【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

自慢の歯で硬いものでもバリバリ食べてしまう「ブダイ」

更新日:

ブダイの特徴

スズキ目ブダイ科に分類されるブダイは独特の色合いを持つ海水魚です。全長が40センチメートルほどの中型の魚で、体に対して大きな頭をしています。

歯が嘴のようになっているのがブダイ科の魚に多く見られる特徴ですが、本種のブダイは歯がきちんと癒合されておらず、ギザギザとした細かい歯が乱立しています。

顏だけをアップにしてみるとまるで怪獣のような口元をしているので、少々怖い印象を受けるかもしれません。この歯を支える顎の力も非常に強靭で、甲殻類の硬い殻なども容易に噛み砕いてしまいます。また、食べる際に歯が折れてしまってもきちんと再生するそうですよ。

体高がやや高く、どっしとりした体をしています。ヒレには棘を持ち、尾ビレは円形になっています。ブダイの鱗はとても大きいですが、触れてみると薄くて柔らかいことが分かります。

体色は茶褐色で、オスはやや青みがかかっており、メスはやや赤みがかかっています。このブダイですが、面白い生態を持っており、産まれたばかりのブダイは全てオスで、成長に伴いメスに性転換するオスが出てくるのです。

全てのオスがメスになるのではなく、オスのまま過ごす個体とメスになる個体に分けられます。

ブダイの釣り時期・生息ポイント

東アジアの温帯域に広く分布しており、インド洋や東シナ海でその姿が見られます。日本では本州中部以南から沖縄の沿岸部に生息しており、浅瀬の岩礁域や藻場で暮らしています。釣りでは1年を通して狙うことが可能となっています。

ブダイの餌

ブダイは雑食性の魚で、季節によって食べるものが変わる面白い習性を持っています。春から秋にかけては海底付近のカニなどの甲殻類を主に食べており、冬になると海藻を食べるようになります。

その為、釣りの餌は夏場はカニなどを使い、冬はハバノリやヒジキが使われることが多いようです。

ブダイの漁獲法

防波堤や磯から狙うことが可能で、前述のとおり季節によって使用する餌を変えると釣れる確率を上げることができます。夏場はカニを使用した投げ釣りが、冬は藻を使ったウキ釣りがブダイの一般的な釣り方とされています。

仕掛けは変わりますが、竿とリールはどちらの釣り方でも同じものが使えます。竿は5メートルほどの磯竿を、リールは中型のスピニングリールを用意すれば問題ありません。ブダイの狙い目は藻が茂っており、魚が隠れられるような大きな岩があるところが良いポイントです。

ブダイを釣った後に気を付けたい事

ブダイはとても強靭な顎を持っているので、口元に指などを近づけないようにしてください。ふざけて指を噛ませようものなら、冗談では済まないような大怪我をしてしまいます。

ブダイ科の魚にアオブダイとナンヨウブダイという種があり、この2種は体内に毒性を持つためブダイも毒を持つとされることがありますが、ブダイ自体には毒性は確認されていません。ブダイは安心して食べることが出来ますが、ブダイと間違えてアオブダイなどを食べないように注意してくださいね。

ブダイのおいしい旬

ブダイの旬は冬と言われています。寒い時期なので脂が乗るということもありますが、暖かい時期のブダイはカニなどを主に食べている為、やや臭みがあって食べづらいと言われています。

ブダイの食べ方

ブダイの身は少し赤みがかかった白身で、クセの無い味わいが楽しめます。刺身で食べる場合は臭みの無い旬の冬に獲れたものを使用しましょう。

旬の時期のブダイは脂が程よく乗っており、上品な甘みが広がります。煮つけやムニエルなどにしても美味しく食べられます。良い出汁が取れるので、鍋にして食べても絶品ですよ。

ブダイの名前の由来

ブダイの名前の由来は諸説あり、鱗が大きくまるで鎧を着た武士のようであることから武鯛とする説と、クルクルと泳ぐ様が踊っている風に見えることから舞鯛である説と、タイと比べてやや不細工であることから不鯛とする説があります。

-魚・食材図鑑
-

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.