【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

鳴く魚シマイサキはイサキとは別種?!シマイサキの生態と特徴

更新日:

シマイサキの特徴

スーパーなどでシマイサキを見かけることはほとんど無いので、あまり馴染みのない魚ですよね。一般的には雑魚扱いで流通しないのですが、釣りの対象としては親しまれています。

釣り上げると「グーグー」という音を出して鳴く魚として知られており、これは独特な構造の浮き袋を収縮させることで、音を出しているのです。警戒しているときやエサを探しているときの合図である、と言われています。

「イサキ」という単語が入った名前ですが、見た目が似ていること以外ではイサキとは疎遠の魚です。

背中にある黒い縞模様が特徴的で体長は30センチメートル前後で。体は左右に平べったく、細い口が突き出しています。

シマイサキの釣り時期・生息ポイント

シマイサキの釣りに適した時期は地域によって異なりますが、概ね5〜10月とされています。

日本では北陸から九州南岸までの沿岸の浅い場所や、内湾の穏やかな場所などに生息しています。

シマイサキの餌

シマイサキは魚類、甲殻類、多毛類などを捕食する動物食性の魚。

夜間に餌を求めて回遊する性質があります。釣りの餌には、ゴカイ類や魚の切り身などが使用できるでしょう。

シマイサキの漁獲法

シマイサキは様々な魚の釣りで外道として釣れる魚です。

シマイサキを狙ってもなかなか釣れないことも多いのですが、群れがやって来ているときは別!サビキ釣りやウキ釣りで、防波堤からでもシマイサキを釣ることができます。

そのほかにもルアーフィッシングでも釣れる魚です。アジ用かメバル用のワームが、シマイサキの釣りでも使えるのだそうです。

釣りにおすすめの時間帯は餌を求めて回遊している夜を狙うのが良いでしょう。

シマイサキを釣った後に気を付けたい事

シマイサキは背ビレに鋭いトゲがあるため、触って怪我をしないよう、素手で触れないように気をつけましょう。

毒などは無いのですが、トゲが刺さると雑菌が体に入ってしまうかもしれないので、速やかに消毒してください。

シマイサキのおいしい旬

シマイサキが美味しい旬は、地域によって差はあるものの、概ね冬から夏と長い期間とされています。

特に、夏頃には産卵期を迎えてメスはお腹に卵を抱えます。卵の食感を楽しむなら、旬の季節の中でも夏がおすすめです。

シマイサキの食べ方

シマイサキは脂質が少なくタンパク質を多く含んでいる魚のため、低カロリーなのに栄養をたっぷりと摂ることができます。新鮮なものは刺身で食べると、あっさりした身の味と歯ごたえを楽しむことができるでしょう。

鱗が美味しい!と感じる方も多いようなので、鱗はあまり落とさずに調理してみてはいかがでしょうか。

水揚げされる場所によっては、においのクセが強いイサキウオもいます。においが気になる人は、カルパッチョのようにハーブやニンニクを使ってにおいを打ち消す調理法がおすすめです。

加熱調理なら煮付けがおすすめで、濃い味付けで独特のにおいを打ち消して食べやすくすることができます。

また、シンプルに塩焼きで食べるのも良いでしょう。塩焼きなら下処理がいらず、包丁もまな板も要らないので、釣ったばかりの新鮮なシマイサキをその場で食べるのにも向いています。

シマイサキの名前の由来

前述のとおり、シマイサキとイサキは別種の魚です。形がイサキに似ているものの、黒い縞模様がよく目立つ魚のため、「シマイサキ」と呼ばれるようになったと考えられています。

地域によって様々な呼び名があるのですが、兵庫県姫路市の一部の地域では、シマイサキのことを「イサキ」と呼んでいるのだそう。

とても紛らわしいのですが、この地域ではイサキが獲れないため、シマイサキのことをイサキと呼んでいる、と考えられています。

他には、シマイサキを釣り上げたときの独特な鳴き声のオノマトペから、「グイグイ」「グングン」といった呼び方もあるそうです。また、鳴き声を出すという特徴から、「フエフキ」「ホラフキ」と呼ばれることも。

-魚・食材図鑑
-

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.