【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

ダツ|衝突事故多発!?鋭いクチバシはサメよりも危険?

更新日:

ダツ TOP

Youtubeの動画や釣り番組などでも定番のダツは、反射する光に惹かれるという性質を持っています。この性質から夜間にライトを照らした人間に突撃してダツが体に刺さるという事故が相次いで起こっており、過去には死傷者でたこともあるので危険な魚として認知されています。

ダツの名前の由来

ダツの名前は、「駄簀(だす)」が由来となっています。そもそも「駄簀」とは、塩や石灰を入れるために使う、ワラやアシで編んだ袋のこと。この袋の口はとても大きく開き、ダツの口と似ていることから、「ダツ」という名前になったそうです。

ダツの英語名

英語名では「Needlefish」と呼ばれ、「針の魚」という意味。体が細く、あごが尖っている特徴が針に似ていることから由来しています。

ダツの地方名

ダツは地域によって異なる名前で呼ばれています。九州では「ダイガンジ」「ナガサレ」、沖縄では「シジャー」と呼ばれるのだとか。

ダツの生息域

ダツ 泳ぐ

ダツはインド洋や西太平洋などの暖かい海域の浅い場所や海面の近くに群れをなして生息しています。日本では、北海道より南の日本海、太平洋、瀬戸内海などに広く分布しています。

ダツの特徴

ダツは最大で1メートルにも達する大きな魚であり、細長い体にクチバシのような鋭く長いあごを持っているのが特徴です。体色は背中側が鮮やかな青色、お腹側は銀白色のツートンカラーになっています。

体色だけではなく、なんと骨まで鮮やかな青色や緑色をしています。しかし、身は半透明の白色をしており、小骨が多いですが、地域によっては食用の魚として愛されています。

似ている魚、サヨリとの違いは!?

同じようにクチバシが尖っているような魚としてサヨリがいますが、サヨリは下あごだけが長いのに対して、ダツ科は上下ともに長いのが特徴です。

▼似た魚サヨリについてはこちら

サメより危険!?ダツとの衝突事故に注意!!

ダツは鱗に反射する光を追う習性があります。そのため、ダイバーや漁師がダツにライトを向けてしまい、突進してきたダツが体に刺さってしまう事故も頻繁に起こっています。沖縄では、ダツはサメよりも危険な魚として漁師たちから恐れられているようです。

泳ぐ速さは時速60~80kmにも及びます。加えてこの長いアゴは対象物に突き刺さったのち、回転を加え肉をえぐることもあるようで、非常に危険な魚だと言えます。釣りやダイビングの際はくれぐれもダツに突進をされないように注意しましょう。

ダツが体に刺さった時の対処法

もし、水中でダツの衝突事故にあってしまった場合は体に刺さったダツを引き抜いてはいけません。ダツが傷口の栓のような役割をしているので、抜いて多量出血になるより、刺さったままの方が一命を取り留める可能性が高くなります。もし、水中でダツが刺さった場合は、すぐさま水中から出るようにしてください。傷口から血が流れ出てしまうのを防ぎます。

応急処置としては、刺さったダツの頭を残して胴の部分を切り落とします。動きを鈍らせるのと同時にダツの重さで傷口が広がるのを防ぎます。ダツは抜かずに、傷口をタオルやガーゼのようなもので抑え、病院に行き適切な処置を受けてください。ダツの衝突事故には数知れない恐ろしい事例がいくつもありますが、手順を追って冷静に対処するば大事には至りません。

ダツの事故事例

死亡事故

1968年沖縄

1968年7月、深夜に電灯潜りをしていた際に、海面から水中ライトで仲間に合図を送った直後、ライトの点滅に反応したダツが男性の顔面に激突しました。

ダツを抜かずにそのまま病院に駆け込むという判断のおかげで男性は右目を失明したものの、一命をとりとめました。
参照:海のもしもは118番 名護海上保安署通信『https://www.kaiho.mlit.go.jp/11kanku//naha/gyoumu/gyoumugaiyou/nagotsushin/H26/No.9.pdf』

2005年ハワイ

2005年7月21日にハワイのカハナ湾でダツに体を抉られた男性がいます。

真夜中にカハナ湾でダイビングをしていたところ、ダツの仲間のクロコダイル・ニードルフィッシュという魚に水中で激突。一緒に沖にでてた友達が男性を船に引き上げ、病院へ直行し一命を取り止めました。

専門家曰く、好んで人を襲う魚ではないため、確率的には非常に稀であると述べてます。
参照:News starbulletin.com『http://archives.starbulletin.com/2005/07/30/news/story4.html』

2014年ベトナム

2014年4月、ベトナムのニチャンの海岸で泳いでいたロシア人女性の首にダツが刺さるという事故が発生しました。7時間半にも及ぶ手術後、女性は一命を取り留めたものの、脊髄を損傷しており大きな後遺症が残ってしまったそうです。

参照:eTN Buzz.travel 『https://www.eturbonews.com/88024/russian-tourist-paralized-after-needlefish-attack-vietnam/』

2018年タイ

2018年12月、タイのオフ海で訓練中の海兵隊の船をダツの群れが襲いました。甲板にいた22歳の男性の鎖骨に刺さってしまい、多量出血により男性は死亡してしまいました。

船の上での衝突事故であったため、病院での適切な処置を受けるまでに時間がかかってしまい、哀しい事故となってしまいました。
参照:Coconuts Bangkok 『https://coconuts.co/bangkok/news/needlefish-rams-thai-marine-killing-training/』

ダツ(駄津)の食べ方

ダツは小骨が多いため料理の幅が狭いイメージがありますが、工夫次第ではダツも美味しく食べることができます。ダツの味は淡白でさっぱりとしているので、焼き物、揚げ物、刺身がおすすめです。

新鮮なダツなら特に刺身がおすすめ。頭側の前半部分は小骨が多いので刺身に不向きですが、後半部分は小骨が無くて捌きやすいので刺身にするなら後半部を使ってください。

ダツは皮に独特の風味があります。三枚おろしにして塩焼きにすると、淡白でさっぱりした身を味わえます。塩焼きや刺身の他にも、油が少ない白身魚という特徴から天ぷらやから揚げにしてもフワフワに仕上がり、とても美味。

ダツ(駄津)のおいしい旬

ダツがおいしい旬の季節は、寒い冬の時期から初夏にかけてとされています。特に6月頃の初夏の時期に獲れるダツには脂がよく乗っていて、おいしいと評判です。

一度は食べて欲しいダツの刺身

新鮮な魚を手に入れたら、刺身でいただきたいですよね。ダツは小骨が気になりますが、臭いに癖はありません。小骨さえ処理してしまえば、ぜひ刺身で食べてみてください。歯ごたえはもっちりとしており、脂分が少ないためにさっぱりといただけます。

刺身でいただく場合は、骨に注意。骨の多い部位を知り、そこを避けて薄作りにすれば問題ありません。最も骨が多い場所は腹骨と中骨です。

腹骨はダツの身に対して包丁を斜めに当て、削ぐイメージで切っていきます。腹骨が取れたら、ダツの半身の中心部分を指でなぞります。指の腹にチクチクと骨を感じることができるので、そこを取り除くように包丁をいれていきます。

指で身を撫でて、太い骨を感じないようなら、刺身用に薄く切っていきます。マグロのように厚めに切ってしまうと、食べた時に小骨を口の中で感じてしまう可能性があります。だいたい1㎝くらいの厚さを目安に刺身にしていきましょう。

小骨も気にならない!なめろう

なめろう 

生姜やネギなどと一緒に味噌で味付けをするなめろう。上手く捌けずに身が崩れてしまった場合はなめろうにしてしまえば立派な一品になります。また、ダツは小骨が多いことから包丁で叩いて作るなめろうとも相性が良いでしょう。

用意するものは、ダツ、薬味(生姜、大葉、ごま、ねぎなど)、味噌。液体味噌は完成したなめろうが水っぽくなってしまうので、避けましょう。

皮を引いたダツをだいたい6mm〜7mm角のサイズにカットしたら、さらに細かくするように叩いていきます。このあと、味噌、薬味を加えてさらに叩くので、ここでは身の形が残っている程度で止めておきます。

事前に細かくカットした薬味と味噌をダツに加えて、混ぜるように包丁の腹でまとめていきます。全体に薬味と味噌が行き渡ったら、ねっとりするまで叩いていきましょう。身の歯ごたえを感じたい人はある程度のところで叩くのをやめます。味を確認して、味噌を足していきます。冷蔵庫で冷やすとより味にまとまりがでて、美味しくいただけます。

なめろうはお酒のおつまみになるのはもちろん、さんが焼きとして楽しめるのも嬉しいポイントですね。

霜降りで臭み対策!ダツのお吸い物(潮汁)

ダツは骨が多く食べるところが少ないと言われていますが、それを逆手にとって美味しくいただくのがダツのお吸い物です。骨から出る出汁が上品で、その出汁を使った汁物は品のある味わい。味噌や梅肉などを加えても、美味しくいただけます。

魚の汁物は旨味とともに臭みも残りやすいもの。気になる方は、臭みを取るために霜降りから行いましょう。

キッチンペーパーでダツのあらの水気を拭き取り、塩を振りかけます。20分ほど放置すると水がでてきますので、流水で洗い流してください。約80度のお湯につけ、表面が白く濁ったら引き上げて、冷水にさらします。この時に、長い時間お湯に沈めると旨味が逃げてしまうので、注意が必要です。

余分な脂、汚れ、血などを取り除けたら、まだ火にかける前の鍋に、お酒、水、昆布と一緒にダツのあらを入れます。沸騰してからダツのあらを入れると旨味が出るよりも先に身に火が通ってしまうので、常温からダツを加えるのがポイント!

一度沸騰させたら、弱火にします。コトコトとゆっくり時間をかけて旨味を抽出してください。この時に、灰汁(あく)もでてきますので小まめに取り除きます。15~20分ほど火にかけたら、ダツのあら、昆布を取り除き、細かい身のくずをこしてください。ダツの旨味が出た美味しいダシが完成です。

お好みで味噌汁にするもよし、梅のペーストを加えるもよし、美味しく食べてください。

-ダツ
-, , ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.