【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

幼魚は銀色!観賞用の雑魚「イトヒキアジ」

更新日:

イトヒキアジの特徴

イトヒキアジはその名のとおりアジの仲間で、体長数センチメートルの幼魚のときは背ビレと尻ビレが糸のように長く伸びているのが特徴です。これらのヒレの長さは体長の3倍程度もあるのだそう。

成魚になると背ビレも尻ビレも短くなってしまいます。成魚は大きく成長し、最大で体長1.5メートル、体重22.9キログラムという記録もあるのだとか。

一般的には食用とされておらず、雑魚のような扱い受けているかわいそうな魚。

一方で、幼魚は銀色の光沢が美しく、糸のような長いヒレのインパクトが強いため、観賞魚として飼育されることも多いのです。ただし、水槽が狭いと長生きしない傾向があるようです。

イトヒキアジの釣り時期・生息ポイント

イトヒキアジは南日本の海を始め、世界中の熱帯に近い場所に生息しています。

国内の主な産地は神奈川県、大分県、和歌山県。幼魚は内湾などの沿岸で、成魚は水深100メートル程度の場所で見られる魚です。

幼魚のときは海の表層を泳いでいますが、成長するに伴って、海底付近に生息場所を移す生態があるとのこと。

しかし、表層から海底まで、どの位置にいるかは分かりません。

実際の釣りの場面では、表層から海底まで探してみましょう。

ベストシーズンについては、イトヒキアジは水温の温かい場所を好むので、6〜9月頃が釣りに最も適しています。

イトヒキアジの餌

イトヒキアジは肉食魚で、小魚やエビといった動くものを捕食します。

これらの餌も使えますし、ルアーでも狙うことができます。

イトヒキアジの漁獲法

イトヒキアジの成魚は体長1メートル程度まで成長し、パワーがあって引きが強いため、大物の魚を狙う釣り人たちに人気の魚。

幼魚なら餌を投げて釣ることもできますが、成魚は体長1メートル程度と大きくてパワーがあるので、ルアーフィッシングがおすすめです。

表層から海底まで、どこにイトヒキアジがいるか分からないので、多様な種類のルアーフィッシングを揃えておくと良いでしょう。

パワーのあるロッドを使い、パワーのあるイトヒキアジの成魚とのファイトを楽しんでみてください。

その他、定置網や底曳網といった漁で水揚げされています。

イトヒキアジを釣った後に気を付けたい事

イトヒキアジ自体に危険性はありませんが、大型の個体ほど体内にシガテラ毒を溜め込んでいる可能性が高くなるので、気をつけなければなりません。

シガテラ毒とは、海藻に含まれる毒の1種です。食物連鎖によって毒が海藻から貝や魚に移り、大型のイトヒキアジに蓄積されてしまうのです。シガテラ毒は加熱しても分解せず、また魚の煮汁にも溶け出す神経毒。大変危険なので、大型のイトヒキアジを食べるのはあまりおすすめできません。

▼シガテラ毒についての関連記事はこちら▼

イトヒキアジのおいしい旬

イトヒキアジの成魚の旬は春から初夏、幼魚の旬は秋です。

イトヒキアジの食べ方

イトヒキアジは一般的には食用として流通していないのですが、意外とどんな料理にも合う美味しい魚だと言われています。

特に、イトヒキアジの煮付けは絶品との声もあるのだとか!アラや頭部の方に甘みがあって煮付け向きなので、十字に切り込みを入れて身と一緒に煮付けにしましょう。

頭部についてある身も、煮付けなら柔らかくして美味しく食べることができます。

身は煮ても硬く締まらず、また骨から旨みが溶け出すため、イトヒキアジの煮付けは絶品と言われているのです。

また、干物や練り物にも使われており、用途の広い魚です。

イトヒキアジの名前の由来

イトヒキアジの名前の由来は、その名のとおり背ビレと尻ビレが糸のように長く伸びていること!

漢字でも「糸引鯵」と書くのです。これは幼魚のときの特徴で、成魚になると背ビレも尻ビレも短くなり、体が全体的に長くなるのだとか。

地域によってはイトヒキアジ以外の呼び方をしているところもあるのですが、「イトマキ」「イトヒキ」「イトヒキダイ」などと「糸」に関する名前で呼ばれることが多いです。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.