【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

キダイ|別称はレンコダイ!黄金色に輝く体色が特徴的な小ぶりの鯛

更新日:

キダイ イラスト

黄色味を帯びたやや小ぶりのタイであるキダイは別名「レンコダイ」とも呼ばれる魚で、マダイと並んで古くから日本人に親しまれてきました。マダイと比べると小さいので見た目のインパクトにはやや欠けますが。その分手軽に入手できることがキダイの人気の要因です。

キダイの名前の由来

キダイは漢字で「黄鯛」と書きます。タイ科の中で体色が黄色味がかっていることが名前の由来です。市場で流通する際には「レンコダイ」「レンコ」と呼ばれることも多いです

キダイの地方名

島根県では「バジロ」「バンジロ」、山口県では「シバレンコ」「レンコシバ」、そのほか「アカメ」「オキノメコダイ」「ハナフリダイ」「ハナオレダイ」などの地方名があります。

キダイの英語名

英語名は「Yellowback sea-bream」です。体表に黄色い模様があることから「Yellowback(黄色の背景)」と呼ばれていると推測できます。「sea-bream」は英語でタイ科の魚の意を表しています。

キダイの生息域

キダイは本州中火以南からオーストラリアまでの西太平洋の大陸棚縁辺に生息します。しかし、南西諸島沿岸や内海には生息しません。国内では青森県出来島(つがる市)、山形県〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、福島県(主に房総半島)〜九州南岸の太平洋沿岸、宇和海、屋久島に生息。

海外では東シナ海大陸棚〜縁辺域、朝鮮半島、ベトナム、インドネシア、オーストラリアで生息が確認されています。生息水深帯は50~200mの海底付近です。

キダイの特徴

キダイの体の特徴

キダイの体形は体高の高い楕円形で、側扁しています。体長は30cm~40cmほどです。体色は黄色味がかった赤色で、特に目から鼻孔や上顎は鮮やかな黄色です。

体表には太い黄色の横縞が3本あります。近似種と比較して鼻孔周辺が凹んでおり、口が前方に突き出ています。全体的に黄色味がかっていますが、尻ビレや胸ビレ、背ビレ、尾ビレ、腹ビレは赤色です。

歯は全て円錐状で臼歯がありません。これはタイ科の魚のうち、キダイや近似種のみに見られる特徴です。背びれは鋭い棘があり、尾びれは深く二又に分かれています。

キダイの習性

群れを成して生息しており、海底付近を泳ぎます。肉食性であり、小魚や甲殻類、頭足類を捕食。

雌性先熟(ゆうせいせいじゅく)の性質を持ち、幼魚の時は決まった性別はありませんが、成長と共にメスからオスへの性転換を経て、産卵を行います。

無毒な魚ですが、体内に微量な水銀を持つとされ大型の個体を食べる際は注意が必要です。厚生労働省は1回にキダイを食べる量を80gとした場合、キダイの摂食は週に2回までを目安とするよう2005年に発表しています。

キダイの産卵期と旬

カレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
産卵期 - - - - - - - -
- - - - - - -

キダイのおすすめレシピ

キダイの身はやや水分が多い白身で、熱しても固くならず食べやすいです。また皮は厚みがあってしっかりとした食感を楽しめます。代表的な調理法としては塩焼きが挙げられ、味わい豊かな身を存分に楽しめます。

そのほかには焼霜造りや刺身などの生食にしても大変美味です。皮霜造りにすると皮の旨味が楽しめて非常に美味しいです。

-キダイ
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.