【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

これで大丈夫!海釣り初心者にオススメの釣り方4選

更新日:

海釣りをしてみたいけど、どんな道具が必要でどう釣ればいいかわからない…

海釣りと一口に言ってもいろんな釣り方がありますが、例えばアジやイワシを簡単に釣りたいならサビキ釣り、その他にも狙う魚に応じてウキ釣り、ルアー釣り、投げ釣りなどいろいろあります。

今回は初心者の方でも簡単にできるオススメの釣り方やその入門道具、仕掛けのやり方など紹介します。

ウキ釣り

ウキ釣りとはウキを使った仕掛けで一定の水深を狙い、オキアミやエビをエサとする釣り方です。魚がエサを食べようとするとウキが動いてアタリが見た目で分かるため、初心者の方でも簡単に楽しめる釣りの一つです。

ウキがモゾモゾッ…と動いたり、スーッ…と海中に引き込まれたりした瞬間、うまくアワセを入れて魚に針を掛けるのがもっともエキサイティングな瞬間。

ウキ釣りで最初に狙うべき魚としてメジナ(グレ)が挙げられます。本格的にする場合は沖磯に行くと数釣りや大型を狙うこともできますが、波止釣りでも簡単に狙う事ができます。

メジナを狙ったウキ釣りで揃えなきゃいけない道具

  • 磯竿(約5m、1号~1.5号)
  • スピニングリール(ダイワ2000~2500番、シマノ2500~3000番ぐらい)
  • ウキ
  • ウキ止め、オモリ(シンカー、ガン玉とも言われる)、サルカン、針など小物
  • 撒き餌、付け餌(オキアミ。集魚材など)
  • 撒き餌用バッカン、撒き餌杓
  • 水汲みバケツ

ウキ釣りでもっとも難しいのがウキのサイズとオモリの重さなどバランス設定。バランスが合っていないとうまくウキが立たずセッティングが少し難しいため、初心者の方にオススメなのがウキから釣り針まで仕掛けが1セットになっている商品です。

これなら磯竿にセットしたリールから道糸を通し、このセットの仕掛けを結ぶだけで仕掛けが完成します。釣り方の基本としては針にエサを付けて投入、時々仕掛け付近に撒き餌を投げ入れてアタリを待つのみです。

潮の流れを見て撒き餌の投入ポイントを工夫したり、仕掛けの深さの調整などをすることが釣果への近道です!

ルアー釣り

ルアー釣りとは、ミノーやメタルジグなどのルアーと呼ばれる、魚や甲殻類に似せた疑似餌を使った釣りです。エサやウキなど細かい道具を必要とせず、糸にルアーをセットして投げて巻くだけ、という手軽で簡単なため初心者の方にもオススメです。

ルアー釣りで最初に狙うべき魚として、シーバス(スズキ)が挙げられます。日本全国の波止、河口など幅広いポイントに棲んでいる魚で、活性の良い時期には初心者の方でも簡単に釣ることができます。

ルアー釣りで揃えなきゃいけない道具

  • ロッド(9~10フィート)
  • リール(2500~3000番ぐらい)
  • ルアー(ミノー、シンキングペンシル、メタルジグ、ワームなど)

以上のようにルアー釣りはウキ釣りなどのエサ釣りより圧倒的に少ない道具でできます。道糸(PEライン)に接続したリーダーという少し太めのフロロまたはナイロンラインにルアーをセットするだけです。

スナップを使うとより簡単にルアーを変更することができるためオススメ。

続いて基本的な釣り方は投げて巻くだけ。ルアーの種類によって巻く速さを変えたり、メタルジグやワームなどを使用する場合はリールを巻きながらロッドを軽くシャクるなどアクションを入れたりします。

波止の岸壁や橋脚の近く、海の底にある岩など、何か変化があるポイントを意識してルアーを動かすことが釣果へのもっとも近道でしょう!

投げ釣り

投げ釣りとはオモリを付けた仕掛けを遠投して、海底にいる魚をゆっくり巻きながら釣ります。海底で仕掛けを引きずる釣りのため、藻や岩がたくさんあったり起伏の多いポイントでは針が引っかかって釣りにならないため、海底がなだらかな砂浜で釣る場合が多いです。

最初に狙うべき魚はやはりキスでしょう。全国の砂浜の浅場でも生息していて、初心者の方でも釣りやすく食べても大変美味しい魚です。

投げ釣りで揃える必要がある道具

  • ロッド(2.5m~3mぐらい)
  • リール(3000番ぐらい)
  • テンビン、オモリ
  • 針、ハリスがセットになった仕掛け(2本か3本針)
  • エサ(イソメなど虫エサ)

仕掛けのやり方はテンビンの片方にオモリ、もう片方に針が付いたハリスをセットしますが、これも初心者の方であればセットになっている商品が販売されているため簡単でオススメ。

基本的な釣り方としては、思いきり仕掛けを遠投したらあとは待つだけ。釣れるコツは、キスが多く潜んでいる海底の起伏や岩など障害物付近を狙う事です。

リールをゆっくり巻いていると少し重くなったり、引っかかったりする感触がある所が狙い目です。キスがエサをつついたり、食べたりするとロッドを握っている手にプルプルっとアタリが伝わりますので、あとは巻きあげてくるだけです。

サビキ釣り

サビキ釣りとは針にエサを直接つけて釣るのではなく、海に撒いた撒き餌の中に針がたくさんついたサビキ仕掛けを投入して釣る方法です。

サビキ釣りで最初に狙うべき魚はアジやイワシといった小魚。夏から秋にかけてのハイシーズンになると大量に接岸し誰でも簡単にたくさん釣ることができるため、ファミリーフィッシングや初心者の方に人気の釣りです。

サビキ釣りで揃えないといけない道具

  • 磯竿
  • リール
  • サビキ仕掛け
  • エサカゴ、オモリ
  • 冷凍アミなど撒き餌(チューブタイプもある)
  • 撒き餌用バケツ、撒き餌杓
  • 水汲みバケツ

大量に回遊してくると簡単に釣れてしまうため、極端に言うとどんな竿やリールでも大丈夫です。初心者の方にオススメはやはり仕掛けがセットになっている商品。

サビキ釣りセットだと、竿やリールからカゴ、仕掛けまですべてセットになっていて安い商品もあるため、あとはエサやバケツだけ用意すれば釣りをすることができて手軽です。

基本的な釣り方は撒き餌用バケツに冷凍アミをいれて解凍、それを杓をつかって撒き、撒き餌周辺にサビキ仕掛けを投入します。撒き餌を食べに来たアジやイワシがエサと間違ってサビキ仕掛けに食いついてくることで釣ることができます。

針が多いため魚の取り込み時に絡まったり、手や服に針が引っかかりやすいので注意しましょう。

釣りに関するマナー

釣りに関して最低限のマナーもありますので、何個か例をあげてみます。

1,食べ物や仕掛けなどゴミは釣り場に放置せず持ち帰る
これは人として当然のことでしょう。

2,混み合った波止場などで釣る場合は隣の人に近づきすぎない
目安としてお互いの竿を真横に向け合っても接触しないぐらいの間隔をとれるとベストです。

3,できるだけほかの釣り人にあいさつする
すでに釣っている人の隣に入る場合などは特に、「お隣よろしいですか?」など一声かけるとお互い気持ちよく釣りができます。

4,オキアミなどこぼしたエサは洗い流す
ウキ釣りやサビキ釣りをしていると、どうしても撒き餌であるオキアミなどが波止場にこぼれてしまいます。放置すると悪臭が発生し釣り場環境悪化の原因になりますので、バケツで水を汲んで洗い流しておきましょう。

▼初心者必見!堤防釣りのでのマナーについて▼

【初心者必見!】堤防釣りのための初歩的なマナーや心構えを解説!|魚とぴ

まとめ

以上のように釣り初心者の方でも始めやすい釣りと注意点などを紹介してきました。

海釣りは難しくてハードルが高いイメージがあるかもしれませんが、以上のように釣り方に応じた入門道具セットもあるため案外簡単で手軽にできるものです。

自分でセットした道具を使って魚が釣れる喜びは大きなものですし、さらに釣れた魚を持ち帰って食べてもおいしいというように2度楽しめる海釣り。

まずはぜひ今回紹介した簡単な釣り方で海釣りに出かけてみましょう!

-トピック
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.