【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

鋭い歯を持つ鰹!「ハガツオ」漁獲量の低いローカルな魚!

更新日:

ハガツオの特徴

ハガツオはスズキ目サバ科に分類されるやや大型の回遊魚です。全長は60センチメートルほどで、カツオと比べるとやや小ぶりのサイズですが、稀に1メートルを超える大型の個体もいるようです。

ほっそりとした体つきで頭も細めですっきりとしています。お腹側は白色で、黒色の背中には細長い縦の縞模様が7本ほど入っています。目と口が大きく、がっしりとした顎には最大の特徴である鋭い歯を持っています。

ハガツオを狙って漁をすることはないようで、カツオやマグロを狙って漁で一緒に水揚げされており、漁獲量は高くありません。

食べるととても美味しい魚なのですが、鮮度が落ちるのが非常に早い為カツオと比べると味が劣るとされ、産地周辺でしか消費されることがなく、やや知名度が低い魚です。

ハガツオの釣り時期・生息ポイント

インド洋から太平洋の温帯域に広く分布しています。日本でも北海道から九州までの広い範囲に生息しており、主に春から秋にかけて北上して、秋に南へ下っていく季節回遊をしています。

沿岸の表層付近を群れを成して回遊していて、ハガツオの群れはカツオやマグロと一緒になって大きな群れを形成することもあるそうですよ。

基本的には表層付近を泳いでいることが多いのですが、水深200メートル以上の深場や、磯や防波堤からも釣られることがあり、広い生活圏を持っていると考えられています。

釣り時期は岸辺に寄ってくる夏から秋にかけてと言われていますが、回遊しているので地域や年によって姿を現す状況はまちまちだそうです。

ハガツオの餌

小魚やイカなどの頭足類、甲殻類をその鋭い歯で捕食しています。釣りではルアーで狙うのが一般的なようですが、アジなどの活餌を使った泳がせ釣りでも狙うことが可能です。

ハガツオの漁獲法

ハガツオは船から狙われることが多いですが、堤防や磯からでも狙うことが可能です。どちらでもルアー釣りと泳がせ釣りが一般的な釣り方となっています。

装備は狙う層やフィールドで大きく変わってくるので、環境に合わせた装備を整えてくださいね。岸から狙う場合は、ハガツオは岸から遠いところを泳いでいることが多いので、出来るだけ遠くに飛ばせて飛距離が出る釣具を使うと良いですよ。

ハガツオを釣った後に気を付けたい事

ハガツオは毒は持っていませんが、名前の通りの鋭い歯を持っているので、ふざけて口に指などを入れると思わぬ怪我をする可能性があるので注意してください。

また、ハガツオにはアニサキスがいることが確認されているので、調理の際は目視でしっかりと確認して、不安であれば60度以上の温度で1分以上加熱するか、マイナス20度で24時間ほど冷凍処理を行ってください。

▼アニサキスの対処法を知りたい方はこちらをタップ▼

ハガツオのおいしい旬

ハガツオの旬は秋から冬にかけてが、身に脂が乗って美味しいとされています。

ハガツオの食べ方

非常に美味しく旨味も強いハガツオは、カツオとサワラの中間的な味わいと言われています。赤身ですが若干色は薄く、酸味もあまり強くありません。

鮮度が落ちるのが非常に早い為産地以外では中々食べられませんが、その分新鮮なハガツオの刺身は柔らかく鉄臭さもないので絶品です。カツオのようにたたきにしても美味しくいただけますよ。火を通すと若干硬くなりますが、煮つけや焼き魚にしても美味しく食べられます。

ハガツオの名前の由来

ハガツオの名前の由来は鋭く大きな歯を持つことから歯のカツオとしてハガツオと呼ばれています。頭の形が狐に似ていることからキツネガツオと呼ばれたり、体に入った縦の縞模様が特徴的なことからスジカツオと呼ばれることもあるようです。

また、別名にホウサンという名前があり、これは鮮度が落ちやすく、痛んでくると独特なクセのある匂いを出す為このように呼ばれているそうです。英名は「Striped bonito」です。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.