【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

縞模様が特徴的な「イシダイ」沿岸で釣れる高級魚

更新日:

イシダイの基本情報

イシダイは高級魚として知られており、1キログラム当たりおよそ2000円が相場です。
好奇心が強い魚でもあり、スキューバダイビングや漁で人が近づいても逃げないこともあるようです。

イシダイの稚魚は波打ち際の近くまでやって来ることがあるため、海水浴場で泳いでいる人間の身体を口で突ついたりもします。
海水浴の時にチクチクつままれるような刺激が走ったらその正体はイシダイの稚魚かもしれません。

イシダイの名前の由来

イシダイは非常に固く鋭い歯を持っており、「石をも噛み砕く」と言われています。
このことが由来となり、「イシダイ」と呼ばれるようになったようです。

地方名として富山では「タカバ」、神奈川では「ガダイ」、愛知では「ナベダイ」、和歌山では「ワサナベ」、大阪では「ウミバス」。
広島では「クロクチ」、高知では「コウロウ」、長崎では「ヒシャ」、熊本では「スサ」、鹿児島では「クシャ」「ヒサイオ」「クサネイオ」「ヒサ」など様々な名前で呼ばれています。

イシダイの特徴・生活史

イシダイの成魚は全長50センチメートル程度になります。
稀に、全長70センチメートルを超える大きな個体が漁獲されることも。

イシダイの体型は円盤型で薄く、あごは少し前方に突き出ています。
上下のあごと歯が融合し、くちばしのような形状になっているのが特徴。
白地の体に5本から7本の太い黒い横縞が入っており、この縞模様は成長段階や個体によって色味が異なります。
幼魚や若魚ではこの横縞が明瞭であるため、この時期は「シマダイ」とも呼ばれているそうです。

成長するにつれて白と黒の縞模様が灰色に近くなっていき、模様が不鮮明になり、特に老成したオスは全身が灰黒色となり尾部の周辺にわずかにぼんやりと縞が残る程度の外見になるようです。

このとき、同時に口の周辺が黒くなるため、老成したオスを特に「クチグロ」と呼ぶことがあります。このように、年齢にともなって体の色や模様に変化が出ることを「年無(としなし)」と言います。
ただし、メスの場合は老成しても横縞が残っているようです。

イシダイの生態・住んでいる場所

イシダイは北海道より南の日本各地、朝鮮半島南部、台湾に分布している海水魚です。
浅い岩礁地帯に生息しており、極度の高温・低温は好まないとされています。特に18度から24度の水温のときに活発になるそうです。

イシダイの産卵期は春であり、卵は直径1ミリ程度。
産卵は外海に面した岸の近くで行われ、卵はそれぞれバラバラに漂う「分離浮性卵」という特徴を持っています。
20℃程度の水温であれば、産んでから約36時間後に孵化します。

イシダイは肉食性であり、甲殻類、貝類、ウニ類などを餌とします。
貝類の堅い殻もくちばし状のあごで噛み砕き、中身を食べることができ、イシダイの胃の内容物では小さなエビやカニ、ヤドカリなどがよく見られます。

イシダイの旬と釣り時期

イシダイの釣りとして適している時期はは4月下旬から11月頃とされています。
個体数が少なく珍しい魚であり、成魚は大きくて引きが激しいため磯釣りの対象として特に人気が高いです。

漁としては主に、定置網、刺し網、突き漁などで漁獲されます。
特に老成したオスの個体(クチグロ)が人気であり、現在では乱獲等によって大型の個体が減少していると云われています。

イシダイの食材情報

イシダイの身は白身で、全長40cm程度までの大きさの個体が美味しいとされています。
大型の個体は味が落ちている上に、シガテラ中毒の危険もあるため、食用には向いていません。

イシダイは死後に時間が経つと磯臭さが強くなってしまうので、新鮮なうちに調理した方がベター。
栄養価としては、DHA、EPA、ビタミンD、ビタミンE、リン、カリウムを豊富に含んでいます。

イシダイの美味しい食べ方

やや磯臭さもあるが、これが風味として美味しいので、刺身で食べるのがおすすめ。魚らしい旨味を感じることができます。

イシダイのレシピ

刺身、寿司、塩焼き、煮付け、唐揚げ、ポワレ、にして食べると美味。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.