【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

【イカナゴ】ご飯のお供の「くぎ煮」が大人気!イカナゴの生態に迫る

更新日:

イカナゴは鮮魚そのものより「くぎ煮」を代表する加工品として市場に出回っている魚です。くぎ煮以外にも、ちりめん、釜揚げ、佃煮などでよく見かけます。

現在では国内では乱獲や生息環境の悪化、生育適地の破壊のため、漁獲量が激減していることが問題となっています。イカナゴの保護のため、一定の禁漁期間が定められている、貴重な魚です。

イカナゴの分類

スズキ目イカナゴ科イカナゴ属

イカナゴの学名

Ammodytes perosnatus

イカナゴの名前の由来

名前の由来は諸説ありますが、一説として「いかり魚」の幼魚という意味から由来したと云われています。「いかり」とは「とがる」の意味があり、イカナゴが釘のように尖っているためこのような名前がつけられたと推測されます。

他の説として、イカナゴの小さい個体が、「いかなる魚の子」であるか分からないことから、「如何子」となり、「イカナゴ」となったとする説もあります。

イカナゴの地方名

地方名として、福岡では「カナギ」、関東や愛知では「コオナゴ」「コウナゴ」、愛知では「ボーコーナゴ」。宮城では「メロード」「メロウド」「メロド」 「ヨド」、関西・兵庫では「シンコ」「コナ」「フルセ」、北海道では「オオナゴ」等と呼ばれています。

その他にも、「アブラウオ」「アブラメ」「イナゴ」「ウラカナギ」「ゴウナゴ」「コウナゴカマス」「コナゴ」「スブドウシ」などと様々な名称があります。

イカナゴの生息域

国内に生息するイカナゴは、あまり移動せず、各地に固有の群れとなって生息をしています。イカナゴは内湾の砂地を好む海水魚で、沖縄を除いた日本各地に分布しています。

特に水温の低い北海道、瀬戸内海には多く生息しているようです。

イカナゴの特徴・生活史

イカナゴは1歳で10cm程度まで成長し、3年~4年で20cm程度まで成長する魚です。市場では見かけませんが、大きい個体は25cmにも達するものもいるようです。

体はとても細長く、円筒形をしています。頭は小さく尖っており、 下顎が鋭く前方に突出しているのが特徴です。ヒレは柔らかい軟条から成っており、多くの魚に見られる腹ビレが無いことも特徴のひとつ。一見すると鱗が無いように見えませんが、よく観察すると小さな円鱗が斜めに並んで生えています。

イカナゴは主にプランクトンを捕食しています。北方系の魚であるため、冷たい海域の方が活発に過ごせるようです。温暖な水域では、夏には砂に潜って冬眠ならぬ「夏眠」を行う珍しい魚でもあります。

イカナゴの産卵

産卵期は12月から5月とされており、寒冷な海域ほど産卵期が遅くなります。イカナゴは水深10~30mの砂底に粘着質な卵を産み海底に沈んで砂礫に粘着させます。

このため、卵はあまり大きく移動せず、まとまった場所で孵化することが可能です。

イカナゴの釣り時期、漁獲法

地域によって異なりますが、禁漁期間が設けられており、解禁日はその年の生育の状態を見て厳重に定められるため、毎年解禁日が異なります。

漁では集魚灯を用いた敷網漁、定置網漁、船曳網、巻き網によって漁獲されることが一般的です。漁獲方法も一気に大量を狙う「一網打尽」形式が多く、例えば某所では一斉に海峡に出て、2艘でイカナゴを網で引いたりします。

イカナゴの食材情報

イカナゴは骨ごと食べる魚であるため、骨や歯を丈夫にするカルシウムを効率的に摂取することができます。

他にも骨の生成に必要なリンや、ビタミンD、鉄分も豊富に含まれているため、成長期の子どもや高齢者にとっては非常にありがたい栄養素をたくさん含んでいます。

イカナゴの旬

イカナゴは冬に産卵期を向かえる魚であり、孵化した稚魚が2cm前後になる2月下旬から3月頃が旬と云われています。

イカナゴの美味しい食べ方

イカナゴは鮮魚よりも加工食品の方が多く流通しています。中でも代表的なのが、砂糖、醤油、みりんでイカナゴの稚魚を煮た「くぎ煮」。

兵庫県、大阪府、岡山県などを中心に作られている「佃煮」であり、甘辛くて非常に美味。かつては、くぎ煮を含め佃煮は家庭で作っていたようですが、現在では加工品として安価で購入できるため市場での購入が一般的です。

イカナゴのレシピ

かき揚げ、塩ゆで、釜揚げ、刺身、天ぷら、唐揚げ、にして食べると美味。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.