【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

ハオコゼ|可愛くても毒を持つ魚!水族館の人気者!

投稿日:

ハオコゼ

個体によって様々な模様にずんぐりとした体で可愛らしい顔をしたハオコゼは、その愛らしい姿に似合わず実は強力な毒を有している危ない魚だったりします。釣りの外道としてもよく釣れることがあり、海水浴場などにも出没するので不用意に触らないようにしましょう。

ハオコゼの名前の由来

ハオコゼの名前の由来はその姿が紅葉の葉を連想されることから来ていると考えられています。その為、ハオコゼを漢字で書く際には葉という漢字が入り「葉鰧(はおこぜ)」と表記されます。

また他には背ビレが立つと歯のように見えることから「歯オコゼ」であるという説もあります。

ハオコゼの英語名

ハオコゼの英語名は「Redfin velvet fish」と呼ばれています。Redfinとは赤いヒレと言う意味で、velvetはビロードのことを指しています。 fishは魚ですね。意味合いとしてはビロードのような赤いヒレを持つ魚といったところでしょうか。

ハオコゼの生息域

台湾や朝鮮半島にも分布しており、日本では北海道と沖縄を除く各地の沿岸に生息しています。浅い海の岩礁帯や藻場に好んで生息しており、岩場や水草の陰に隠れて生活しています。海水浴場やタイドプールでもその姿を確認することができますよ。

ハオコゼの特徴

ハオコゼは小さな魚で、その全長は10cmほどです。体に比べて大きな頭はやや前方に張り出しており、口も短いのでずんぐりとした印象を受ける可愛らしい顔をしています。体色は白や黒、赤みを帯びた灰色をしており、体には茶褐色や暗色の斑模様が散らばっています。

体色とこの斑模様が入り混じって独特な模様を形成しており、個体によって実に様々な色合いで楽しませてくれます。小さく可愛らしい見た目と、個体差のある模様で水族館などでもよく展示される人気な魚なんですよ。

かわいくても毒に注意!

しかしそんな愛らしいハオコゼですが、他のオコゼと同じように実は背ビレや腹ビレに強烈な毒のある棘を持っています。小さながらも鋭く尖った棘に刺されてしまうと、ひどい激痛に襲われてしまうので取扱いには注意が必要です。

もしハオコゼに刺されたらどうするの?

小さく可愛らしいハオコゼは、何も知らないで触ってしまうと棘に刺されて非常に痛い思いをしてしまうかもしれません。もし刺されてしまったら速やかに応急手当てをして病院に向かいましょう。

応急手当の方法は、まず刺された患部を流水で洗って清潔にしましょう。汚れていると細菌が入り余計悪化する可能性があります。また、この時棘がと残っていたらピンセットなどで取り除いてくださいね。次に患部を圧迫して毒を出してください。その後は45℃ぐらいのお湯に1時間ぐらいつけると痛みが和らぎますよ。

ハオコゼの毒はタンパク質性なので、熱で変質します。刺されない為にもハオコゼを釣り上げたら素手では決して触らず、メゴチバサミやトングなどで掴んでくださいね。また、釣り上げた場所に放置すると他の人が誤って触る可能性があるので、持ち帰らない場合は必ず海に戻してください。

ハオコゼのカレンダー

カレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
産卵期 - - - - - - - - - -
良く釣れる時期 - - -

ハオコゼのおすすめの食べ方

ハオコゼは小さい魚で毒もあるのですすんで食べられることはありません。食べる場合は棘や内臓をしっかりと処理して唐揚げにして食べられるようです。

-ハオコゼ

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.