【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

釣りあげられると噛みつかれる!釣り人をイライラさせる魚「イラ」

更新日:

イラの分類と学名

イラはスズキ目ベラ科ベラ属に分類される魚です。学名は「Choerodon azurio」。

イラの名前の由来

イラを捕まえようとすると噛みついてきてイライラさせることが名前の由来とされています。また斑紋を意味する「イザ」がなまったものとする説もあります。

地方名は非常に多く、和歌山県では「イダイ」、鹿児島県では「イヌノハ」、静岡県では「ケサ」、愛知県では「タツ」などと呼ばれます。そのほかにも「テスコべ」「ブダイ」「カンノダイ」「ナベワリ」「モクズ」「モムシ」など多くの地方名が存在します。

英語名は「Wrasse」「Tuskfish」「Scarbreast」です。「Tsukfish」は「牙の魚」という意味で、特徴的な上下の顎から飛び出した歯が名前の由来となっているようです。

「Scarbreast」は「胸の傷跡」を意味し、胸ビレから背ビレにかけて走る斜めの黒褐色の帯が由来しています。このように英語名はその見た目から名付けられているようです。

その他にスズキ目ベラ科に属する魚

コブダイ。クサビベラ。シロクラベラ。オハグロベラ。オビテンスモドキ。カマスベラ。カンムリベラやツユベラなどのカンムリベラ属。そのほかササノハベラ属やタキベラ属、テンス属など

イラの特徴

体色は紅褐色で、腹側は白色です。体型は楕円形です。体高が高く側扁しており、額から上顎までの傾斜が急です。尾ビレは暗い青色で、背ビレ・腹ビレ・尻ビレは全て黄色です。

また全てのヒレの後端は青色、背ビレは12棘6~8条が途切れず連なっています。尻ビレは3棘10軟条です。

胸ビレから背ビレにかけて、襷をかけているようにも見える斜めの黒褐色の帯が特徴で、その帯の後ろには白色の斜めの帯が走ります。鱗は非常に大きく、大きい個体であれば成人男性の爪よりも大きいほどです。この斜走帯は成魚のみの特徴で、幼魚にはありません。

一対の大きな犬歯が存在します。この犬歯は非常に大きく、上下の顎から隙間から見えるほどです。

単独行動を行う特性からか、流通量は少なく関東で小売店などで販売されていることは少ないです。

産卵期は水温によりますが、6月~8月とされます。この時期にはメスからオスへの性転換をする「雌性先熟」を行うことで知られます。
オスへと性転換を行うと額部分が大きく出っ張りようになります。成魚は最大40センチメートルほどまで成長します。

イラの釣り時期・生息ポイント

イラは国内では新潟県・千葉県館山~九州南岸の日本海・東シナ海、太平洋沿岸、瀬戸内海、奄美大島に生息します。
また国外では朝鮮半島南岸、鬱陵島、済州島、台湾、福建省、中国南シナ海沿岸に生息します。単独で生活し、岩礁帯付近や砂礫帯に生息します。

そのため磯から釣りを行うことが可能です。夜は岩陰や岩穴などに隠れて眠るため、日中に釣ることができます。

イラの餌

肉食性であり、底生生物や付着生物を捕食します。

イラの漁獲法

イラの漁獲法は磯釣りが主流です。磯釣りとは陸と繋がった地磯や渡船で渡る沖磯で行う釣りの総称です。

仕掛けにウキを使用せずに餌やハリ、糸の重さだけで仕掛けを海中に漂わせて魚をおびき寄せる「フカセ釣り」を行うことが多いです。またイシダイの外道として釣られることが多いことで知られています。

大型の種であるため、しっかりとして竿を用いるようにしましょう。主な漁獲法は定置網漁です。

イラを釣った後に気を付けたい事

イラは非常に鋭い歯を持ちます。また獰猛な性格をしており、捕まえようとすると噛みついてくるため、釣り上げた後は最新の注意を払うようにしましょう。

イラのおいしい旬

おいしい旬は晩秋から初夏とされています。

イラの食べ方

イラは白身で水っぽいことで知られています。旬のものはセビチェや刺身などの生食は甘みのある上品な味わいで知られています。

またアラは良い出汁が取れることで知られ、味噌汁やちり鍋にしても大変美味です。みりん焼きにすると皮の旨味とみりんが相乗効果を生み、非常においしいです。

そのほかにもソテーやつけ焼きにしても白身の味わいを十分に堪能できます。加えて三重県では梅干しと一緒に煮る「尾鷲風煮付け」が郷土料理です。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.