【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

カワハギ|釣りでも食材としても人気者!肝が美味しい魚!

更新日:

カワハギ サムネ

カワハギは日本全国で獲れる魚で全国的にも知名度が高く、日本国民に親しまれています。愛嬌のある顔と、身も肝も美味しく食べられることから釣りの対象としてもとても人気のある魚です。ぜひカワハギを入手したら肝を食べてみてください。美味しさにきっと驚くはずですよ!

カワハギの名前の由来

カワハギの名前の由来は、調理の際に簡単に皮を剥ぐことに由来して「カワハギ」と名づけられました。漢字でも名前の由来そのままに「皮剥(カワハギ)」と表記します。

カワハギの地方名

カワハギは、全国的にカワハギと呼ばれていますが、紀州や関西では、皮が剥げる様子から「ハゲ」、「マルハゲ」とも呼ばれています。

他にも、伊豆や島根などでは「カクハゲ」「バクチウオ」などと呼ばれることも。「バクチウオ」の名前の由来は、皮がつるっと剥がれる様子が、博打に負けた人が身ぐるみ剥がされる様子に似ているからなんだそう。

カワハギの英語名

カワハギは英語で「Threadsail filefish」と表記します。

カワハギの生息域

カワハギは、北海道より南の日本海沿岸、太平洋沿岸、瀬戸内と日本全国の沿岸に分布している魚です。他にも、東シナ海や朝鮮半島、台湾やフィリピン諸島など東アジア海域にも分布しています。

浅い海を好み、水深100mより浅く、岩礁域やその付近に生息しています。

カワハギの特徴

カワハギ サムネ

カワハギは全長20~30cmの平べったく、ひし形のような体形をした魚です。カワハギの体はザラザラとした丈夫な皮に覆われており、ウロコがありません。小さなオチョボ口が特徴ですが、意外にも頑丈な歯を持っているため貝などの硬いものもかみ砕くことができます。

カワハギの角って何のためにあるの?

カワハギは目より高い位置に角のようなトゲがついています。この角は、敵への攻撃や威嚇をするときに使われるようです。

他にも自分より大きな外敵に襲われたときに、岩陰に隠れトゲを岩につっかえさせて外敵に引きずり出されないよう、踏ん張るためにも使われているそうです。

このトゲはかなり硬く鋭いですので、調理や釣りの際は十分気を付けて扱ってくださいね!!

カワハギのカレンダー

カワハギは年間通して釣ることができる魚です。堤防からの釣りだと特に5~9月がおすすめです。

カワハギの旬は産卵期を控えた秋から冬にかけてと言われています。このじきは肝に脂肪を蓄えるため、濃厚でふっくらとした肝が楽しめます。

カレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
釣り - - - - - - -

カワハギのおすすめレシピ

カワハギは上質な白身の魚ですので、新鮮なものは刺身で食べるといいでしょう。フライや煮付け、鍋やお味噌汁の具に入れても美味しくいただけます。

肝は、肝醤油にしたり、肝を茹でてポン酢で食べるととても美味なので新鮮なカワハギを入手したら是非肝を堪能してみてください。

-カワハギ
-

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.