【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

【初心者必見!】堤防釣りのための初歩的なマナーや心構えを解説!

更新日:

堤防釣りに行きたいけど、釣り初心者だから同席する人に迷惑をかけないか心配…そんな不安がある方に堤防釣りにおけるマナーや心構え、起こりうるトラブルやそれに対する対処法などを紹介します。

…といってもそんなに難しいことはなく、人として当たり前のことをしていれば防げることがほとんどです。ぜひ堤防釣りを気楽に楽しみましょう!

釣りに行く前に確認しよう!堤防釣りでのマナーと心構え

外道が釣れても放置せずリリースしよう!

堤防釣りに出かけると、魚が放置されて干からびているのを見かけることがあります。狙った魚とは違う魚、または食べても美味しくない魚(いわゆる外道)だからという理由で堤防に放置しているのです。

リリースせず放置する釣り人の中には「リリースしたらまた自分や他の人が釣ってしまうかもしれない、外道の魚だから数が減った方が他の釣り人のためにも良いのでは?」などという親切心からそうする方もいるでしょう。

しかし放置された魚は異臭の原因や釣り場環境の悪化につながります。釣りは自然が相手の趣味ですから、魚たちにも釣り場に対しても感謝の気持をもって接する心構えが必要です。

もし外道を釣ってしまっても、陸上や堤防などに放置するのではなく、優しく海に返してあげてくださいね。

先行者がいたら割り込みしない!

当然のことではありますが、良いポイントだからといって先行して釣りしている人に割り込むのはマナー違反です。

自分は割り込んでいる意識がなくても、先行者にとっては不愉快だと感じることもあるかもしれません。特に混みあっている時は、できるだけ間隔を空けて入るように注意しましょう。

お互いの釣り竿を横に向きあって接触しないぐらいの間隔があれば、オマツリもしにくく理想的ですね。

ほかの釣り人に挨拶しよう!

先ほどの割り込みしない!に繋がりますが、先行者の横に入る場合などは特に挨拶するのがマナーです。挨拶といっても「横に入らせてもらっていいですか?」という一言ぐらいでOKです。

前もってその一言の挨拶をするだけでその後お互い気分よく釣りすることができますし、先行者がベテランの方だったりすると釣り方のコツや釣り場の良いポイントを教えてもらえたりするかもしれません。

我が物顔で釣り場に入るのではなく、誰に対しても謙虚な心構えを持っているとみんなが気分よく釣りができるでしょう。

ローカルルールに注意!

地方や釣り場ごとのローカルルールがある場合もあるので注意が必要です。

ローカルルールというのは例えば、普段は空いていて釣りできる堤防だけど、漁師さんが船の発着で利用したり、漁の準備をする時間帯に釣りが禁止されていて、それを知らずに釣りしていて怒られるといったこと。

地域によっては特定の魚種の禁漁期間がある場合もあります。いずれも釣り場である堤防に親切丁寧に書かかれているとは限りませんので、釣りへ行く前に予め情報収集を行うのも大切です。

先ほどの挨拶の話に繋がりますが、その釣り場ごとにいる釣り人と話をすることでそういった情報取集にもなります。

喫煙マナーを守ろう!

釣り場に限らず、近年では路上喫煙の禁止や喫煙場所の制限など外では安易に喫煙ができないようになっています。

釣り場の環境を守るため、喫煙トラブルを防ぐためにも指定場所以外での喫煙はやめましょう。吸い殻のポイ捨てなんてもってのほかです。

これがあれば安心!堤防釣りに用意しておくもの

釣り道具の他に、堤防釣りに用意しておくと便利なものを一部紹介します。

・ゴミ袋

堤防にはゴミ箱がないことがほとんどです。釣り中にでる仕掛けや食べ物などのゴミを入れるゴミ袋を持参し持ち帰りましょう。

・手洗い道具

魚に触れたり、オキアミなどのエサなどを使用していると、どうしても手が汚れてしまいます。手洗い水道がどこの釣り場にもあるとは限らないので除菌タイプの大きめのウェットティッシュなどがあると便利です。

バケツとペットボトルの水を用意して簡易手洗い場を自分で作るのもいいかもしれませんね。

・玉網(タモ、ネット)

アジやイワシなど小魚を狙ったサビキ釣りなどでも、思わぬ外道としてスズキなど大型魚が掛かってくることがあります。素早く魚を釣りあげないと暴れて隣の人の仕掛けにオマツリしてしまうこともあるので、玉網は常に持参しておきましょう。

知っておいて損はない!堤防釣りでのトラブルと対策方法

隣の人と仕掛けがオマツリ

堤防釣りでよくあるトラブルの代表として、自分と隣の釣り人のお互いの仕掛けが絡んでしまう「オマツリ」があります。

例えばウキ釣りとルアー釣りの人など、隣り合って違う釣法をするとオマツリしやすくなってしまいます。対処法としてはできるだけ間隔を空けて、お互いの仕掛けの位置を把握しておくとオマツリが起こりにくいです。

しかし混み合った堤防釣りの場ではどうしても避けられないこともありますから、オマツリしてしまった時は素直に謝って、自主的に迅速な解消できるよう努めましょう。

仕掛けが複雑に絡まって解消が難しそうであれば、率先して自分の仕掛けをカットする!くらいの気持ちを持っておくとその後お互い気分良く釣りできますね。

ただ、明らかに相手の過失で何度もオマツリしてしまうし、改善する傾向がない場合は釣り場を変えることも必要でしょう。どちらが悪い、といったケンカをしても仕方ないですから、広い心をもって釣りに挑みましょう

スマホや財布を海に落としてしまう

シャツの胸ポケットに入っているスマホが前かがみになった時誤って海に落下してしまう、といったトラブルもよくあります。防水の透明ケースに入れて首からぶら下げてそのまま使用できるような商品もあるので、そういった商品で対処しましょう。

高波にさらわれる

特に強風時や潮位が高い日は、思わぬ高波に注意が必要です。

それまでは問題なく釣りができていたとしても、釣りに夢中で潮位が上がってきたことに気付かず、数十回に一度くるような大きな波が堤防を越えてくることもあります。その大きな波にさらわれてしまうトラブルも全国で毎年のように発生しています。

対処法は天気予報をこまめに確認すること、強風や高波になる予報があれば早めに切り上げることといったことで対処ができます。釣りは自然との付き合いですから、周りの環境を把握することも大切です

まとめ

堤防釣りでのマナーやトラブルの対処法などのご紹介をしてきました。

今回紹介したものは基本的なものばかりですが、各地のローカルルールや釣り場における様々なマナーやトラブルはあります。いずれにしても自分がされて嫌なことを他人にしない、という心構えで臨むと周りの人とのコミュニケーションなど含めてより釣りを楽しめるでしょう。

また、一般的な堤防は海釣り公園などのように釣りを目的として作られた施設ではなく、そもそも高波や津波を防ぐための設備であります。釣り場を利用させてもらっているという謙虚な心構えもあわせて持っていれば、防げるトラブルがほとんどだと思います。

釣りは自然が相手である趣味です。決して大自然を侮ることなく、安全第一で釣りを楽しみましょう!

-トピック
-

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.