【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

ヒイラギの葉のように棘が鋭く暗闇で体が光る魚ヒイラギ

更新日:

ヒイラギの基本情報

ヒイラギは一部の地域を除いて、食用魚として取り扱われることが少なく市場でみかけることはほとんどありません。

植物の「柊(ヒイラギ)」のような形をした鋭い棘を持つぬるぬるとした体。
釣り人界隈では「外道」といわれ、リリースされてしまうヒイラギですが、鳴き声を発したり、暗い場所で発行したりと不思議な特徴を持つ魚なのです。

ヒイラギの名前の由来

高知県では「ニロギ」、島根では「エノハ」と呼ばれ郷土料理の食材として親しまれています。
沿岸で良く釣れる魚のため、各地で「ギチ」、「ギラ」、「ギンタ」、「シイバ」、「ハナタレエバ」等様々な名称で呼ばれています。

名前の由来として主に2つの説があります。
1つは、ヒイラギの葉のように体の周りに鋭い棘を持つ魚であるからであるとする説。
もう1つは、棘が刺さると痛くヒリヒリすることが語源となり古い言葉の「ひりひりする=ヒヒラク」から「ヒイラギ」になったとする説です。

ヒイラギの特徴・生活史

ヒイラギは全長10程度であり、体は平べったく、形は楕円形に近く柊の葉のような形状をしています。
体の色は青みがかった銀白色であるが、頭部には黒斑があります。

背ビレ、尻ヒレに鋭い棘を持っています。体の表面からは粘液が多量に分泌されているため、触るとヌルヌルしています。

ヒイラギの口は、筒状になっており前下方に伸ばすことができ、砂に潜る餌を口で探しながら捕食します。
釣り上げた際などに、鳴き声をあげることがありますが、この鳴き声は上下の歯をすり合わせて鳴らしているようです。
体内に発行細菌を共生させており暗闇で発行する性質も持っています。

ヒイラギの生態・住んでいる場所

ヒイラギは主に南日本から、朝鮮半島南部、東シナ海西岸、台湾に分布しています。
内湾の水深1メートルから30メートルの砂泥底に生息していることが多く、沿岸等で群れで泳いでいるのを見かけることもあります。

ヒイラギの産卵期は6月頃に始まり、夏に岸の近くなどの浅い場所で産卵を行います。
卵の直径は0.6~0.7mm程度で、海上を漂い孵化する「分離浮遊卵」です。
孵化後は浅場で成長するため、潮だまりなどでヒイラギの仔魚の群れが観察されることもあります。

ヒイラギは肉食性であり、甲殻類など小型の底生生物を餌としています。
餌を獲るときには筒のような口を伸ばし、掃除機のように吸い込んで食べています。

ヒイラギの旬と漁獲法、釣り時期

ヒイラギの旬は3月から5月と云われています。
この時期は卵を抱えているため、特に美味しいとされています。

ヒイラギだけを狙った漁は行われないものの、地引き網、刺し網、釣りなどの沿岸漁業で他の魚と一緒に漁獲されます。
そのうえ、群れで行動する魚であるため、一匹、二匹だけでなく一度に多量に漁獲されてしまいます。
ヒイラギの体は粘液でヌルヌルしており、鋭い棘を持っているため、外道として海に返されてしまうことが多いようです。

ヒイラギは、分布地で一年中を通して沿岸などで簡単に釣れる魚です。

ヒイラギの食材情報

ヒイラギは食べれる部位の少ない魚のため、一部地域を除いて好んで食べられることは少ないです。
小さいため、唐揚げなどにして丸ごと食べるようにすると、骨まで食べられるのでカルシウムを効率良く摂取することができます。

ヒイラギの美味しい食べ方

ヒイラギは高知県では「ニロギ汁」をいう郷土料理の食材として親しまれています。
 塩とヒイラギを煮込んだだけといものですが、ヒイラギの良質な出汁がとても美味で高知県民に愛されています。

ヒイラギのレシピ

塩焼き、唐揚げ、干物、味噌汁、酢の物、煮付け、にして食べると美味。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.