【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

【見分けられますか?】マダイによく似た魚!血鯛(チダイ・ハナダイ)について

チダイの特徴

スズキ目タイ科に分類されるチダイは日本でよく見られる魚で、マダイと並んで赤くて美味しいタイとして古くから愛されてきました。

マダイとよく似ている姿をしており混同されることも多いですが、チダイならではの特徴もあるので、しっかり見ればきちんと見分けることが可能です。

全長はおおよそ40センチメートルほどの中型魚で、左右に側偏しています。体色は赤みがかかっており、お腹側は白っぽくなっています。体の上側に青色の綺麗な斑点が不規則に散らばっており、見目に美しい姿をしています。

やや長い背ビレを持ち、棘も持っています。最大の特徴は名前の由来にもなっている鮮やかな赤色をしたエラです。また、年を重ねたオスのチダイはおでこがややでっぱってくるのも特徴です。

チダイの釣り時期・生息ポイント

朝鮮半島や中国に面する東シナ海に生息しており、もちろん日本にも生息しています。日本では北海道の南部から九州地方までの広い範囲でその姿が見られ、日本全国ほぼ全域で漁獲することが可能になっています。

沿岸の岩礁域やその周辺の砂泥域で大規模な群れを形成して暮らしており、やや沖合にいることが多いです。夏頃の暖かい時期は浅場にいますが、水温が低下する冬場になると水深60メートルほどの深場に移動します。

1年を通して釣ることが可能ですが、特に初夏と秋が釣りの最盛期と言われています。

チダイの餌

ゴカイなどの多毛類、甲殻類やイカなどを捕食する肉食性です。釣りでは活きたエビやゴカイなどが使用されることが多いようです。

チダイの漁獲法

チダイはやや沖合にいる為、船を出しての釣りになります。鮮やかな赤色の美しい姿と駆け引きを楽しめることから釣り人にも人気の魚で、マダイとは違って群れを作るので運が良ければ大漁になることも人気の要因となっています。

活きたエビを使った胴付き仕掛けで狙われることが多いようで、2メートルぐらいの船釣り竿に中型の両軸リールが一般的です。オモリは重すぎると餌が回転して絡まってしまうので、釣りをする水深によって変わりますが、30号から40号ぐらいのものを用意すると良いですよ。

チダイを釣った後に気を付けたい事

チダイは特に毒を持ってはいませんが、それなりのサイズの魚となるので、各ヒレにある棘も大きくなるので誤って怪我をしないように注意してください。

また、釣った魚は寄生虫にも気を付けてください。特にチダイのようなタイ科の魚はタイノエというダンゴムシのような寄生虫がチダイの口の中やエラについていることが多いです。

食べても人体に影響は特にありませんが、見ていてあまり気持ちの良いものではないので、見つけたら取り除いてしまいましょう。

チダイのおいしい旬

チダイの旬は春から夏にかけてと言われており、特に夏の時期のチダイが最も美味しいとされています。

チダイの食べ方

チダイの味わいはマダイによく似ており、透明感のある白身はどんな料理にも合います。

ただ、マダイと比べるとやや水っぽいので昆布締めや酢締めなどにすると良いですよ。新鮮なものは刺身にして食べるとチダイ本来の味わいを楽しめます。熱を通しても硬くならないので、煮つけや焼き魚との相性もいいです。

おすすめなのがチダイとお米を一緒に炊き上げた鯛飯です。生のまま炊き込んでしまうと生臭さが気になるので、一度素焼きにしてから炊き込んでくださいね。

チダイの名前の由来

チダイの名前の由来はエラ蓋の縁がまるで血が滲んだような鮮やかな赤い色をしていることからこのように名付けられました。

また、マダイと比べて小さいことから、小さいタイということでチダイという説もあります。漁師さんの間では、オスのチダイは大型になるとおでこがでっぱってるので、これを鼻に見立ててハナダイと呼ばれることもあるそうです。

チダイ

【見分けられますか?】マダイによく似た魚!血鯛(チダイ・ハナダイ)について

チダイの特徴 スズキ目タイ科に分類されるチダイは日本でよく見られる魚で、マダイと並んで赤くて美味しいタイとして古くから愛されてきました。 マダイとよく似ている姿をしており混同されることも多いですが、チ ...

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.