【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

密度高く群れる魚「ゴンズイ」小さいけれど毒の持ち主

更新日:

ゴンズイの基本情報

ゴンズイはナマズの仲間であり、よく沿岸などで群れを作って泳いでる影を目の当たりにします。
沖釣りや堤防釣りで良く釣れる魚ですが、小さい体に似合わず毒を持っているため、取り扱い注意!

ゴンズイの名前の由来

ゴンズイの名前の由来はよくわかっていないようです。

良く釣れる魚のため、様々な地方名があり、兵庫では「ギン」、山口では「ギギ」。
その他「ウグ」「ウミギギ」「ウミナマズ」「エドミズ」「カラコ」「ギギュウ」「ギュウギュウ」「ギンギ」「ギンギョ」「グイ」「グキウオ」「グシャコ」「グチノイオ」「グング」「グンシャク」「ゴズイオ」「ゴンジ」「ゴンジイ」「ゴンゼ」「ゴンセー」「ズルベ」「ユルベ」「ユルメ」…などと呼ばれることがあります。

ゴンズイの特徴・生活史

ゴンズイの体長は10センチメートルから20センチメートル程度の小さい魚です。
沖縄などの暖かい海では30センチメートル程度まで成長することもあるようです。

また、ゴンズイはググっという音を出す魚として知られています。この音は棘と棘の基底部を擦り合わせて鳴らしているようです。

ゴンズイの外見的特徴として、ナマズのような体型、色は茶褐色です。
頭部から尾部にかけて黄色い線が縦に2本入っており、この線は幼魚ほど鮮やかな黄色をしています。
ゴンズイには鱗が無く、表面は粘液で覆われています。

背ビレと胸ビレの第一棘条には毒があり、これが毒針となっています。この毒針に刺されると激痛に襲われるため注意がひ
この毒はゴンズイが死んだ後も効能があり、裸足で死んだゴンズイを踏んでしまい、激痛に襲われるということもあるようです。

ゴンズイの生態・住んでいる場所

ゴンズイは房総半島から九州南岸までの太平洋沿岸に多く分布しています。
集団で行動する習性があり主に岩礁や防波堤の近くなどの浅い場所で密度の高い群れを作っています。
密度の高い群れは大きな団子状になるため、「ゴンズイ玉」と呼ばれています。

また、ゴンズイは夜行性であり、特に夜間に磯や防波堤の周辺を回遊しており、このときに釣れることが多いようです。

ゴンズイの産卵期は5月から7月。
産卵期になると、群れから離れてオスとメスがペアになって直径10センチメートル程度の円形の産卵床を作ります。
卵の大きさは直径約3ミリ程度であり、海中をバラバラにさまよう「分離沈性卵」。
産卵後の卵はオスが保護します。

またゴンズイは雑食性であるため
主に甲殻類や貝類などの底生動物を捕食しています。幼魚は他の魚の体の汚れを食べることもあるようです。

ゴンズイの旬と釣り時期

釣りでゴンズイを専門に狙う人はあまりいませんが、よく釣れるのは初夏から秋頃です。
ゴンズイは夜行性のため、夜釣りで釣れることが多く、防波堤や沿岸などの比較的浅い場所で釣ることができます。

食用としては流通しておらず、稀に入荷されることはあっても非常に安価で販売されます。
カゴ漁、定置網で他の魚に混ざって漁獲されることがあります。

ゴンズイの食材情報

ゴンズイには毒針があり、あまり食べられることはありません。
ゴンズイの毒はタンパク毒であるため、加熱することによって失活します。
毒針さえ取り除けば美味しい白身魚なので、生食で食べるのは控えしっかりと調理してから食べるようにしましょう。

もし調理中や釣りの際に刺された場合はすぐに棘を引き抜いて毒を吸い出してください。
痛みが引かない場合は40~50度の火傷をしない程度の熱湯に患部を浸してすぐに病院に駆けつけてくださいね

<

ゴンズイの美味しい食べ方

棘には毒があるため、調理の前には必ず棘を取り去ること!
房総半島では味噌汁の具にして食べられています。

ゴンズイの甘い出汁が出て美味しいんだとか。

ゴンズイのレシピ

味噌汁、蒲焼、煮付け、天ぷら、にして食べると美味。

-魚・食材図鑑
-, ,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.