【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

空を飛ぶ魚「トビウオ」最大飛距離は500メートル!?

更新日:

水の中だけではなく空に居場所も求めた面白い魚、トビウオ。魚なのにヒレを使って飛ぶと言う世にも珍しい生態は人を惹きつけて止みません。実は食用魚としても重宝されており、上品な旨味と淡白な味わいが特徴で刺身や焼き物の他に、アゴダシにも使われています。

トビウオの特徴

トビウオといえば、ヒレを翼のように広げて水面の少し上を高速で飛んでいる姿を想像する人が多いですよね。滑空する魚として非常に有名ですが、500メートルも滑空することもあるとはご存知でしたか?

さらに、空中を滑空しているときの速度は、なんと時速50〜70キロメートルにも達するのだとか!体長は30〜40センチメートルと決して小さくは無いのですが、身軽に飛べる秘密の1つが、消化器官にあります。トビウオは胃を持っておらず、消化器官が直線状になっているのです。

体の中に食べ物をなるべく残さず体重を軽くすることが、長距離の滑空に役立っているのでは?と考えられています。

トビウオの釣り時期・生息ポイント

トビウオは陸地に近い沿岸部や海の表層近くなど、水深の浅い場所に多く生息しています。世界中の暖かい海で見かけることができ、国内でも北海道より南の太平洋や日本海でよく見られる魚です。

基本的には沖合を回遊している魚ですが、春から夏の産卵期は沿岸に近づいてきます。トビウオを釣りたい人は、回遊するのを追いかけるよりも、産卵期に沿岸で待ち構えて釣るのが効率良いでしょう。

トビウオの餌

トビウオは動物プランクトンや甲殻類を捕食します。釣りの餌には、オキアミ、アミエビ、 サビキ、ワームなどが最適です。

撒き餌としても使いたいので、オキアミブロックなどを用意すると、釣れる確率が高まります。また、餌が無くても夜間に光に集まる習性を利用して、大量のトビウオを漁獲することもできるそうです。

トビウオの漁獲法

トビウオには夜間に船からライトを照らすと、明かりに誘き寄せられるという習性があります。釣りで1尾ずつ狙うよりも、集まってきたトビウオを網で掬う方がたくさん獲れるかもしれません。実際に、このような漁獲法を「アゴ掬い漁」といい、古くから日本で行われてきた伝統的な漁となっています。

アゴ掬い漁は、現在はあまり一般的な漁獲法ではありませんが、トビウオを「県の魚」に指定する島根県では、一般客が体験できる機会が設けられているのだとか。その他、刺網漁、まき網、定置網などでもトビウオは漁獲されています。

トビウオを釣った後に気を付けたい事

トビウオは泳ぎ続けていないと呼吸が出来なくなってしまうので、釣った後に生きたまま運搬するのは至難の業なのだそう。運んでいる間に死んでしまうことが多いため、新鮮な状態での運搬や飼育が難しい魚なのですね。

また、他の魚と同様に、アニサキスなどの寄生虫が付いている可能性はあります。特に刺身など生で食べる場合は、新鮮なうちに捌き、内臓はしっかりと取り除いて、身に異常が無いか目視で確認しましょう。

▼アニサキスの対処法を知りたい方はこちらをタップ▼

トビウオのおいしい旬

トビウオがおいしい旬は6〜8月になります。この時期は特に脂が乗っているため、おいしいと言われています。

トビウオの食べ方

獲れたての新鮮なトビウオなら、ぜひ刺身で食べてみてください。上品な旨味が特徴の白身魚で、他の青魚と比べても臭みが少ないのだとか。翼のように大きくて美しいヒレを活かし、姿造りにしたい魚でもあります。

刺身の他にも、淡白な味わいなので、塩焼きや煮付けなど、様々な料理に合う魚です。また、干物にすると良い出汁を取れることでも知られています。島根県では、トビウオのすり身で大きなちくわを作り、香ばしく焼き上げる「あご野焼」という加工品が有名とのこと。

トビウオの名前の由来、トビウオを英語で言うと?

「トビウオ」という名前は、胸ビレを大きく広げて空を飛ぶように水の上を滑空する姿が由来となっています。英語でも「flying fish」つまり「飛ぶ魚」と呼ばれており、日本語の直訳となっています。

日本海側の各地や九州では「アゴ」とも呼ばれていて、島根県でも「アゴ」の方が一般的なのだとか。「アゴ」の名前の由来は、あごが外れるほど美味しい魚、という意味から来ているそうです。

-トビウオ
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.