【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

王道のマグロ「キハダマグロ」の生態に迫る!

更新日:

キハダマグロの特徴

メバチマグロやクロマグロなど、多種多様なマグロ界の中でも世界中でよく漁獲されているのがキハダマグロです。日本での流通量もメバチマグロに次ぐ2番手で、なくてはならない存在と言えるでしょう。

大きさは2メートルほどですが、日本近海で獲れるものは1.5メートルほどのサイズが多いそうです。基本的な姿は他のマグロと大差ありませんが、名前の通り体色とヒレが黄色を帯びているのが特徴です。この黄色は成魚になるとより一層鮮やかになりとても美しい色合いになるそうですよ。

キハダマグロはマグロ類の中で成長が早く、1年で50センチメートルほど、2年で1メートルまで成長し成魚となります。成長スピードが早い為、乱獲で個体数が減っていることが危惧されているマグロの中でも深刻な状況ではないとみられているようです。また、味の好みの違いから関東よりも関西で人気が高いとされています。

キハダマグロの釣り時期・生息ポイント

キハダマグロは世界中の温帯、熱帯域の海に生息しており、日本では北海道より南側で見られます。太平洋側で多く見られますが、日本海側で発見されることは稀な様です。

外洋の表層付近で群れを作り、日本近海では南北の回遊を行っているので、夏の時期が狙い目となっています。また、この群れはキハダマグロだけでなく、カツオと混じったり時にはイルカについたりすることもあるようです。

キハダマグロの餌

キハダマグロは肉食性で、小魚やエビ、イカなどの頭足類を主に食べているようです。釣り餌にはカタクチイワシなどが活餌として使用されています。

キハダマグロの漁獲法

コマセ釣りで狙われることが多く、マグロの力強さを存分に楽しむことが出来ます。

大型のキハダマグロを狙う場合はじっくりとやり取りを楽しむことの出来るフカセ釣りの人気が高いようです。近年ではキハダマグロに対応した釣具が出てきているので、それを選ぶと良いでしょう。

キハダマグロを釣った後に気を付けたい事

パワーがある魚なので、釣り上げる際に油断をしないように注意することが大切です。

キハダマグロのおいしい旬

旬は夏と言われ、脂が乗っておりとても美味しいです。

キハダマグロの食べ方

キハダマグロは他のマグロに比べるとあっさりとした味わいをしており程よい甘みがあると言われています。身は赤色というよりはピンク色で脂が少ないとされています。その為、キハダマグロにはいわゆるトロの部分は存在していません。あっさりとした味わいだからこそ、くどくなったり飽きが来ずに食べられるのがキハダマグロならではの魅力ではないでしょうか。

マグロの美味しい食べ方の定番と言えばやはり刺身ですね。キハダマグロ本来のあっさりとした中に旨味のある味わいを楽しむことが出来ます。身が崩れにくいので、刺身にしやすいのも嬉しいポイントです。脂が少ないことから、オイルやバターとの相性がとても良いので、ムニエルやオイル漬けにするのも良いです。

カルパッチョなどにしてみても、あっさりとした味わいが引き立って、とても美味しく食べられますよ。加工品としてはツナ缶にされることが多いようです。クセが無くマヨネーズとの相性も良いので、サンドイッチなどに大活躍です。

キハダマグロの名前の由来

体色とヒレが黄色いことから黄色の肌を持つマグロということでキハダマグロと呼ばれているようです。また、成熟しきっていない若い個体はキメジと呼ばれることもあり、高知では幼魚のことをビンと呼んでいます。

大阪や高知ではマシビ、東京ではキワダと呼ばれることもあるようです、英名では「Yellowfin tuna」と呼ばれています。ハワイではアヒと呼ばれて様々な料理に使用されています。

-魚・食材図鑑
-, ,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.