【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

ホテイウオ

丸っとした外見と憎めない顔つきがなんとも愛らしいホテイウオ。その可愛い見た目から一部から人気の高い魚です。身はアンコウのようにぶよぶよしており味がよく染みるので、北海道の郷土料理である「ゴッコ汁」などのように鍋で食べられることが多いです。

ホテイウオの特徴

丸々とした体型が特徴的なホテイウオは、鱗が無いので触るとぶよぶよしており、ぬめりが強い魚です。棘などの突起は全く無く、つるんとしています。お腹には大きな吸盤があり、これを使って岩などに体を固定し、餌を待ち構える生態があるとも言われています。

ホテイウオは海水魚で、水深100〜1700メートル程度の深い場所に生息している魚です。産卵期の冬のみ、浅い場所まで出てきます。大きさは体長30センチメートル程度まで成長します。オスとメスを比べると、オスの方が若干体が小さいのだそう。

関東では馴染みのない魚ですが、ホテイウオが多く獲れる北海道や東北地方では親しまれています。函館市の恵山では毎年2月に「恵山ごっこまつり」という祭もあるほど。「ゴッコ」はホテイウオの別の呼び名で、この祭ではゴッコ汁(ホテイウオの汁物)を振る舞ったり、ホテイウオの干物を販売したりするそうです。

ホテイウオの釣り時期・生息ポイント

ホテイウオは普段、水深100〜1700メートルの深い場所に生息しているため、 釣るのはとても難しい魚です。

しかし、産卵のため、12~4月の冬を中心とした時期だけは浅瀬にやって来ているのです。ホテイウオの釣りを楽しむなら、冬がおすすめです。海の底に生息している魚なので、ルアーは底の方に仕掛けましょう。

ホテイウオの餌

ホテイウオを専門で狙う人は少なく、ルアーで釣ったという事例もありますが、どんな餌が最適かは不明です。

ホテイウオの漁獲法

ホテイウオは狙って釣れることがあまり無いようです。海底に生息しているため、深いところにルアーを落とすと良いのだとか。漁の場合、刺し網で水揚げされることが多々あります。

ホテイウオの釣った後に気を付けたい事

ホテイウオは危険な魚ではないため、特に気をつけることはありません。

ホテイウオのおいしい旬

産卵期となる冬が、ホテイウオの旬とされています。産卵を控えたホテイウオは体にたっぷりと栄養を蓄えているため、味も良くなっているというわけです。

また、産卵期になると深海から浅瀬に近づいてくるため水揚げしやすくなり、漁獲量が増えて市場にも出回りやすくなることも、冬が旬であることに関係しています。オスとメスとでは値段が異なり、メスの方は高値で売られることが多いそうです。

ホテイウオの食べ方

手触りがぶよぶよしているところなど、ホテイウオの特徴はアンコウとよく似ています。鱗が無いので調理がしやすい魚でもあります。アンコウ同様、淡白な白身で味が染みやすいので、ぶつ切りにして鍋や汁物にして食べると美味しくいただけます。

他にも、北海道には昆布だしに醤油を加え、ホテイウオの身の他に、豆腐や長ネギなどの鍋の材料を入れて煮た「ゴッコ汁」という郷土料理があります。

しかし、実は、ホテイウオの身自体はあまり多くありません。食べ応えがあるのは、何と言っても卵!メスの体の中には大きな卵巣があり、みりんと醤油を合わせたタレに漬け込み、醤油漬けにすると非常に美味なのだそうです。

オスよりメスの方が高価なのは、卵巣が美味しいからで、卵巣の大きさでメスの値段も決まるとのこと。一方、メスの卵巣だけでなく、ホテイウオの白子も良い味が出るのだとか。メスに比べて体が小さいオスは白子も小さいのですが、あん肝に匹敵する美味しさ、という声もあるほどです。

ホテイウオの名前の由来

「ホテイ」と名前にあるとおり、七福神の布袋様にちなんで名付けられました。

ホテイウオの丸々としたフォルムが、布袋様のぽっちゃりとした体型や、ゆったりした衣服に似ていることが由来です。漢字表記でも由来そのままに「布袋魚」と書きます。他の呼び名として、北海道や東北地方では「ゴッコ」とも呼ばれることがあるそうです。

ホテイウオ

丸々とした布袋様のような見た目が特徴!ホテイウオ

2019/6/21   -,

丸っとした外見と憎めない顔つきがなんとも愛らしいホテイウオ。その可愛い見た目から一部から人気の高い魚です。身はアンコウのようにぶよぶよしており味がよく染みるので、北海道の郷土料理である「ゴッコ汁」など ...

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.