【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

【初心者必見】はじめてのルアーフィッシングの前に読んでほしい虎の巻!基本やキャスティング方法をご紹介!

更新日:

ルアーフィッシングとは餌の代わりにルアーと呼ばれる疑似餌を用いて釣りをすることから、ルアーフィッシングと呼ばれています。

釣り初心者からは若干ハードルが高く、餌釣りに比べて釣れないというイメージを持たれていると感じることが多いのですが、全くそんなことはありません。

シュチュエーションによっては餌釣りよりもたくさん釣ることが可能ですし、また疑似餌を用いるのでイソメ等虫餌に触れること必要がなく、女性、子供、虫餌が苦手な方でも簡単に始めることができます。

この記事ではこれからルアーフィッシングを始める人向けに、どういったルアーで、どういった場所で、どういった魚を釣ることができるのか、またルアーフィッシングで必要な技術、キャスティングと呼ばれるルアーの投げ方等を説明して行きたいと思います。

基本の2種!ソフトルアーとハードルアーを紹介!

ルアーフィッシングで最も重要なのは、シュチュエーションに応じた正しいルアーの選択です。

そのためには、ルアーの種類について多少知っておく必要があります。最近は本当にたくさんの種類のルアーがあるのですが、ハードルアーとソフトルアーの大きく二種類に分けて紹介いたします。

ハードルアーとは?

まずハードルアーとは、その名の通り、プラスチックやウッド、金属など硬い素材で作られたルアーのことを指します。

このハードルアーの中でも、たくさんの種類に分けることができるのですが、代表的なものを幾つか紹介します。

・トップウォータープラグ・・・水面を引くことができる
・ミノープラグ・・・リップがついていることから狙った水深を長時間引くことができます。
・バイブレーションプラグ・・・幅広い水深を探ることのできる遠投
・メタルジグ・・・水深のあるエリアに適している

一部だけ紹介いたしましたが、ハードルアーはこれらの他にも様々な種類があります。ターゲットやシュチエーションによって使い分けましょう。

ソフトルアーとは?

次にソフトルアーですが、こちらもその名の通り、合成樹脂やラバーで作られた柔らかいルアーのことを指します。

ハードルアーのようにフック付きで売っている場合が少なく、自分でフック、必要に応じてはシンカーを追加で購入する必要があります。

こちらもハードルアーと同じくたくさんの種類があります。シンカー付きフックを用いるジグヘッドリグ、根掛かりの多いエリアに強いテキサスリグ、またシンカーを用いず、フックだけのノーシンカーリグなどが代表的です。

またソフトルアーはハードルアーに比べて安価なのが特徴です。

ハードルアーは新品で買うと多くが1つで1000円以上するのに対し、ソフトルアーは1パッケージ500〜800円程度で10〜15ピースほど購入できることが多いです。なので、根掛かりしてルアーを無くしてしまっても経済的ダメージが少なく、よりお金をかけずにルアーフィッシングを楽しむことができます。

ルアーフィッシングの種類

ルアーフィッシングは淡水域でのフレッシュウォーターフィッシング、海水域でのソルトルアーフィッシングの大き二つに分けられます。

日本におけるフレッシュウォーターフィッシンングは、バスフィッシング、トラウト(鱒)フィッシングが主な種類で、フィールドもターゲットもあまり多くありません。その点、日本は島国ですので、ソルトウォーターフィッシングはフィールド、ターゲットともに世界最高レベルです。

ここでは主に海のルアーフィッシング、ソルトルアーフィッシングを紹介して行きたいと思います。

ライトソルトルアーフィッシング

まず初心者の方にオススメしたいのが、身近な漁港やベイエリア等で、小型のルアーを用いて行うライトソルトルアーフィッシングと呼ばれる釣りです。

この釣りでは本当にたくさんの魚がターゲットになるのですが、特にオススメしたいのが、漁港などで、1~2g前後のジグヘッドリグ、5センチ前後のミノープラグを用いて、メバル、カサゴ、アジ等を狙う釣りです。

釣り方

釣り方はルアーを投げて、アジ、メバルは表層から中層を、カサゴは底をゆっくりと巻いてくるだけです。また漁港が近くにない場合は湾奥の運河等で、同じルアー、同じ釣り方でシーバス(セイゴ、フッコ)、チヌ(クロダイ)を狙うことも可能です。

シーバス、チヌを専門で狙う場合はルアーのサイズ、ウエイトを少し大きくしても可能です。この場合シーバスは表層から中層、チヌは底を狙いましょう。

またこれらのターゲットは全て夜行性なので、日中よりも夜間の方が簡単に釣ることが可能です。

サーフフィッシング

陸からのルアーフィッシングとしてぜひトライしてみてほしいのが、サーフフィッシングです。サーフフィッシングは、サーフすなわち砂浜などの浅瀬に近づいて行います。サーフフィッシングでの主なターゲットはフラットフィッシュ(ヒラメ、マゴチ)、小型回遊魚(イナダ、シオ)に分けることができます。

これらのターゲットは同じサーフで釣ることが出来ますが、釣り方や使うルアーが大きく異なってくるので、しっかりと違いを知っておく必要があります。

サーフフィッシングの定番!フラットフィッシュ(ヒラメ、マゴチ)を狙うためには

まずヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュですが、広いサーフの中から、離岸流、払い出しと呼ばれる部分を探し、狙いを絞りましょう。

他の部分が沖から手前の流れがあるのに対し、離岸流は手前から沖に流れがあります。慣れてくれば目で見るだけですぐにわかるようになるし、ミノープラグ等を引けば明らかに引き抵抗が違うので、すぐにわかります。

ヒラメ、マゴチは離岸流付近に必ずと言っていいほど潜んでいるので、12~14センチ前後のミノープラグをメインに、バイブレーションプラグメタルジグ等でしつこいぐらい重点的に狙いましょう。

ヒラメを狙う場合は中層を、マゴチを狙う場合は底を重点的に狙うと効果的です。

イナダなどの小型回遊魚を狙うには

次に小型回遊魚ですが、こちらは他の魚と違い、同じサーフにずっといるわけではないので、過去の実績や、釣具屋での釣果情報を頼りにポイントを選定しましょう。

イナダなどの小型回遊魚の釣果情報が無くても、イワシ等エサになる魚が回遊していれば、ターゲットも回遊している可能性が高いです。
釣り方はイワシ等が水面付近で捕食されているのが確認できる場合は、トップウォータープラグミノープラグで水面付近を、確認できない場合はメタルジグを使用してサーフを幅広く探りましょう。

オフショアフィッシング

また陸からの釣りに比べて少しお金がかかってしまいますが、機会があればオフショアフィッシング、すなわち船からのルアーフィッシングに挑戦することも非常におすすめです。

陸からではなかなか釣ることのできないターゲットが狙える他、ルアーを投げる必要のない釣りが多く、また船頭や同船者のサポートも受けられるため、船にさえ乗ってしまええば、比較的簡単に魚を釣ることが可能です。

初心者におすすめ!「鯛ラバ(タイラバ)」とは?

なかでもマダイを狙う"鯛ラバ"と呼ばれる釣り方は、鯛ラバと呼ばれるこの釣り専用のソフトルアーのようなルアーを海底まで落としてゆっくり巻き上げてくるだけという非常に簡単な釣り方で、初心者が初めてのオフショアフィッシングをするのに最もおすすめな釣り方です。

タイラバになれたら次はこれ!「ジギング」とは?

鯛ラバを通してオフショアフィッシング自体に慣れることができれば、次のステップとしてはジギングがおすすめです。

ジギングとはメタルジグを狙いの層まで落とし、アクションを加えながら巻き上げてくる釣り方で、主なターゲットは大型の回遊魚、ブリやカンパチになることが多いです。

ルアーを落として巻き上げてくるという点では鯛ラバと共通していますが、ジギングはターゲットに合わせたアクションを加えていく必要があるので、その分少し難易度が上がります。

陸からではなかなか狙うことのできない大型魚のターゲットを狙ったキャスティングの釣りもおすすめです。中でもシイラは、トップウォータープラグへの反応が良く、ファイトも派手なため人気の魚種です。

基本的なルアーの投げ方を知ろう

キャスティング方法、すなわち投げ方もいろいろな手法があります。シチュエーションに合わせて使いこなせるようになりましょう。

キャスティングの基本!オーバーヘッドスロー

オーバーヘッドスローはキャスティングの基本になります。剣道の面をイメージしていただけるとわかりやすいですが、ロッドを真後ろに倒し、そのまま180度前に倒してキャストします。

このキャストは風に弱いというデメリットはありますが、数あるキャスティングの中でも飛距離、精度ともに安定しているので、風やキャストの邪魔になる障害物等ない場合はこちらのキャストをメインに使用することをおすすめします。

真横からロッドを振る!サイドスロー

その名の通り、ロッドを真横から降ってキャストします。

オーバーヘッドに比べて縦のスペースを取らないため以下のような場合に適しています。

・真上に木など障害物がある場合
・橋の下を狙う場合
・船の上で同船者
・帆等が障害物となってオーバーヘッドキャストが出来ない場合

またルアーの弾道が低く、風の影響を受けにくいため、強風の日にルアーの飛距離をあまり落とさずキャストすることが可能です。

ただ、慣れないとルアーをまっすぐ飛ばすことが難しく、また風のない状況ではオーバーヘッドキャストに比べて飛距離も劣るため、オーバーヘッドキャストの方がコントロール、飛距離共に勝ります。

コンパクトにキャストができる!アンダーハンド

こちらもその名の通り、ロッドを下から上に動かす動作でルアーをキャストします。

使うシュチュエーションとしてはロッドを振るスペースが非常に狭く、サイドスローすらままならないシュチュエーションで行います。

具体的には、バスフィッシングやトラウトフィッシングで周りに木や枝が生い茂っているとき、またオフショアフィッシングでも同船者が多い状況などは多用することがあります。

またアンダーハンドは至近距離であれば、慣れればかなり高い精度でキャストすることができるため、キャス精度が求められるシュチュエーションでは最も多用します。

ピッチング

ピッチングは、たらしと長く取り、ルアーをロッドを持つ手と反対の手に持って、そのままロッドを下から上への動きでルアーを水の中へ置きに行くようなイメージです。

バスフィッシングで多用されますが、アンダーハンドキャストでカバー可能な場合が多い点、慣れないとフックを手に引っ掛けてしまうことがある点などからはじめのうちは無理に覚えなくても、上記三つのキャストのみでも大丈夫だと思います。

ですがこちらも慣れれば非常に高い精度でキャストが可能だし、最も静かにアプローチが可能なので、覚えておいて損はないでしょう。

まとめ

この記事ではルアーフィッシングを始めるにあたって、基本的な情報を紹介しました。筆者自身、やはりルアーフィッシングの大きな魅力の一つとして、気軽に釣りができる点があると思っています。

釣りに行く前にエサを買いに行く必要もないし、身近な釣りであれば、大掛かりな道具も必要ありません。なので、あまり深く考えずに、まずは実際にフィールド出てみることをおすすめします。

現場に出て初めてわかることは非常に多く、それは文献等で補うことはできません。また自分で試行錯誤を繰り返して釣った魚は、サイズにかかわらず喜びはひとしおでしょう。

-マサバ
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.