【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

ふんわりジューシー食感!イサキの梅シソフライの作り方

更新日:

イサキ フライ

水分を多く含むイサキの身を厚めに切ってフライにすると、しっとりふんわり!そしてとてもジューシーな食感になります。イサキの梅シソフライは、梅干しとシソの風味がイサキの優しい甘さを引き立て、とても上品な味わいです。

フライのサクっと食感とふんわりジューシーな白身、梅シソの風味は相性抜群!ぜひ挑戦していただきたい一品です。

調理時間:約40分

用意する材料と調味料

材料 分量(2人前)
イサキ 1尾分の切り身
適量
シソの葉 5枚
梅干し 5個
小麦粉 適量
1個
パン粉 適量
つまようじ 8本
Point!

梅干しは甘口のものも辛口のも、どちらでもおいしく出来上がります。好みの梅干しを使ってください。

下処理:イサキを切って、塩をする

イサキ 下処理

三枚おろしの状態になっているイサキの場合は、まず鋭くて口の中で刺さると危ない腹骨を切り落とします。切り落とした腹骨と身は、捨てずにあら汁にしたり、軽く塩を振って塩焼きにしてもおいしく食べることができます。

さらに、横に半分に切り全部で4つの切り身にします。切ったイサキの身に塩を振って約15分置き、水分を拭き取ります。

イサキのフライの作り方

1、梅シソを作る

梅しそ

梅干しの種を抜いて包丁で叩きます。千切りにしたシソと合わせて混ぜ、梅シソを作ります。

2、梅シソをイサキに塗って、衣を付ける

イサキ 梅しそ
イサキ 梅しそ

イサキの腹側に4分の1の量の梅シソを塗り、二つ折りにします。そのままつまようじで2か所留めて、離れないように固定します。イサキは皮が硬いので、皮の部分でちょっとひっかかりますが、皮まで貫通させるようにしてください。これを4つ作ります。

イサキ 卵

イサキ パン粉

全体に小麦粉をまぶし付けて、余分な粉を払います。溶き卵を付けて周りにパン粉をまとわせたら、あとは揚げるだけです!

Point!

この作業は卵と小麦粉、パン粉がくっついてしまって手が汚れてしまいがちです。一度4つ全部に粉を付けてから卵液にくぐらせ、パン粉の上に4つ置き、最後にパン粉を付けるようにすると手の汚れを最小限にすることができます。

3、170度の油で約6分揚げて、完成!

イサキ 揚げる

フライパンに約1センチの深さになるように油を入れ、170度まで熱します。そこにイサキを入れて、時々転がして全体に焼き目がつくようにしながら約6分揚げます。

イサキ 揚げる
イサキ 揚げる

油から出ている部分は、お玉などで油をかけながら揚げてください。いい焼き色が付いてきたら出来上がりです!

イサキ フライ
2本のつまようじの間に包丁を入れて2等分し、つまようじを抜いてから盛り付けます。

Point!

170度の油温は、パン粉を少し油に入れたときに細かい泡を立てながら広がっていくくらいが目安です。

まとめ

塩焼きやお刺身で食べられることの多いイサキですが、揚げ物にしてもその繊細な身質と優しい甘みが引き立ちとてもおいしく食べることができます。

今回はイサキとよく合う、梅やシソの香りと酸味も一緒にフライにしました。冷えてもパサパサにならずにジューシーさを保つことができるので、行楽のときのお弁当や持ち寄りの食事会にもおすすめです。

-イサキ
-

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.