【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

カワムツ|日本国内の河川に生息!ヌマムツとは別種の魚?!

更新日:

カワムツは別称「ハヤ」と呼ばれ、オイカワやウグイと並んで川に生息する魚の代表魚です。カワムツは小さい体に側面に入った太い縦帯が特徴的な魚で、釣りや手掴み、ガサガサでの川遊びの相手として昔から日本人に親しまれてきました。現在では飼育魚としても人気を博しています。

カワムツの名前の由来

カワムツの名前の由来は海に生息しているムツに対して、川に住んでいるムツということでカワムツという意味になっています。この呼び方は元々琵琶湖で呼ばれていた名前だそうで、カワムツは広い地域に生息しているので様々な地方名が存在しています。

代表的なものがハヤという名前で、これは動きが速いことに由来しているとされ、ウグイやオイカワなどの他の魚とまとめてこのように呼ばれています。

カワムツの生息域

日本と中国、台湾、朝鮮半島に分布しています。元々、日本では能登半島と中部地方以西の河川や湖沼に自然分布していたようですが、他の魚に混じって放流されたことで関東地方でも姿が確認されています。

水が綺麗で流れの緩やかな環境を好み、岩が点在していたり、岸辺に植物が生えているような隠れるところがある場所に多くいるようです。

警戒心が強いようで、人などが近づくと、近くの身を潜められる場所にサッと隠れてしまうようですよ。

カワムツの特徴

カワムツは、オイカワやヌマムツと並んで河川でよく釣ることの出来る非常に身近な魚です。全長はおおよそ10センチメートルほどで、大きいものだと20センチメートルほどまで成長し、メスよりもオスの方が大きくなります。

細長い紡錘形の形をしており、体の幅が広くあまり左右に側偏しないので、小型がながらしっかりとした印象を受けます。

側面の中央に暗い紺色の太い縦帯が入っており、体色は背中側が黄褐色でお腹側は白色ですが、オスは成熟すると顏とお腹の下側が赤みがかってきます。

カワムツは産卵期に見た目が変わる?!

産卵期のオスは顔に追星と呼ばれる白色の突起物が現れます。各ヒレは黄色がかっており、尻ビレが体に対して大きく発達しています。外見が近縁種のヌマムツとよく似ていることからしばしば混同されています。

それもそのはず、元々ヌマムツを「カワムツA型」、カワムツを「カワムツB型」として2000年頃まで同じカワムツとして扱っていたのです。しかし、外見や生態の違い、交雑が無いことから別種として扱うようになりました。

良く似たヌマムツとカワムツですが、カワムツの方が顔付きがずんぐりとしていることや、各ヒレの色の違いなどで見分けることが可能です。

カワムツの漁獲法

ウキ釣りやミャク釣りで狙われることが多く、毛バリ釣りでもよく釣ることが出来るようです。3メートルから5メートルほどの渓流竿、0.5から0.8号ほどの道糸、0.3号ほどのハリスに、袖バリの3号ぐらいで気軽にカワムツ釣りを楽しむことが可能です。

川辺の近くで獲れた虫やミミズが餌として使えるので、ガサガサ遊びと一緒にカワムツ釣りをするのも楽しいですよ。

カワムツの釣り時期

1年を通して釣ることが出来ますが、春先から夏にかけてが水温が上がりカワムツも活性化するので釣りやすいと言われています。

カワムツの餌

カワムツは甲殻類や小魚、水生昆虫や底生動物を食べますが、藻類や水草も食べる雑食性です。どちらかといえば、動物質の方を好むむそうなので、釣り餌にはミミズなどを用いると良いですよ。

カワムツを釣った後に気を付けたい事

釣った魚には寄生虫がつきものです。綺麗な川に生息しているようなカワムツにも寄生虫がいる可能性が高いので、食べる場合は生食は避けて加熱調理をした方が無難です。

カワムツの食べ方

カワムツには川魚特有の臭みが少々あるようで、似た魚であるオイカワなどと比べてもやや味が落ちるとしてあまり食べられることはありません。

しかし内臓や鱗を取り除くなどの処理をして、唐揚げや天ぷら、甘露煮などにすると美味しく食べられるようです。釣りたてのものは焼き魚にしても美味しいそうですよ。

カワムツのおいしい旬

あまり食用として捕まえられることは無い為、カワムツの詳しい旬は分かっていません。

-カワムツ
-, ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.