【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

【ハコフグ】皮の毒にはご用心!意外と知られていないハコフグの味噌焼き?!

更新日:

ハコフグといえばさかなクンのトレンドマークの帽子で一躍有名になった魚です。硬い甲羅で身を守っており一つ一つが六角形に近い形をしています。顔が愛らしいハコフグの特徴を紐解いて行きましょう。

ハコフグの名前の由来

名前の由来としては箱の形をしているフグということで正にそのままな名前です。「ウミスズメ」や「カクフグ」とも呼ばれることもあるそうです。

味噌焼きが有名な長崎県の五島列島ではカトッポと呼ばれており、そのまま料理名ともなっています。また、「米を5合食べられほど美味しい」とのことから「ゴンゴブ」とも呼ばれるそうですよ。

英語名では「Blackspotted boxfish」、「黒い斑点のある箱の様な魚」と呼ばれ、こちらも外見的な特徴を表わした名前となっています。

ハコフグの生息域

ハコフグは沿岸性の種で、水深50メートルほどの岩礁域に生息しており、温かい海を好む魚です。太平洋からインド洋まで広い範囲で分布しており、日本では本州以南で見かけることが出来ます。

ハコフグの特徴

ハコフグの体色は黄色か黄褐色に青色の斑点を持った少し華やかな姿をしています。ハコフグは全身が骨盤で覆われており、これが四角いことにより箱の様な見た目となっていますが、硬い骨盤のせいで泳ぎはあまり上手ではありません。

小さなひれを一生懸命使って泳ぐ様は不器用ながらとても愛らしく、観賞魚として飼育されることもしばしば。愛らしい見た目のハコフグですが、皮膚に毒を持っているので取り扱いには注意が必要です。観賞魚として飼育する場合も、他の魚との混泳は避けた方が良いでしょう。

長年ハコフグは内臓には毒は無いと考えられてきましたが、近年になり生物濃縮で内臓に毒を持つ個体が確認された為、食用とする場合はより一層の注意が必要です。

全長はおおよそ20センチメートルほどで、大きいものは40センチメートル近くになるそうです。

漁獲法

釣りの対象として専門的に狙われることはあまりありませんが、サビキ釣りなどで釣ることが可能です。むしろ、他の魚を狙っているところにハコフグが釣れてしまうということの方が多いのではないでしょうか。

非常にゆったりと海中を泳いでおり、動きが遅く捕まえやすい為、釣りをするよりも銛で突いて捕まえる方が早くて良いという方もいるようです。

ハコフグの釣り時期

温かい水温を好むので、7~10月までの夏の時期に釣りやすいでしょう。

ハコフグの餌

貝類や海綿、小型の甲殻類を主に食べるとされています。雑食性なので、一般的な釣り餌で釣ることが出来ます。

ハコフグを釣った後に気を付けたい事

ハコフグは皮膚にパフトキシンという粘液性の毒を持っている為、素手で触ることは控えるようにしましょう。ハコフグ自身も自分の皮膚毒で死んでしまうことがあるため、気を付けてあげましょう。

調理する場合は手袋をし、たわしなどで皮を洗ってから行いましょう。また、皮膚だけでなく体内にもパリトキシンという毒を持っている場合があります。この毒は元々ハコフグが持っているものではなく、ハコフグが他の生き物を食べて毒素を体内に蓄積させたことによって発生する毒となっています。

パリトキシンはフグ毒であるテトロドトキシン程ではないですが、充分に危険であり、過去には食中毒で死亡した例もあります。対策としては釣ったものは自己責任となるので、食べないぐらいしか出来ませんが、命にかかわることなので気を付けたいですね。

▼魚の毒についての関連記事はこちら▼

ハコフグの食べ方

ハコフグは一般的に食べられることはあまりないですが、一部の地域で味噌焼きや刺身として食べられています。小さい魚で毒もあるということから、調理法が発展途中で少ないですが、味自体は淡白でくせのない味わいが楽しめるようですよ。

特に味噌焼きは長崎県の五島列島に伝わる郷土料理、ハコフグの固い骨格を活かした見た目にも面白い料理となっています。

ハコフグのおいしい旬

食用として主に漁獲される魚ではないので、旬は不明となっています。

-ハコフグ
-, , ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.