【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

天ぷらの大御所「ギンポ」幻の高級食材!

更新日:

ギンポの特徴

ギンポはスズキ目ニシキギンポ科に分類される魚です。体長は20センチメートルほどで細長い体を持ち、茶色の体色に茶褐色の斑点の模様を持っています。一見するとドジョウのように見え、お世辞にも綺麗とは言えない地味な外見です。しかし、実はこのギンポ、天ぷらにするととても美味しい魚として有名で、天ぷら業界では「ギンポを食べずして天ぷらを語るなかれ」、「江戸っ子たるもの、借金してでも春はギンポを喰え」と言われるほどなんです。あまり馴染みの無い魚かもしれませんが、天ぷら店の多い東京では少ない漁獲量と相まって、幻の高級食材として名を馳せているのです。ユニークな習性として、ギンポのオスは卵の周りを体でグルり囲んで守る姿が見られます。卵をしっかりと守る姿は正にイクメンパパで、面白い魚として人気が高い魚だったりもします。

ギンポの釣り時期・生息ポイント

北海道南部から長崎までのほぼ日本全域に生息しており、実はとっても身近な魚なのです。水深20メートル付近の浅い岩場に生息しており、他にも潮だまりや藻場にいることも多いようです。体が入るすき間に入り込んで、その中で餌が近くに来るのを待っており、穴から頭だけを出して辺りを覗いている姿が見れます。ほぼ1年を通して狙える魚であり、特に水温の高くなる春から秋にかけてがよく釣れる時期です。

ギンポの餌

ゴカイなどの底生生物を食べる肉食性で、釣り上げる際はイソメやオキアミが使用されることが多いです。

ギンポの漁獲法

主にテトラポットでの穴釣りでよく釣ることが出来ます。竿は取り回しのしやすい1メートルほどの短い竿を使うといいですよ。ギンポ自体が大きくない魚なので、短い竿でも充分に釣ることが可能です。仕掛けは根がかりがしにくい、重りと針が一緒になったブラクリ仕掛けがおすすめです。テトラポットの間のすき間に仕掛けを入れたら、あとはギンポがかかるのをじっと待ちましょう。

ギンポを釣った後に気を付けたい事

ギンポは背びれが硬い棘で出来ているので、持つ際は怪我をしないように気を付けて持つようにしてください。また、ギンポを釣る際は主にテトラポット帯での釣りになるかと思います。テトラポットは滑りやすく、転倒する恐れがあるため、しっかりとした足場で釣ることを心掛け、靴も滑りにくい釣り用の靴を履いていきましょう。鮮度が落ちると味がかなり落ちてしまうそうなので、できれば活きたまま持って帰ることができるようにクーラーボックスを用意しておきましょう。

ギンポのおいしい旬

旬は春から夏にかけてと言われています。

ギンポの食べ方

ギンポの身は弾力に富んでおり、味わいは淡白であるとされています。上品な味わいで臭みも無く、しっかりと旨味もあるそうですよ。天ぷらでの美味しさが話題になるギンポは、やはり一度は天ぷらでその美味しさを味わっておきたいですね。身そのものにしっかりと旨味がつまっている為、余計な味付けはいらず、塩だけでとても美味しくいただけます。旨味が強いので、天ぷら以外にも様々な料理にも向いています。刺身にして食べてみると、ほのかな甘みを感じ、独特の食感がすることからまるでフグのように感じることもあるんだそうです。

ギンポの名前の由来

ギンポの名前の由来は諸説ありますが、漢字で「銀宝」と書くことから姿が江戸自体の銀貨である丁銀に似ているからという説と、ギンポは死ぬと死後硬直により体が固まり、体色も変化して白っぽくなることからまるで銀棒と呼ばれ、それが変化していきギンポとなったという説があります。地方名も面白く、三重や大阪ではカミソリと呼ばれており、これは背びれにある棘が鋭いことかによるものだと考えられています。同じような理由からカミソリの他にも、ナギナタやナワキリとも呼ばれ、なんだかカッコいい印象を持ってしまいますね。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.