【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

白身のトロは伊達じゃない!ギンダラ!

更新日:

ギンダラの特徴

ギンダラはスズキ目ギンダラ科に分類される魚で、タラという名前がついている通り、外見はタラによく似ていますが、タラの仲間ではありません。生物の分類は非常に細かく分けられていますが、ギンダラが分類されているギンダラ科には本種とアブラボウズという魚しか分類されておらず、その下のギンダラ属は本種のみで構成されています。

タラに似ているとのことですが、実際はオンリーワンな種類なんですね。全長は1メートル程度で、やや左右に側偏しています。タラに良く似た姿をしていますが、下顎にはヒゲがなく、背ビレが二基しかないので判別することが出来ます。

体色は黒っぽく、名前のとおりの銀色にはあまり見えません。以前はタラの代替魚として取り扱われていましたが、身が脂っぽいこともありあまり好まれず値段も安かったそうです。

しかし、近年では日本人が脂を好むようになったことから価格が高騰しているようです。「白身のトロ」とも呼ばれており、タラの代替魚から一変、高級魚へと躍進しました。

スーパーや魚屋さんでは切り身として売られていることが多く、高級魚の割には本当のギンダラの姿はあまり知られていません。とある教科書では、ギンダラだけ写真が切り身のものが使われていたことがあり、少々扱いが不遇のようです。

ギンダラの釣り時期・生息ポイント

オホーツク海沿岸、ベーリング海などの北太平洋に生息しており、日本では東北以北の沿岸に生息しているようです。

水深300メートルから600メートルの深海で暮らす深海魚で、主に泥底地帯に生息しています。冬になると産卵を行い、孵化した稚魚は表層から中層の浅い場所で生活しますが、成長に伴い深い場所へと移動していきます。

ギンダラの餌

甲殻類やイカなどの頭足類、小魚などを捕食する肉食性で、口に入るものはなんでも食べると言われています。

ギンダラの漁獲法

現在、日本ではギンダラを釣る為に船を出している漁船はほとんどないようで、釣りの方法についても不明瞭です。深海釣りで他のターゲットを狙っている際に運良く釣れることを期待しましょう。

漁獲方法は主に底引き網漁と延縄漁で行われています。ギンダラ漁はカナダやアメリカ、ロシアで盛んに行われており、輸入される量も多いようです。カナダやアメリカでは養殖にも力を入れており、新鮮なものがより手に入りやすくなってきました。

日本でもギンダラ漁は行われていますが、漁獲量制限や行業規制により、漁獲量は年々減少していっているようです。

ギンダラの釣った後に気を付けたい事

滅多に釣れることはありませんが、運良く釣れた場合はそのギンダラを食べてみたいことだと思います。魚には必ず寄生虫がいるものだと思い、調理の際は気を付けて捌いてくださいね。不安でしたら火を通す料理でいただきましょう。

ギンダラのおいしい旬

ギンダラの旬は秋から冬にかけてと言われています。冷凍して輸入されることがほとんどなので、1年中流通しています。

ギンダラの食べ方

基本的には切り身の姿で売られていることが多いです。輸入品は冷凍されて入ってくるので、購入の際は解凍されたものより冷凍されたままのものの方がおすすめです。くせのない白身ながら、脂がよく乗っていますよ。

熱を通しても硬くならないので、どんな料理にも使える万能魚です。養殖されたものはチルド状態での輸入も多く、そういったものは刺身にも使えます。白身のトロとも言われており、口の中でとけるような味わいを是非堪能してみてください。

ギンダラの名前の由来

ギンダラの名前の由来は体がタラに似ており、そのタラに比べて体色が銀色に近いことからこのように名付けられました。

別名ではホクヨウムツやホクヨウアラ、ナミアラなどと呼ばれています。英名では「sablefish」と呼ばれています。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.