【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

【カネヒラ】タナゴとそっくり!婚姻色が美しい観賞魚

更新日:

カネヒラは、タナゴの仲間ですが、一般的にはあまり知られていません。魚好きからは婚姻色の美しさからペットとして人気を博しています。

カネヒラの名前の由来

カネヒラは「金色」を帯びた「平たい魚」であることが由来となり、「カネヒラ」と呼ばれるようになったと言われています。

その他、地方名には「カンメタ」「ヒラボテ」「オクマボテ」「ボテジャコ」などの呼び名があります。

カネヒラの生息域

日本や朝鮮半島に分布しており、河川下流の緩流域や大きな湖沼などの砂底などに生息しています。琵琶湖の中にも生息しているのだとか。

カネヒラの釣りポイント

最も有名な釣り場は茨城県の霞ヶ浦で、霞ヶ浦以外だとカネヒラを専門に狙う釣りはあまり例がありません。

カネヒラ釣りをするなら霞ヶ浦で、餌となる藻が多く発生するかつ日当たりが穏やかな場所を狙うと釣りやすいでしょう。流れが緩やかな場所を好むので、用水路や小川を狙うのが良いと考えられます。

釣りポイント選びには水の濁りも気にしてみてください。綺麗な水よりも、少し濁った水をカネヒラは好みます。

カネヒラの特徴

通常は銀色の体をしていますが繁殖期になると、オスは背ビレと尻ビレが鮮やかなピンク色(婚姻色の現れ)になり、部分的に体が青みを帯びるのです。カネヒラの大きさは10センチメートル強で、最大で15センチメートル程度。これはタナゴの仲間の中では最大級のサイズです。

タナゴの仲間の中では外来種による生息域の圧迫には強い方で、全国的にタナゴなどの数が減っている中、カネヒラは個体数を維持できている方だと言われています。

カネヒラの漁獲法

カネヒラは小さい魚でアタリも繊細なため、タナゴ釣り用の小型の竿を使うと良いでしょう。

仕掛けはカネヒラかタナゴを釣るためにセットになったものが売られているので、これを使うのがおすすめです。小型の渓流竿でも代用することができます。

一方、用水路や小川での釣りになるため、長い竿は使いづらいので避けましょう。

カネヒラの釣り時期

カネヒラは1年を通して釣ることができますが、最も釣りに適している時期は春から秋です。

特に秋はオスの体に婚姻色が出ているため綺麗なカネヒラが楽しめるおすすめの時期でもあります。

カネヒラの餌

藻などの草を食べています。時々、小型の水生動物を捕食することもあるのだとか。飼育下でも餌が足りないと水草を食べて水槽内を荒らしてしまうので、餌の量は気をつけて管理してください。

カネヒラの釣りなら、餌にはグルテンを使うのが良いでしょう。餌が大きすぎるとカネヒラが食いつくことができないので、大きさの調整がしやすいグルテンは持ってこい。

釣り針の先でグルテンを軽く引っ掻いて、1ミリ程度付けばカネヒラの餌として十分です。また、大きめのカネヒラを狙うのであれば、アカムシも餌として使えると言われています。

カネヒラを釣った後に気を付けたい事

カネヒラは危険な魚ではないため、気をつけることは特にありません。

カネヒラの食べ方

あまり一般的には食用とされておらず、キャッチ・アンド・リリースが基本となります。地域によっては佃煮にして食べられることがあるようです。

カネヒラのおいしい旬

カネヒラは観賞用がメインの魚のため一般的に食用とされておらず、美味しい旬はよくわかっていません。

-カネヒラ
-, ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.