【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

知らない人はいない、最も身近な淡水魚!「コイ」生態や特徴についてご紹介!

更新日:

コイの特徴

近くの公園の池を泳いでいたり、子どもの日には鯉のぼりとして空を泳いだりと、私達の身近な存在であるコイはコイ目コイ科に分類されている淡水魚です。

コイの特徴として黒みがかった体色を持ち、体に対して頭や目が小さく、口には2対のひげがついています。全長は50センチメートルほどですが、大きいものだと1メートルを超すものも存在しています。

水面でよく口をパクパクさせているコイの口を見ても歯は見当たりませんよね。コイは口に歯を持っていませんが、実は喉の奥の方に咽頭歯という歯を持っています。この咽頭歯で、硬い貝殻などもバリバリ砕いて食べることが出来るんですよ。また、胃を持っていないので、食道から直に腸に繋がっています。

なので、食い貯めがほとんど出来ず、消化も早いのでいつも餌を探して泳ぎ回っています。餌やりで積極的に口をパクパクさせて水面に来てくれるのはこういった理由からなんですね。

更にコイ科の魚はウェーバー器官という音に敏感な骨格があり、優れた聴覚を有しています。コイは多種多様な水域に生息している通り、生命力が非常に強く、多少汚れた水であっても適応してしまいます。

水温の低下にも強く、水揚げされても他の魚よりも長く生きていられるそうですよ。寿命は平均20年とされ、70歳以上になるものもいるんだとか。

日本だとブラックバスなどが注目されがちですが、非常にタフで長寿なことや旺盛な食欲から生態系への影響も大きく、実は侵略的外来生物の1種として要注意な魚だったりもするんですよ。

コイの釣り時期・生息ポイント

食用魚として放流が行われた為、世界中の温帯や熱帯の淡水域に分布していますが、元々は中央アジアが原産とされています。日本でも全国各地の淡水域で姿が確認することが可能で、比較的流れの緩やかな深い場所を好んで生息しています。

飼育されているコイは浅瀬を泳ぎ回る姿が見られますが、野生のコイは深みにいることの方が多いようですよ。

コイは1年を通して釣ることが出来ますが、産卵期の前と後である春と秋が餌を求めて活動的になるので釣りやすいと言われています。

コイの餌

雑食性のコイは非常に多様なものを食べています。小魚や水草を始め、貝やミミズ、昆虫やカエルなど、口に入るものなどはなんでも食べてしまうほどです。

よくコイのエサやりとして麩が使われるように、パンやお米なんかもよく食べるんですよ。その分、釣り餌も多種多様で定番のゴカイやミミズなどから、練り餌やパンなどでもコイを釣り上げることが出来ます。

コイの漁獲法

ウキ釣りや投げ釣りで親しまれるコイ釣りはシンプルながらも奥が深く、初心者から玄人まで万人に愛されています。釣具はコイ釣り専用のものが販売されているので、それを使用すれば間違いありません。

4メートルほどの硬めの竿に道糸はナイロンの4号ほどのものを、2号ぐらいのハリスと鯉針などで釣ることが出来ますよ。コイは大きく力強い魚なので、引き上げ用に網を用意するのを忘れないでくださいね。

コイを釣った後に気を付けたい事

コイに限らず魚には寄生虫がいることが多いので、食べる際は生食を避けてしっかりと加熱調理をしていただきましょう。

泥の臭いが気になる場合は、綺麗な水に数日入れておくと臭いがとれますよ。コイの胆嚢は苦く、コイ毒が含まれている場合があり、食中毒になることもあるので食べないほうが無難です。

コイのおいしい旬

コイの旬は寒い冬の時期とされています。

コイの食べ方

食用魚として利用されているように、焼き魚や揚げ物、汁物として美味しく食べることが出来ます。

特に「鯉こく」と呼ばれる長時間煮込んだ味噌汁は、味噌とコイの出汁がマッチして非常に美味なんだそうですよ。

コイの名前の由来

コイの名前の由来は諸説ありますが、景行天皇が美女の気を引くためにコイを池に放したことから恋=コイとしたというなんともロマンチックな説があります。

-魚・食材図鑑
-

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.