【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

【カナガシラ】お祝いに使われるめでたい魚!釣る前に特徴を知ろう

更新日:

カナガシラの頭は名前の由来にもなっている通り、硬い骨板に覆われています。面白いお話として、日本史で有名な大塩平八郎が、癇癪を起してカナガシラの頭を硬い骨ごとバリバリと噛み砕いて食べてしまったという記録が残っています。

カナガシラは地域によっては赤ちゃんの生後100日目のお祝いである、お食い初めに使われることもあります。これはカナガシラの硬い頭にあやかり、頭蓋骨や体の骨がしっかりするようにと願いを込めているそうですよ。

カナガシラの分類

カサゴ目ホウボウ科カナガシラ属

カナガシラの学名

Lepidotrigla microptera

カナガラシの名前の由来

カナガシラの名前の由来は、頭が硬い骨で覆われていることを、金属に例えたことから来ています。

金の頭でカナガシラということですね。地方名では漢字の金頭をそのまま音読みしたキントウや、カナゴ、カナドなどと呼ばれています。また、東北では君魚と呼ばれることもあり、これはお殿様などが食べることの出来る上等な魚という意味だそうですよ。

▼カナガシラの親戚!ホウボウについてはこちら▼

カナガシラの生息域

カナガシラは東シナ海や黄海といった中国や朝鮮半島沿岸に生息し、日本では北海道以南でその姿が確認されており、日本全国の広い範囲に生息している魚です。

水深50メートルから300メートルほどのやや深場で暮らしており、砂泥域の海底を発達した胸ビレの棘を使って歩き回っています。

カナガラシの特徴

カナガシラは、少しとぼけたような顔が特徴の海水魚です。全長はおおよそ30cmメートルほどで、やや細長い体型をしており、体色は背中側が赤色、お腹側が白色となっています。胸ビレが非常に発達しており、3対の棘が生えています。

カナガシラはこの3対の棘を使用して海底を歩くことが出来るんですよ。魚と言えば水の中を自由に泳ぐものだと思ってしまいがちですが、カナガシラのように海底を歩くような魚は他にも結構いたりします。

近縁種であるホウボウとよく似ており、混同されることも多いですが、カナガシラの方がサイズが小さく、触り心地がホウボウと比べてザラザラしています。

カナガラシの漁獲法

カナガシラは海底付近を歩いて生活しているので、底引き網や定置網で漁獲されており、釣りでは船を出しての沖釣りで捕まえられています。しかし狙って釣り上げることは難しく、他の魚を狙っているときに嬉しい外道として釣れる魚のようです。

堤防や磯からの投げ釣りでも釣れないことは無いようですが、船釣りの方が釣りやすいそうです。

カナガラシの釣り時期

釣りのシーズンは11月から1月の冬の間と言われています。

カナガラシの餌

エビやカニなどの甲殻類や小魚を食べる肉食性で、大きな口で丸呑みにして食べています。

釣りの際はオキアミなどが使われているようですよ。

カナガラシを釣った後に気を付けたい事

比較的小さなサイズのカナガシラですが、各ヒレがよく発達しているので、触れる際はうっかり怪我をしてしまわないように注意が必要です。特に胸ビレには足のように使用している棘があるので気を付けてくださいね。

また、釣った魚に付きまとう寄生虫問題も忘れてはなりません。捌くときはしっかりと目視で確認をして、不安な場合は火を通す調理方法でいただきましょう。

カナガラシの食べ方

カナガシラは昔からとても美味しい魚として各地で珍重されてきた魚で、特に旬のものは高級魚にも引けをとらないほどの旨味が詰まっています。淡白な白身はとても上品な味わいで、刺身や煮つけ、唐揚げなど様々な料理で美味しくいただくことが出来ます。

歯ごたえがあり、良く乗った脂から滲み出す甘みは絶品なので、旬の新鮮なカナガシラが手に入ったら是非とも刺身で食べておきたいところです。

もしカナガシラを調理する場合は、とても骨が硬いので、気を付けてください。特に頭の骨が硬く力仕事になるので、くれぐれも注意して調理してくださいね。

カナガラシのおいしい旬

秋から初春にかけてが旬とされており、脂が乗ったカナガシラは歯ごたえもあり非常に美味しいと言われています。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.