【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

【初心者必見!】堤防釣り初心者のための釣り方5選!

更新日:

堤防釣りを始めたけど、どの魚を狙おう?

堤防でいきなり大型のブリやマダイなどを狙うのもちょっと無理があるし、釣りを始めたばかりの方は特に身の丈にあった釣りやすい魚を狙いたいですよね。

今回はそんな初心者の方にオススメの、堤防で簡単に釣れやすくかつ食べても美味しい魚を5種類ピックアップしてみました。簡単とはいえいつでもどこでも釣れるわけではなく、魚によって釣れやすい時期やポイントも存在しますので、それらもあわせて紹介します。

初心者が狙いやすい魚①シロギス

堤防で釣りやすい魚、まずはシロギスです。

日本全国沿岸の浅めの砂浜に生息しており、ゴカイ類や小型甲殻類を捕食しています。特に夏はより浅場に接岸してくるため数釣りしやすいですが、少し深場に移動する水温が低い時期である春や秋には大型が期待できます。

淡泊な白身魚で調理法としては天ぷらやフライが有名ですが、鮮度の良いものであれば刺身でも大丈夫。

刺身はスーパーなどにはなかなか出回らず釣り人の特権ですが、線虫など寄生虫がいることもあるため、切り身にして発見した場合は生食は避けた方が無難でしょう。これら寄生虫は天ぷらにするなど加熱処理すれば問題ありません。

シロギスは投げ釣りで狙おう!

釣れるポイントとしては、やはりシロギスが生息している砂浜になっている所です。近くに海水浴場など砂浜がある堤防であれば海底が砂浜になっている所も多いでしょう。

釣り方は投げ釣りという、テンビン仕掛けにイソメやゴカイ類など虫エサを付けて投げる、という方法が一般的です。

道具は専用でなくても大丈夫ですし、チョイ投げセットなど竿やリールから仕掛けまでセットになっている商品もあるので初心者の方にオススメ。

釣り方としてはまず仕掛けを投げ入れ、着底後ゆっくり巻いてきます。岩の付近や砂浜の起伏などにシロギスが居着いていることが多いため、仕掛けを巻くのが少し重くなるようなポイントを意識して釣ると釣果が上がりやすいです。

かといって岩場や藻がたくさんありすぎるようなポイントだと、仕掛けがそれらに絡まって釣りにならないためご注意ください。できるだけ遠投して、他者が攻めていないフレッシュでシロギスの群れがいるポイントを発見できれば数釣りも可能でしょう!

初心者が狙いやすい魚②スズキ

出世魚で、セイゴ→フッコ(ハネ)→スズキと、大きくなるにつれて呼び名が変わります。ルアーフィッシングの対象魚として有名でシーバスと呼ばれることも多いです。

淡泊な白身魚で旬は夏、料理法としては洗いが有名でその他ムニエル、フライなどの洋食にも合います。ただ、水質の悪い河口など釣れたポイントによっては、有害物質がスズキの内臓に蓄積されている可能性があり食べない方が無難。

また、アニサキスや粘液胞子虫、ウオノコバンなど寄生虫がついていることも多く、調理の際は十分注意しましょう。

▼スズキの生態や特徴はこちら▼

ルアーで狙える!夜行性のスズキ(シーバス)

スズキは夜行性のため基本的には夜間の釣りで、釣れるポイントは堤防や橋にある常夜灯が当たっている周辺。明かりにプランクトンや小魚が集まってくるため、それらを捕食しにスズキもやってくるわけです。

イソメやゴカイ類が水中に抜け出してくる「バチ抜け」という春先頃の活性の高い時などは初心者でも割と簡単に釣ることができます。

釣り方としてはエサ釣りもできますが、小魚などを模したルアーで釣るのがもっとも手軽で簡単。シーバス用ルアーロッドとスピニングリールにミノーなどのルアーをセットして、投げて巻くだけです。

先述のバチ抜けや明りに集まってくる小魚を意識してルアーを巻く速度を調節したり、最適なルアー選択が釣果につながるでしょう。堤防からでも60cmを超えるような大型が釣れることもよくあるので、タモアミは必ず携行するようにしましょう。

初心者が狙いやすい魚③アジ

次は釣りの対象としても、食用としてもポピュラーな魚、アジ。

アジと一口にいっても、マアジなど堤防から簡単に釣れる小型から1mを超えるロウニンアジ(通称GT)までたくさんの種類がいます。今回はもっとも馴染みのあるマアジについて紹介します。

マアジは刺身、塩焼き、南蛮漬けなどいろんな料理法があり大変美味しい魚ですが、ほかの魚同様アニサキスはじめ寄生虫がついていることがあります。

刺身にする場合は調理時によく注意し、発見した場合は加熱処理しましょう。

▼マアジの生態や特徴はこちら▼

防波堤からサビキでアジの数釣りを狙おう!

アジは夏から秋にかけてが旬の魚で、この時期であれば堤防でも比較的簡単に釣ることができます。アジは回遊魚でエサを求めて浅場や岸近くまで群れで接岸してきたとき、その群れに当たれば簡単に大量に釣れることも珍しくありません。

釣り方はサビキ釣りが簡単で一般的。柔らかい磯竿に針がたくさんついたサビキ仕掛けをセットし、アカアミなどを撒き餌にする釣り方です。

針自体にエサを付けるのではなく、アカアミをカゴに入れたり杓で撒き餌を撒いて、集まってきたアジがエサと間違えて針に掛かってくる、という仕掛けです。

サビキ仕掛けも竿やリールから仕掛けまで一式セットになっている商品があり、初心者の方でも簡単にできます。針が多数付いている仕掛けですから、手や服に刺さらないよう注意して手返しよく釣ることが釣果アップのポイントです。

初心者が狙いやすい魚④サバ

スーパーでよく並んでいてメジャーなのがマサバやゴマサバで、釣りの対象としてもこれらがもっとも釣れやすいです。ただ「サバは足が速い」と言われるように鮮度低下が早い魚ですから、釣れたあとすぐ首を折って氷水に浸けて血抜きするなど、美味しく食べるには迅速な処理が重要です。

またサバはアニサキスを代表とする寄生虫がよくいることでも有名で、塩焼き、味噌煮など加熱処理されることが多く、一般的には刺身で食べられることは少ないです。関サバや金華サバなど地域によってブランド化されていて、後処理がしっかりされて鮮度がいいものであれば、刺身で食べることもできて大変美味しいです。

▼マサバの生態や特徴はこちら▼

▼寄生虫についてはこちら▼

防波堤からサビキでサバを狙おう!

サバの釣り方はアジと同様サビキ釣りが簡単。ただ、サバはアジと同じく回遊魚でアジやイワシと混ざって回遊していることが多く、サバだけを狙って釣るのは難しいです。

また、サビキ釣りで釣れるサバは小型のものが多く、脂もそこまでのっていないため食べてもあまりおいしくありません。そこでそれなりのサイズのサバを釣るためにはシーバス同様ルアーで狙うのがオススメ。

サバ専用の道具は発売されていないため、アジやメバル用のライトなロッドやリールにメタルジグやワームをセットして投げて巻くだけ。サバはよく走る魚ですので引きを楽しめますし、群れにうまく当たれば数釣りもできるかもしれませんね!

初心者が狙いやすい魚⑤イサキ

初夏が旬の魚で、刺身や塩焼き、唐揚げ、煮つけなどいろんな料理ができる美味しい白身魚です。

磯や岩礁帯に生息していて、小型甲殻類やプランクトンを捕食しています。アニサキスはじめ線虫の仲間など寄生虫がいることもありますので刺身で食べるときは注意が必要。

イサキはウキフカセ釣りで釣ろう!

堤防から釣れる浅場にいる個体は縞模様があり「ウリボウ」と呼ばれたりする幼魚が多いです。できるだけ大型の個体が美味しくいただけますが、それらが釣れるポイントは堤防付近が磯や岩礁になっていて、それなりに水深がある所。

そのため釣り方は堤防の真下だけでなく、少し離れた水深があるポイントも攻めることができるウキフカセ釣りがオススメ。ウキフカセ釣りに必要な道具は柔らかめの磯竿とそれに合ったスピニングリール、そしてウキやウキ止め、針などの仕掛けに撒き餌となるオキアミなどです。

オキアミを入れるバッカンやそれを撒くための杓、水汲みバケツなども必要なため釣りに持っていく道具は少し増えてしまいます。

ウキフカセ釣りの方法は、まずウキを付けた仕掛けにオキアミなどのエサをセットし、狙うポイントに投げいれます。続いて潮の流れを見ながら潮上に撒き餌のオキアミを投げ入れ、仕掛けと撒き餌を違和感なく同調させます。イサキは仕掛けのオキアミを捕食することで釣ることができます。

ウキ仕掛けは仕掛けを流す水深(タナとよばれます)を調節することができるため、イサキがいるタナを狙って微調整していくことが重要。仕掛けを流すタナと、潮流の速さに合わせた撒き餌を投入するポイントのバランスを調整するのがコツです!

まとめ

以上、初心者の方にオススメの堤防で釣りやすい魚をまとめてみました。いずれも仕掛けは比較的シンプルで、特にサビキ釣りなどは一式セットになっている商品もあるため釣り初めての方でも簡単にできます。

まずこれらの魚を狙って堤防釣りを始めてみましょう!

-釣り・フィッシング

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.