【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

ホシレンコ|奄美諸島近海にしか生息しない希少な固有種!

更新日:

ホシレンコ イラスト

ホシレンコの分類

スズキ目タイ科セナガキダイ属

ホシレンコの学名

Cheimerius matsubarai

学名の「matsubarai」は魚類学者である松原喜代松さんの名前から献名されたそうですよ。

ホシレンコの由来

ホシレンコの名前は「星のように見える斑紋模様があるレンコダイ」という意味。レンコダイはキダイの別名で、黄色いヒレを持つ特徴がホシレンコと似ているため、名前の中にレンコダイの「レンコ」が含まれているようです。ちなみに、レンコダイの「レンコ」は、延縄漁で連なって漁獲される様子から連子(レンコ)と呼ばれています。

ホシレンコの英語名

「Japanese blue-spotted seabream」または「Hoshirenko」。ホシレンコは日本の学者が発見したので、英語名でもそのまま「Hoshirenko」と呼ばれることがあります。「Japanese blue-spotted seabream」は分類上でつけられた英語名で、「blue-spotted」は青い点の意味となり、ホシレンコの青い斑点模様を表わしています。

ホシレンコの生息域

ホシレンコの生息地域は奄美諸島近海のみです。生息域は沖合の水深50メートルから200メートルと言われており、低層を遊泳しています。

世界の海にはホシレンコと同属のセナガキダイ属の鯛が何種類か存在していますが、日本にいるセナガキダイ属の鯛はホシレンコのみで、奄美諸島近海に孤立して生息しています。なぜ、奄美大島近海にしか生存しないのかは未だに解明されていないようです。

ホシレンコの特徴

ホシレンコの姿は薄紅色の体色に背ビレの前方にある棘が数本長く糸状に発達しており、同じタイ科のヒレコダイやタイワンダイと似たような見た目をしています。

背ビレが数本非常に発達しているというのはヒレコダイなどと同じ特徴ですが、ホシレンコには名前のとおり体側に星に見える青色の丸い斑点模様があるという独自の特徴も持っているのです。この青色斑点は目視でもよく確認できる大きさで不規則に散らばっているので、他の背ビレが特徴的なタイ科の仲間と混同することもないでしょう。そもそも奄美諸島近海でしか獲れない珍しい魚なので、他の地域では出会うことが無いですが…。

全長60センチメートル以上まで成長する中型のタイで、産地では主に釣りで漁獲されています。

ホシレンコの産卵期と旬

ホシレンコは未だに解明されていないことが多いため、産卵期と旬は不明です。

カレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
産卵期 - - - - - - - - - - - -
- - - - - - - - - - - -

ホシレンコのおすすめレシピ

タイ科の魚は基本的に美味しいもので、ホシレンコも例外ではありません。熱を入れても硬くなることが無いので、焼き魚や煮魚、お吸い物などにして美味しくいただくことができます。

奄美大島では、ホシレンコの体の星模様が縁起が良いものとされ、お祝い事には欠かせないとても「めで鯛」魚でもあります。

-ホシレンコ
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.