂が乗っているとも言われ絶品です。

臭みがほとんどないので、煮つけや焼き魚などのどんな料理にしても美味しく食べることができますよ。

また、卵も美味しいと評判で、イクラよりも少し小ぶりですが生臭さが少なく、旨味が非常に強いので醤油漬けや塩漬けなどにされて珍味として食されています。

ビワマスの名前の由来

琵琶湖に生息するしているのでビワマスと呼ばれています。

産卵期になると大雨の日に川を遡上して産卵することから、アメノウオと呼ばれることもあるそうですよ。

英名では「Biwa trout」と呼ばれています。

ビワマス

琵琶湖の固有種「ビワマス」別名「アメノウオ」

ビワマスはその名前のとおり、元々は琵琶湖にしか生息していない固有種です。現在は近隣の他県の湖でも生息が確認されていますが、ビワマスの大多数は琵琶湖で生息しています。この為、滋賀県では特産品として養殖や ...

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.