【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

カタクチイワシ|釣り方・食べ方まで紹介!生態系を支える縁の下の力持ち

更新日:

イワシと名のつくマイワシやウルメイワシと同じく、一般的にイワシと呼ばれています。カタクチイワシは、セグロイワシと呼ばれることもあります。

稚魚はシラスと呼ばれ、シラス干しや煮干しなど、古来より広く日本の食卓で活躍してきました。人間だけでなく、海の生態系の下層に位置する存在として、肉食魚を始め、海鳥やクジラなどの餌となることで食物連鎖を支えています。

カタクチイワシの名前の由来

カタクチイワシの名前の由来は、その口の動きにあります。大きな上顎を持ちますが、下顎しか動かないことから「片口」とこの名前が付けられました。

関西地方では、その口の形状からタレクチと呼ばれることもあります。英名は「japanese anchovy」で直訳すると「日本のカタクチイワシ科」です。

カタクチイワシの生息域

西部大西洋にかけて広く分布しており、日本から台湾、香港までその姿を見ることが出来ます。稀にですが、フィリピンの方でも発見されることもあるとのことです。

日本では北は北海道から南は九州の広い範囲で生息しており、大陸棚沿岸域の表層付近で巨大な群れを成して生活しています。

カタクチイワシの特徴

背中が青黒色で、腹側は銀色をしており、光に当たるときらきらと輝いて見えます。全身が円形の鱗に覆われていますが、薄くてとても剥がれやすく、捕まえた際にとれてしまうことも少なくありません。

他のイワシと比べると、カタクチイワシは目が頭の前の方に寄っており、口が頭部の下面にあって、目の後ろまで大きく開くことができるようになっています。細長い体をしており、全長はおおよそ15センチメートルほどです。

カタクチイワシの漁獲法

カタクチイワシを釣る時は各地の岸壁や堤防でサビキ釣りなどで楽しむことができます。サビキ釣りを行う場合の仕掛けは、市販のイワシ用のサビキ仕掛けで問題ありません。

道具もサビキ釣りセットが売られており、殆どのもので快適に釣ることが可能です。コマセ袋にアミコマセを詰めて、拡散させるように竿をあおってやると、イワシがサビキを餌と認識して喰いついてくれます。

群れが表層を泳いでいる場合は、コマセ袋を利用しなくても、撒き餌をするだけで釣れることもありますよ。また、カタクチイワシは日本で最も漁獲量の多い魚で、各地で古くから定置網や地引き網で漁獲されています。

カタクチイワシの釣り時期

水温が上がってくる夏から秋にかけて良く釣れますが、地域によっては冬でも充分釣ることが可能となっています。

カタクチイワシの餌

カタクチイワシの餌はプランクトンで、浮いているプランクトンを泳ぎながら大きな口を開けて海水ごと吸い込んで鰓でこして捕食します。釣りの際は、寄せ餌を撒いて寄せれば良く釣れるでしょう。

カタクチイワシを釣った後に気を付けたい事

カタクチイワシは鮮度が落ちるのが非常に早い為、釣り上げたらすぐに冷やして保存しましょう。時間を置いてしまうとあっという間に傷んでしまいます。

翌日以降に食べる場合でも、下ごしらえだけでも釣ったその日のうちに済ましておくと良いです。市販のものならば寄生虫の心配はよっぽどありませんが、釣ったものとなれば話は別です。アニサキスが付いている可能性もあるので、心配な場合は火を通して食べることをオススメします。

▼アニサキスの対処法を知りたい方はこちらをタップ▼

カタクチイワシの食べ方

新鮮なものは刺身にして食べると非常に美味しくいただけます。特に生姜醤油との相性は抜群なので、鮮度の良いものが手に入ったら一度試してみてください。つみれにして鍋に入れたり、唐揚げにして骨ごと食べるのも美味しいですよ。旨味が強いので、干物などの加工品にも向いています。

欧州料理であるアンチョビやオイルサーディンにしてみるのもおススメです。

カタクチイワシのおいしい旬

カタクチイワシは年間を通して漁獲されますが、旬は夏の時期と言われています。

-カタクチイワシ
-, , ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.