【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

とても繊細で小さな魚「キビナゴ」は鹿児島南部で愛される魚

更新日:

キビナゴの特徴

キビナゴはニシン目ニシン科に分類される魚で、イワシなどと並んで海の生態系を支えてくれている小魚です。成魚となっても全長は10センチメートルほどで、側偏した円筒形の細長い体をしています。

尖った口先の頭には、口よりも大きな眼がついています。体色は銀色をしており、体の側面には太い銀色の縦帯があり、その上にもう1本、美しい青色の縦帯が入っています。

キビナゴは円形の鱗を持っていますが、とても剥がれやすく触るとポロポロと取れてしまいます。尾ビレの後縁が深く切れ込んでおり、各ヒレには棘が生えていないません。

非常にデリケートな魚で、人影が見えるとすぐに反応して逃げてしまったり、1秒でも水から出してしまうと死んでしまうとされ、水族館でも長期的な飼育された例がないと言われています。

産地では漁獲量も多くよく親しまれており、特に鹿児島県では県魚のひとつに指定されているようですよ。キビナゴは食用として食べらるだけでなく、他の肉食魚が好むことから釣りの餌としても人気が高いようです。

また、昔は畑の肥料に用いられたりもしていたんですよ。

キビナゴの釣り時期・生息ポイント

中部太平洋やインド洋の温暖な海域に広く分布しており、日本では南日本以南の外洋に面した沿岸域に生息しています。綺麗な水域を好むとされており、大きな群れを作って表層を回遊しているようです。

キビナゴは1年を通して釣ることが出来る魚ですが、水温が高くなる初夏から秋にかけてが最も釣りやすいと言われています。

キビナゴの餌

キビナゴは主に動物性のプランクトンを捕食しています。昼から夕方にかけてプランクトンが表層域に浮いてくるので、キビナゴもその時間を狙って捕食するようです。

キビナゴの漁獲法

外洋に面した潮通しのよい堤防や磯でキビナゴ釣りを楽しむことが出来ます。イワシを釣る時に使用するようなサビキ釣り仕掛けで狙うことが出来ますよ。

釣具は3メートルほどの磯竿に小型のスピニングリール、2から5号ほどのサビキ仕掛けで問題ありません。

キビナゴはとても目が良い魚なので、あまり大きなサビキバリを使用していると、キビナゴにバレてしまってあまり釣れないかもしれないので注意してくださいね。

キビナゴを釣った後に気を付けたい事

キビナゴは小さく弱々しい魚で、ヒレには棘もないので釣り上げた際に怪我をしてしまうということはほとんどありません。

しかし、とても痛みやすい魚なので、しっかりと保冷をして持ち帰るようにしてください。

キビナゴのおいしい旬

キビナゴの旬は一般的には春先から初夏にかけてと言われており、産卵期でお腹に卵や卵子があるので唐揚げなどにすると美味しく食べられます。

また、12月頃の冬の時期も旬であるとされ、寒さで身が締まり脂の乗ったこの時期のキビナゴは、特に刺身にするとよいそうですよ。

キビナゴの食べ方

キビナゴは小さい魚ですが、可食部も多く様々な料理方法で食べられる美味しい魚です。痛みが早いので、産地以外ではあまり流通しませんが、その分新鮮なキビナゴは絶品だと言われています。

キビナゴの身はとても柔らかいので、包丁を使わなくても手開きで調理できます。生姜醤油などで臭みを消してそのまま刺身でいただけば、ほんのり甘みのある味わいを楽しめます。

鹿児島県では手開きにしたキビナゴを菊の花をかたどって並べた「菊花造り」がとても有名です。また、小さい魚なので丸ごと唐揚げや甘露煮などにしても美味しいですよ。

キビナゴの名前の由来

キビナゴの名前の由来は鹿児島県の方言から来ていると考えられています。鹿児島県では帯のことを「きび」と呼ぶそうで、キビナゴにある縦縞を帯に見立てて、帯のある小魚ということでキビナゴと呼ばれるようになったそうですよ。

また、鳥羽ではキッポ、山口や九州ではカナギといった多数の地方名を持っています。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.