【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

カサゴ|鮮やかな色が目を引く!釣りや水族館の人気者!

更新日:

カサゴ

カサゴには多数の種類があり、代表的なものは「アカカサゴ」「シロカサゴ」「フカカサゴ」「オキカサゴ」です。現在は以前に比べて、比較的高級魚として扱われるようになりました。そのため、一般的なスーパーなどでは手に入りにくい魚です。釣りの対象魚としても人気が高く、ルアーフィッシングの対象にもなります。水族館では派手な「ミノカサゴ」が人気者です。

カサゴの名前の由来

「カサゴ」は東京での呼び名です。皮がただれたように見えるため、かさぶたができたような魚、というのが「カサゴ」の由来になっています。

カサゴの地方名

カサゴは地方名が多い。岡山では「アカメバル」、福岡では「アラカブ」、山形では「ハツメ」、徳島では「ガガネ」「ガシラ」、熊本では「ガラカブ」、石川では「ガンガラバチメ」、高知では「ホゴ」、広島では「ホゴメバル」、島根では「ボコ」「ボッカ」「ボッコ」、山口では「ボテコ」などと呼ばれています。

カサゴの生息域

北海道より南で九州までの日本各地で見かけられます。八丈島、東シナ海、南シナ海にも生息。水深200mまでの岩礁域に生息しており、昼は物陰に隠れています。夜に餌を探しに行く夜行性の魚です。テトラポットの間にいることもあります。

カサゴの特徴

カサゴの全長は平均10~30cm。最大で40cm程度の個体も見られます。カサゴはとても眼球が大きい魚。また、背ビレや腹ビレ、尻ビレ、頭部などに鋭く発達した棘を持ちます。体色は赤色から褐色であり、不規則な斑紋があ流のが特徴。

生息する場所によっても色が異なる魚で、浅いところに生息するカサゴは褐色で周囲の岩や海藻の色と同じ色をしている一方、深海に生息するカサゴは鮮やかな赤色をしています。

赤い光が届きにくい深海では、鮮やかな赤色であっても敵に見つかりにくいため、浅いところに生息するカサゴよりも深海に生息するカサゴの方が鮮やかな赤色です。

カサゴの産卵

カサゴはお腹の中で卵を孵化させ、稚魚をある程度までお腹の中で育てる卵胎生です。ある程度成長させてから仔魚を産むことで、子の死亡率を減らすことができるため、このような産卵方法をとります。

卵の数は個体によって異なるが、3~10万粒と言われています。また、お腹から出るころの仔魚の全長は3.2~3.5mm。

カサゴの繁殖期はとても長く約半年にもわたり、この間に1~3回ほどの産仔(さんし)を行います。環境の変化で稚魚が全滅してしまうのを防ぐため、このようにカサゴが時期をずらして複数回の出産をおこないます。カサゴの特徴的な産卵は、子孫を残すための戦略です。

-カサゴ
-

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.