【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

ケンサキイカ|夜釣りの定番!釣って楽しい食べておいしい大人気のイカ!

更新日:

ケンサキイカ 夜釣り

スルメイカやヤリイカと並んで人気なイカであるケンサキイカ。濃厚で旨味が詰まったその身は食べても非常に美味しいことから、食材としても釣りの対象としても人気が高く、シーズンが始まると夜釣りに繰り出す釣り人で夜の海が賑わいます。

ケンサキイカの名前の由来

ケンサキイカは漢字で書くと「剣先烏賊(けんさきいか)」となり、名前の由来も胴体が剣の先の様に尖っているのでこの名前が付けられました。剣のように尖った姿だなんて、なんだか少しカッコいい印象ですね。

ケンサキイカの地方名

ケンサキイカは関東では色合いから「アカイカ」と呼ばれることがありますが、アカイカという和名の別種もいるので、混同しないように注意が必要です。また、小型のケンサキイカは丸みを帯びた姿をしているので「マルイカ」と呼ばれることもあります。逆に大型のものは「ベンケイ」と呼ぶこともあります。

ケンサキイカの英語名

ケンサキイカの英語名は「Swordtip Squid」です。Swordは剣のこと、tipは先端なので剣の先端という意味です。Squidはイカという意味なので、日本語の和名をそのまま英語名にしていますね。

ケンサキイカの生息域

東シナ海や南シナ海、インドネシア沿岸部に分布しており、日本でも全国各地の海に生息していますが、暖かい海域を好むので特に四国や九州での水揚げが多いです。

冬場は水深100m程の深場におり、水温が上がると水深20m程までやってきます。

ケンサキイカの特徴

ケンサキイカ 特徴

ケンサキイカの胴体部分である外套部はおおよそ30cm前後で、大きくなると40cmも越すようになります。メスと比べてオスの方が大きくなる傾向があり、40cm以上になるのは殆どがオスなんですよ。

細長い胴体は先端が尖っており、白みが強い綺麗な透明な体色をしています。ヤリイカに良く似た姿をしていますが、ケンサキイカの方がややずんぐりとした体型をしており、腕も太くなっています。

ケンサキイカの釣り方

ケンサキイカ

ケンサキイカを狙う場合は船からの沖釣りが一般的ですが、夏は浅瀬に寄ってくるので陸から手軽にエギングで狙うことができるようになります。夜になると明かりに群れで寄ってくるので、常夜灯がある堤防や船に明かりをつけてイカを集めるイカメタルゲームが盛り上がりを見せます。

適した仕掛け

船からはスッテと呼ばれるルアーを使うイカメタルが、陸からはエギングで狙うのがメジャーです。どちらもシンプルで手軽に楽しむことができます。

釣りに適した時期

ケンサキイカは1年を通して釣ることができますが、冬場は深場にいるのでやや厳しくなります。狙い目は水温が上がって活発になる初夏から秋頃までとなっています。特に夏はエサを求めて浅瀬に寄ってくるので堤防からでも狙いやすくなりますよ。

ケンサキイカのカレンダー

カレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
産卵期 - - - - - - - - -
- - - - - - - -

ケンサキイカのおすすめの食べ方

濃厚な甘みがあり旨味が強いケンサキイカを楽しむならまずはシンプルに刺身で食べてみましょう。くれぐれも生食の際はアニサキスなどの寄生虫には注意して、マイナス20℃以上で24時間冷凍するなどの処理を怠らないようにしましょう。

油で揚げてイカフライにすればジューシーな味わいも楽しむことができますよ。きゅうりと合わせて酢の物にしても美味しいです。さっぱりとして食べやすいので、熱さで食欲の落ちる夏に旬のケンサキイカで元気を取り戻しましょう!

▼安全にイカを食べるためにアニサキス対策を!

-ケンサキイカ

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.