【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

成長とともに右目の位置がスライドする魚!「ヒラメ」

更新日:

平べったい体で砂に潜って獲物を待ち構える独特な姿のヒラメ。姿が良く似ていることからカレイと間違われることがありますが、顔の位置で判別することができます。以前は高級魚として名を馳せていましたが、近年は手に入り易くなり庶民にもよく親しまれる魚となっています。

ヒラメの基本情報

ヒラメは外見がそっくりの「カレイ」と見分けがつきにくいですが、「左ヒラメに右カレイ」。
腹を手前にして魚を置いたときに左側に顔が来るものをヒラメ、右側に顔が来るものをカレイと見分けています。

日本全域で獲ることができ、かつては料亭などで使われる高級魚でした。
今では中国などから輸入されたり、養殖技術が向上したりして養殖物がスーパーにも並ぶようになり、安く手に入る魚になってきています。

ヒラメの名前の由来

もともとヒラメは東京とその周辺だけで使われていた呼び名でした。
かつて全国的にヒラメでも「カレイ」、「カレ」などと呼ばれており、特別ヒラメとカレイは区別されていなかったようです。

その名残からなのか、地域によってはヒラメとカレイの名前は統一されて呼ばれています。
「カレイ」以外の呼び名としては、愛知では「ハス」「ヤスナゴ」などがあります。

関東では成長とともに名前が変わる「出世魚」と認識されおり、重量1kg以下を「ソゲ」、2kg以下を「オオソゲ」、それ以上を「ヒラメ」と呼びます。

ヒラメの特徴・生活史

ヒラメはカレイに比べると口が大きく、鋭い歯が生えているのが特徴です。
海底に身を隠す魚であり、日中は海底の砂に潜って体を砂と同じ色に変化させてじっと隠れています。

メスは1メートル程度、オスは60センチ程度であり、オスよりメスの方が大きいようです。

餌を捕るときは全身を波立たせるように泳いで海底から中層まで上がってきたり、獲物を追いかけて長距離を移動することも。

ヒラメの生態・住んでいる場所

沖縄を除く日本列島全域に分布しています。
ヒラメは砂泥底を好む魚で、水深20~200m前後の場所に砂をかぶり、体を隠すように生息しています。

繁殖期である春から初夏には浅場に移動します。

産卵期は九州では1から3月、本州では2から6月、北海道では6~8月と南に生息するものほど早く迎えます。

孵化したばかりの仔魚の眼は意外にも一般的な魚と同様に顔の両側に付いていて、成長とともに右目が上に移動し、眼の上にできる窪みを移動して正中線上を超えて左側に右目がある状態になります。

右目が完全に左側に移動するのは、ヒラメの体長が13cm程度に成長した頃とのこと。

ヒラメの旬と釣り時期

ヒラメの旬は地域によって異なりますが、本州では秋から冬にかけ、北海道では秋から初夏までがおいしい旬といわれています。

釣りは年間を通して行われていますが、ヒラメが好む水温は約15から16度とされており、このような水温が数日間続いたときは活動的になり釣りやすくなります。

ヒラメはルアーフィッシングでよく釣られる魚です。
意外にも肉食性で、鋭い歯で他の小魚等を捕食します。
釣りではこの性質を生かしてカタクチイワシを餌にして獲ることが多いようです。

ヒラメは主に「延縄漁」や「刺し網漁」で獲られます。
ヒラメは海底に潜む魚のため、海底の魚を一網打尽にできる「底引き網漁」でもよく獲られます。

ヒラメの食材情報

ヒラメはたんぱく質を多く含み、脂肪も少なくヘルシーな魚です。
細胞間の浸透圧を正常に保つ働きをするカリウムも多く含まれ、むくみ解消、高血圧予防にも効果が期待できると云われています。
他にもビタミンD、ビタミンE。体内の有害物質を排出する効果のあるセレンも多く含まれ、デトックス効果も期待されています。

ヒラメの美味しい食べ方

ヒラメは硬すぎず柔らかすぎない食感や、淡泊な白身の味わいが特徴であるため刺身で食べるのが美味し。
また、和食だけでなく、フランスではムニエルとして食べられており、バターやハーブなど香りの強いものとの相性が抜群です

ヒラメのレシピ

・刺身
・昆布締め
・煮つけ
・皮焼き
・フライ
・ムニエル
にして食べると美味しい。

-ヒラメ
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.